祖母の日記

皺のある手(フリー写真)

私は大変なおばあちゃん子で、中学になってもよく祖母の家に遊びに行っていました。

父方の祖母なのですが、父親は私が幼い頃に不慮の事故で死去していました。

祖父を早くに亡くした祖母は、私を唯一の血縁者だと言ってとても可愛がってくれました。

しかし母親はあまり祖母と仲が良くなかったのか、一緒に祖母の家に入ることは一度もありませんでした。

私は毎週日曜日の午前中に、祖母と神社にお参りに行くのを日課としていました。

大変信心深い人だったので、雨の日でも必ず行き、父が他界して間もない頃から欠かすことはありませんでした。

祖母と繋いだ手はとても温かく、私はお参りが大好きでした。

祖母はいつも手を合わせて深々と礼をし、随分長い間、目を閉じてお祈りをしていました。

私はいつも単純なお祈りだけをし、祖母の真剣な横顔を眺めていました。

終わってからいつも「何をお祈りしてたの?」と聞くのですが、祖母はニッコリ笑うだけで一度も答えてくれませんでした。

私は特に気にすることもなく、毎回帰りに買ってもらうアイスを楽しみにして、祖母とお喋りをしながら帰りました。

話は急に変わってしまうのですが、私は幼い頃から霊感が強く、いつも霊障に悩まされていました。

金縛りは毎日で、眠れない日々が続き不眠症でした。

寝ていても足を触られたり、お腹を針のようなもので刺されたりと、年々エスカレートして行きました。

母と何度か霊能力者の所にも訪れたのですが、高いお金を請求され、しかも何をやっても効かないので、もう私も諦めていました。

中学3年になる頃には、更に霊障は酷くなりました。

交通事故も何度も経験し、毎晩繰り返される金縛りや、霊によって見せられる幻のようなもの(ご飯の上に髪の毛や虫が乗っていたり)で精神を病み、不登校になりました。

祖母は母が仕事に出ている間は家に来てくれて、いつも手を握っていてくれました。

祖母と居る時間が、私にとって唯一安らげる時間でした。

母親は仕事で帰りが遅く、あまり口を利く時間がありませんでした。

毎日の嘔吐、拒食症になったと思ったら過食症になり、常に体調も精神も不安定で、自殺未遂も何度か起こしました。

その度に失敗し、生きるのも辛い、しかし死ねないという最悪の状態が続きました。

祖母とのお参りにも行けなくなりました。

中学を卒業してすぐの頃、唯一の支えだった祖母が他界しました。

私は大泣きしました。

暫く祖母の使っていた部屋に引き篭もり、祖母が使っていた洋服などを抱き締めながら泣く日々が続きました。

そんな時でも母親は平然とした顔で仕事に行っていて、それで食べさせてもらってはいるものの、少し母に対して怒りも芽生えました。

祖母が他界してから2週間ほど経った頃、段々私の周りで霊障が起こらなくなってきたことに気が付きました。

私の4人だけ居た友だちの一人が、

「○○(私の名前)の痛みを、おばあちゃんが全部天国へ持って行ってくれたんだよ」

と、電話で言ってくれました。

その時も私は、電話口で大泣きしました。

一年後には霊障が全く無くなり、精神も体調も回復した私は通信制の高校にも行けるようになりました。

バイト仲間たちに支えられ、楽しい日々を送っていました。

やがて祖母の家が引き払われることになったので、私は荷物の整理に行きました。

もう気持ちも落ち着いていて、毎日墓参りに行っていました。

押し入れの中を整理していると、祖母の古い日記が何冊か風呂敷に包まれて出てきました。

その日記は、毎週日曜日に付けられていました。

私は日記を読んで唖然としました。

まず初めのページは、父が死んだ日でした。

不慮の事故と聞かされていましたが、実は自殺だったということが書かれていました。

原因は母の浮気だったそうです。

ショックでした。涙が出ました。

しかし次のページを捲った時に、一瞬で全身が冷たくなりました。

そこには祖母の、私に対する怒りが書かれてありました。端から端までギッシリと。

私が『浮気相手との間に出来た子だ』という文章から始まり、『殺してやりたい』『しねばいい』などという、今までの祖母と全く違う顔がそこにはありました。

私が苦しみながら死ぬように、神社で祈っていたのです。

あんなに長い間、毎週毎週、長い時間。

隣に居る幼い私を、呪い殺すことだけひたすら願い続けていたのです。

祖母の熱心な祈りが通じたのか、私は大変苦しみました。

そして祖母も、苦しみながら死んで行きました。

日記は燃やしました。

長い年月が経った今でも、忘れられない出来事です。

誰にも言ったことはありません。

関連記事

邪視(長編)

これは俺が14歳の時の話だ。冬休みに、N県にある叔父(当時まだ30代)の別荘に遊びに行く事になった。 本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。 小…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。 父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。 祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。 そ…

巨頭オ

男はふとある村の事を思い出した。 数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。 心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走…

秘密基地

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。 当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。 そこには面白い物やまだ使えそうな物が…

焼いてくれ

俺が昔、火葬場でバイトしていた時の話。 ある日の朝に斎場(火葬場)の玄関を掃除してたら、黒い SUV車が入ってきて、成金な感じで時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが車か…

ストーカー

俺が友達の女の子の家に泊まりに行った時の事。 彼女は前からストーカー被害に遭っていると言っていたんだけど、まあ正直特別可愛い子という訳じゃないし、男からすればストーカーどころか痴…

下心

これは7年ぐらい前の話です。 高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。 実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。 一人暮らしを始めて3ヶ月…

田舎の家(フリー写真)

アーちゃん

僕の町内には『アーちゃん』という人が住んでいた。 アーちゃんは年中、肌色の肌着と肌色のモモヒキを身に付け、パンクしてホイールの歪んだ自転車で町を走り回る、人畜無害の怪人だ。 …

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。 利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。 二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

コッケさん

私の田舎ではコケシの事をコッケさんと言って、コケシという呼び方をすると大人に相当怒られました。 中学生に上がりたての頃、半端なエロ本知識で「電動こけし」という単語を知ったクラスの…