犯罪者識別能力

目(フリー素材)

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。

そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。

性格は温厚で意外と気弱。気は優しくて力持ち。いや、優しすぎる。間違っても一般人に手を出す気性じゃない。

しかしそいつは、何度も喧嘩して相手に怪我を負わせても、停学や裁判になった事はない。

それは何故か? 答えは喧嘩の相手が全員犯罪者(又は指名手配者)だったから。

一度だけその現場を見てしまった。

帰り道に繁華街(歌舞伎町のような治安の悪い場所)があり、そこで急にAが足を止める。

Aの目線の先には中年のオヤジがベンチで新聞を読んでいる。

俺は何かあったのかと問い掛けるが、Aは無視する。しかも見た事も無いような鬼の形相。

これはおかしいと思い、Aの腕を掴んで問い掛けるが振り払われた。

そしてAは低く呻くような声で言った。

「あのオヤジ…ムカつく!」

何を言っているのか理解できず、オロオロしている間にAは凄い勢いでオヤジに近付いて行く。

オヤジがAに気付き顔を上げた瞬間、Aの蹴りがオヤジの顔に炸裂。

ベンチから転げ落ちるオヤジの髪を掴んで立たせ、右手で張り手を食らわせ投げ飛ばす。

仰向けに倒れている親父に押さえ込みをかける。

20人くらいの野次馬を掻き分けて俺がAに飛び付く。

柔道の有段者に押さえ込まれると呼吸が出来ないらしく、オヤジは軽い失神状態。

やっとの思いでAを引き剥がし、落ち着かせようとしていると警察到着。

警察に付き添われながらパトカーに乗せられ、俺も一緒に乗る。

俺とAは派出所の椅子に座らされ、色々と話を聞かれていた。

Aが暴行を働いた動機は、

「オヤジが無性にムカついた。気が付いたら飛び掛かっていた」

というもの。

警官に嘘を吐くなと怒られていたが、Aは下を向いてそればかり繰り返す。

1時間ほど経った頃、電話が鳴って警官が取る。

電話の内容を聞いて警官が驚いていた。

オヤジは覚醒剤の売人。オヤジ自身も覚醒剤を使用していて、過去に逮捕歴あり。

最近では婦女暴行の容疑者として警察が追っていた。

オヤジのバッグの中には覚醒剤・注射器・包丁が入っていた。

本来なら傷害罪で逮捕のはずが、Aは無罪でしかも感謝状まで貰えた。

もちろん、Aはオヤジが犯罪者とは全く知らなかった。

関連記事

地獄のバス

小学校の修学旅行でのことだった。我々は一路目的地を目指してバスに乗り込んだ。席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、バスの旅は快調に進んで行った……

登山(フリー写真)

二つの人影

友人に山岳部のやつが居る。そいつが何処だか忘れたが、結構有名な日本の山に部員と登った時の話。ちょうど山の中腹まで登った頃に濃霧が立ち込めて来て、他のメンバーとバラバラになってし…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

家族

俺の職場の先輩の話。面倒見がいいし、仕事もすごいってほどじゃないけど正確で取引先からも指名で仕事が来たりする。ただ、ちょっと困ったとこは異様に家族のことを大切にしてること。 …

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

SOSやめてください

1984年の話です。大阪千里丘の〇〇第二小学校に通ってたんだけど、そこでは他の学校とかでは聞いたことがない怪談、というか存在の話があった。「SOSやめてください」 …

北海道の海(フリー素材)

イセポ・テレケ

十年以上も昔の話。会社の先輩と中学以来の友人と俺の三人で、盆休みに有給を足して十一日間の北海道旅行へ出掛けた。車一台にバイク一台の、むさ苦しい野郎だけの貧乏旅行だったが、それは…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…