夢枕に立つ友人

公開日: 心霊ちょっと良い話

月の虹(フリー写真)

五年前、幼稚園時代からの幼馴染だった親友のNが肺炎で死んでしまった。

そいつはよく冗談交じりに、

「死んだらお前の枕元に絶対に立ってやるからな」

と言っていた。

俺の方も、

「虚弱なお前よりも、無茶して事故死しそうな俺様の方が絶対に早死にするだろうから、こっちが先手取るだろうよ」

なんて言っていた。

そいつが死んでから二週間も経っていなかったと思うが、ショックから立ち直れず、他の友人達とも殆ど会わずにアパートに一人で居た。

夜になりロフトで寝ていると、小さな地震のような振動で目が覚めた。

俺はそういった振動で目を覚ますことが多かったので、また地震でも来たかなと思って、下にある電光表示の時計を見ようと顔をロフトから出した。

すると死んだNが腕組みして見上げている。

洒落っ気のない奴で、いつものワイシャツと茶色系のスラックス姿で、不敵な笑みを向けていた。

怖いとかびっくりなんてことよりも、生前に言っていた事を本当にやりやがったという気持ちの方が先に立ち、頭の中で『やられたっ!!』と思った。

そしたら、それをまるで見透かしたように、

「まっ、そういうことだ」

とはっきり言って、ロフト下の通路を玄関に向かって消えて行ってしまった。

遊びに行ったりしても、別れ際は「じゃっ」の一言だけで手も振らず振り返りもしない、あいつらしいプレーンな別れ方そのままだった。

あいつの姿が消えた後も、嬉しいやら先を越されたことが悔しいやらで、妙な気分で泣いてしまったよ。

あの野郎、今度墓参りに行ったら、柄杓で水をかけずにバケツで水をかけてやる(笑)。

関連記事

病院(フリー背景素材)

みほちゃん

看護学生の頃、友達と遊びに行った先で交通事故を目撃しました。勉強中の身ではあったのですが、救急隊員が駆け付けるまでの間、友人の手も借りながら車に撥ねられた女の子の応急処置をしま…

手を握る(フリー写真)

義母と過ごした時間

思いつくままつらつら書いたので、長くなってしまいました。苦痛な方はどうぞスルーしてください。苦労を支え合った義母との思い出です。 ※ 私が妊娠7ヶ月頃のこと。大阪で…

市松人形(フリー写真)

華ちゃん

高校生の時に婆ちゃんが亡くなり、形見で市松人形を頂いた。かなり古いが可愛い顔で、良い品だと見て取れるような市松さん。『華ちゃん』と名付け、髪飾りを作って付けてあげたり…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

彼岸花(フリー写真)

祖母の隠れ場所

自分が3歳の時に父方の祖母が亡くなった。皆さんお察しの通り、人の死という現実の認識が出来ない子供の事です。私はキャッキャッと親戚が居る中をふざけながら走り回り、それこそ…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

白いシャツ(フリー写真)

破れたシャツ

先日、酔っ払いに絡まれている女性がいたので助けました。その時、酔っ払いに引っ張られ、シャツの生地の縫合部分が裂けました。その日に限って、病気で亡くなった妻が私の誕生日…

金木犀(フリー写真)

金木犀の苗木

両親を事故で亡くした俺には、9歳離れた姉貴が居た。子供の頃、肥満気味で両親が居なくて虐められていた俺を、いつも助けてくれた。優しくて、強くて、俺の自慢の姉貴だった。 …