死亡事故の多い交差点

公開日: 本当にあった怖い話

Abstract-Art-Painting-Mirza-Zuplijanin

実体験を書きます。

小学2年生の頃、交差点で車に撥ねられました。

場所は小学校の通学路で、小学生の死亡事故が何度かあった交差点です。

私は歩行者信号が赤だったので下を向いて待っていました。

すると、数人の小学生が後から追い付いて来ました。

しばらく待っていると、周りの子供達が渡り出したので、私はてっきり青になったと勘違いして確認しないで歩き出しました。

すぐに大きなクラクションと同時に、車に撥ねられてしまい入院しました。

幸い骨折程度で助かりましたが、入院中にお坊さんが来てお経を聞かせられたりしました。

退院すると、その交差点にはお地蔵さんが設置されてました。

関連記事

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

覗き込む女の子

俺が小学校時代の担任から聞いた話。大学の夏休みのある夜、友人から電話が掛かってきた。その友人は俗に言う走り屋で、夏休み中はよく2人で夜中に一緒にドライブに行く仲だったの…

シャワー(フリー写真)

誰かの髪

数年前、私は妹と東京で二人暮らしをしていました。元々は二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、都心から多少離れてはいるもの…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

きまり

平成10年9月10日、O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのが ”こと” の始まりだった。見なかったことにしようというのがいけなかった…。当時、私とA、Bの私達3人はドライブがて…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…

横穴

ゆうちゃんとトミー

中学生時代の友達で「ゆうちゃん」という男がいた。彼は直感が優れていて、何かの危険が迫っていると「嫌な感じがする」と呟き、さりげなく回避行動に出られるタイプの男だった。俺…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

ホテル

アンケートの忠告

私が某会員制リゾートホテルに勤めていた時、ある老夫婦に書いて頂いたアンケート用紙の内容です。表面は通常のよくある普通のアンケートの回答でした。ホテルの従業員の対応や施設の使用感…

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。…