犯罪者識別能力

目(フリー素材)

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。

そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。

性格は温厚で意外と気弱。気は優しくて力持ち。いや、優しすぎる。間違っても一般人に手を出す気性じゃない。

しかしそいつは、何度も喧嘩して相手に怪我を負わせても、停学や裁判になった事はない。

それは何故か? 答えは喧嘩の相手が全員犯罪者(又は指名手配者)だったから。

一度だけその現場を見てしまった。

帰り道に繁華街(歌舞伎町のような治安の悪い場所)があり、そこで急にAが足を止める。

Aの目線の先には中年のオヤジがベンチで新聞を読んでいる。

俺は何かあったのかと問い掛けるが、Aは無視する。しかも見た事も無いような鬼の形相。

これはおかしいと思い、Aの腕を掴んで問い掛けるが振り払われた。

そしてAは低く呻くような声で言った。

「あのオヤジ…ムカつく!」

何を言っているのか理解できず、オロオロしている間にAは凄い勢いでオヤジに近付いて行く。

オヤジがAに気付き顔を上げた瞬間、Aの蹴りがオヤジの顔に炸裂。

ベンチから転げ落ちるオヤジの髪を掴んで立たせ、右手で張り手を食らわせ投げ飛ばす。

仰向けに倒れている親父に押さえ込みをかける。

20人くらいの野次馬を掻き分けて俺がAに飛び付く。

柔道の有段者に押さえ込まれると呼吸が出来ないらしく、オヤジは軽い失神状態。

やっとの思いでAを引き剥がし、落ち着かせようとしていると警察到着。

警察に付き添われながらパトカーに乗せられ、俺も一緒に乗る。

俺とAは派出所の椅子に座らされ、色々と話を聞かれていた。

Aが暴行を働いた動機は、

「オヤジが無性にムカついた。気が付いたら飛び掛かっていた」

というもの。

警官に嘘を吐くなと怒られていたが、Aは下を向いてそればかり繰り返す。

1時間ほど経った頃、電話が鳴って警官が取る。

電話の内容を聞いて警官が驚いていた。

オヤジは覚醒剤の売人。オヤジ自身も覚醒剤を使用していて、過去に逮捕歴あり。

最近では婦女暴行の容疑者として警察が追っていた。

オヤジのバッグの中には覚醒剤・注射器・包丁が入っていた。

本来なら傷害罪で逮捕のはずが、Aは無罪でしかも感謝状まで貰えた。

もちろん、Aはオヤジが犯罪者とは全く知らなかった。

河原(フリー写真)

同じ夢

これは四つ下の弟の話。当時弟は小学4年生、俺は中学2年生、兄貴は高校一年生だった。兄貴は寮に入っていたから、家に帰って来ることは殆どなかった。俺は陸上部に入っ…

前世記憶がある俺の話

まず、前世の記憶と言ってもしっかりとはしていない。生まれた時から記憶が全てあるとか、そういうものではないという事は前提で聞いて欲しい。 ※ 始まりは小学校だった。その頃から…

雨の日の傘(フリー写真)

谷の置き傘

小学生くらいの時の話。親戚の家が辺鄙な場所にあった。裏手には山、逆側には谷がある。子供の遊び場としては最高だったのだけど…。そして谷にはよくゴミが捨てられる。山…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。撮影何日か目に助手が怪我をした。まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

恐怖のスイカ蹴り

俺の爺ちゃんの終戦直後の体験談。終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯…

紅葉(フリー素材)

幻の宴

旅行先で急に予定が変更になり、日本海沿いのとある歴史の古い町に一泊することになった。その時に体験した話。 ※ 日が暮れてから最初に目に入った旅館に入ったんだけど、シーズンオフのせい…

担任が連れてきた女の子

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。俺と母親が「…

人面犬

9月頃、旅行で東北のある県に行った。ついでに遠い親戚に顔を出す事になった。結構な田舎で従姉妹夫婦と子供、旦那の両親が同居してて俺は初見で挨拶したりしてた。お父さんが熱帯…

俺が薪を嫌悪する理由知らない?

俺ね、物心ついた時から“薪”がどうしてもダメだったんです。あの木を割った棒きれが。どうダメだったかと言うと、例えば『北の国から』などのドラマで薪が出ると、物凄い嫌悪感というか吐…

異世界での体験談(長編)

異世界とか霊界とか、信じる信じないではなく、当たり前にあるものだと思って生きてきました。死んだおじいちゃんが出雲大社で修行していて、祈祷師のような事もやっていたから。家…