結婚式のブーケ(フリー写真)

私が幼い頃、母と兄と私の三人で仲良く暮らしていました。

しかし兄が14歳になる頃、母が事故死してからは親戚をたらい回しにされ、私はまだ4歳でその時の記憶は殆ど無いのですが、兄はかなり肩身の狭い思いをしたと言っていました。

兄は我慢できず家を飛び出し、幼い私は一人取り残されました。

親戚の家では初めての女の子で、まだ小さかったのもあり可愛がってもらったのですが、それでも兄の居ない寂しさは今でも覚えています。

一年ほど経った頃、兄が私を迎えに来ました。住み込みで働ける所を見つけて来たのです。

親戚と揉めたりもしたが私は兄を選び、兄妹二人の貧乏生活が始まりました。

と言っても私は事の大変さが解っておらず、いつも我儘を言い、兄を困らせていました。

小学校に上がる時、兄はランドセルを譲ってくれないかと中学生の家へ行き、町中を必死に探して来てくれたのに、私は周りの子と比べ、新品じゃないとごねた事もありました。

人形が欲しい、服が欲しいとだだをこねても、困って笑うだけで私を叱らない優しい兄が、私が靴を万引きした時は凄く叱りました。

一時、兄と気まずい時がありましたが、事件から三日後、玄関に新しい靴が置いてあるのです。

「やりくりすればこれくらい買えるんだからな」

と言うと、仕事へ行った兄。

こんな可愛らしい靴をどんな顔で買ったのやらと想像し、笑って泣いた。

それからは私は我儘を言わず、進んで兄の手伝いをしました。

私が高校へ行かず働くと言った時は、久々に兄と喧嘩になったが、頑固さに負けて高校へ進学、そして卒業。

生活も偶に外食するくらい余裕が出てきた頃、残念な事に兄が事故死しました。

散々泣いて泣いて、なかなか立ち直れなかったのですが、素敵な男性と出会い、支えてもらい、やっと立ち直れました。

その男性と結婚が決まり、結婚式前の夜、兄がやって来たのです。

「お前が結婚か~」

と、のんびりと話し出しました。

その時私は、何かの催眠術にかかったように動けず喋る事ができませんでした。本当は大声で泣いて抱き着きたかったのに。

「あのな、今日は謝りに来たんや。

お前が四つの時、一人置いて行った事、なーんにも買ってやれんかった事…他にもいっぱいあるんやけどな。

お前が我儘言わんくなった時、俺はちょっと辛かった。

高校へ行かんと言った時、本当はこっそり泣いてんぞ。不憫で、自分が情けなくて」

私はぽろぽろ涙を流しながら、

『何で謝るん? 私の方がいっぱい謝らんなんのに…。

ランドセルありがとう。制服も、学費も…。あの靴は今も大事に持ってるんよ…。

いっぱい迷惑かけてごめんね』

心の中でそう言うと、兄に聞こえたのか、笑ってゆっくり消えて行った。

その日の夜は昔の夢を見ました。

住み込みのボロアパートの前で、兄と雪だるまを作っていました。

母と兄と私の三つの雪だるまを楽しそうに作っていると、この頃は既に亡くなっているはずの母が現れ、兄の手を取って

「じゃ行って来るね。外は寒いから、お家に入ってなさい」

と、私に笑いかけました。

私は何の疑いもなく「うん」と言うと、走ってアパートの階段を駆け上がりました。

後ろから兄が声を掛けてきました。

「おい、お前の事、迷惑やなんて思ったことないぞ。あと、先に死んですまんな」

振り返った瞬間、目が覚めました。

起きて号泣したせいで、顔がパンパンに腫れた花嫁になってしまって、本当は結婚式の写真は見たくないのですが、

『何処かに兄が写ってるのでは?』

と、何度も写真を見たものです。

今日は結婚記念日だったので思い出してみました。

長文駄文にお付き合いいただきありがとうございます。