夢枕に立つ友人

公開日: 心霊ちょっと良い話

月の虹(フリー写真)

五年前、幼稚園時代からの幼馴染だった親友のNが肺炎で死んでしまった。

そいつはよく冗談交じりに、

「死んだらお前の枕元に絶対に立ってやるからな」

と言っていた。

俺の方も、

「虚弱なお前よりも、無茶して事故死しそうな俺様の方が絶対に早死にするだろうから、こっちが先手取るだろうよ」

なんて言っていた。

そいつが死んでから二週間も経っていなかったと思うが、ショックから立ち直れず、他の友人達とも殆ど会わずにアパートに一人で居た。

夜になりロフトで寝ていると、小さな地震のような振動で目が覚めた。

俺はそういった振動で目を覚ますことが多かったので、また地震でも来たかなと思って、下にある電光表示の時計を見ようと顔をロフトから出した。

すると死んだNが腕組みして見上げている。

洒落っ気のない奴で、いつものワイシャツと茶色系のスラックス姿で、不敵な笑みを向けていた。

怖いとかびっくりなんてことよりも、生前に言っていた事を本当にやりやがったという気持ちの方が先に立ち、頭の中で『やられたっ!!』と思った。

そしたら、それをまるで見透かしたように、

「まっ、そういうことだ」

とはっきり言って、ロフト下の通路を玄関に向かって消えて行ってしまった。

遊びに行ったりしても、別れ際は「じゃっ」の一言だけで手も振らず振り返りもしない、あいつらしいプレーンな別れ方そのままだった。

あいつの姿が消えた後も、嬉しいやら先を越されたことが悔しいやらで、妙な気分で泣いてしまったよ。

あの野郎、今度墓参りに行ったら、柄杓で水をかけずにバケツで水をかけてやる(笑)。

関連記事

金木犀(フリー写真)

金木犀の苗木

両親を事故で亡くした俺には、9歳離れた姉貴が居た。子供の頃、肥満気味で両親が居なくて虐められていた俺を、いつも助けてくれた。優しくて、強くて、俺の自慢の姉貴だった。 …

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

古民家(フリー写真)

祖父母の人生

私のおじいちゃんとおばあちゃんの話。この間、おばあちゃんの家に泊まった時にしてくれた話です。 ※ おばあちゃんは生まれつき目が悪かったんだけど、戦時中は9人居る兄弟の為に働…

犬(フリー写真)

お爺さんとの絆

向かいの家の犬が息を引き取った。ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。お爺さんは犬の散歩の途中、曲がり角で倒れ込み、そのまま帰らぬ人となった。脳出血だったら…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。不思議なのはその人の会話です。話題…

戦闘機(フリー写真)

護衛機

爺ちゃんから聞いた話。俺の爺ちゃんは戦争中、爆撃機で司令官を運ぶパイロットだった。もちろん護衛に戦闘機を引き連れてだけど。戦争で戦友が次々死んで行く中で、爺ち…