山中の張り紙

田舎の川(フリー写真)

今から5、6年前の話。

夏休みなどを使って毎年遊びに訪れていた祖父の家は、宮崎県の山中にありました。

目的は主に川遊びで、モリ突きや釣りなどをして楽しんでいました。

夏と言えど一時間も川に入っていると体が冷えて来るので、川べりの岩の上で小休憩を挟みつつ、モリ突きで遊んでいた時のことです。

あまり人も来ないような場所だったのですが、気付けば200メートルほど上流に、二人の子供(遠目でしたが多分小学生くらい)が居ました。

村の小学校は廃校になっているような所だったので、この村にもあんな小さい子が居るんだなあ…と思いつつ眺めていました。

程なくして彼らは川を上って行きましたが、私がモリ突きをしていた場所はその川でもかなり上流の方で、来る時も車で山を登って来たほどでした。

なので親御さんなどが上に居るのだろうと考えながら、私も帰り支度を始めました。

荷物を置いてある木陰で着替えなどをしていると、一本の木に少し古ぼけた張り紙がありました。

張り紙には写真がプリントされていて、ラミネートしてありました。

写真は、母と思われる女性と子供が二人並んでいる写真。

その下には『この子達を探しています』と一行書かれているのみ。

その張り紙を見て気味が悪いと思ったのは、写真のせいでした。

写真の女性の顔の部分はマジックか何かで黒く塗り潰されており、子供二人の顔はヤスリをかけたように薄くぼけていました。

微かに確認出来る子供の髪型が、先ほど見かけた子供と同じ坊主頭で、余計に気味が悪く感じてしまいました。

急ぎ足で祖父の家まで帰り、祖父に張り紙の事を聞いてみましたが何も知らないとのこと。

小さな村なので、子供がら居なくなったりしたら耳に入るはずなのですが。

その張り紙を見た年の翌年、少し遅めの正月の挨拶をしに祖父の家を訪れました。

酒を交わしながら祖父と話していると、例の張り紙の話になりました。

「お前が言うてた張り紙みたいなん見つけたんで、取っておいたで」

と言われ、一枚の張り紙を差し出して来ました。

何故取っておく必要があるのかとは思いましたが、好奇心があったのも事実だったので、また拝見しようと受け取りました。

一目見て、前回見た張り紙との変化に気付きました。

『この子達を探しています』と書いてある文字の上から、赤字で『見つかりました』と上書きされていました。

あまりの気味の悪さに、張り紙は知り合いの寺の方に無理を言って預けて来ました。

これを一人で取って来た祖父の鋼の精神力にも恐ろしさを感じましたが。

悪戯にしてはあんな人気の無い場所でする必要はありませんし、かと言って本当に人捜しだとしても、山奥の一本の木に張り紙をする必要も無いと思います。

これと言って実害などはありませんでしたが、あれは何だったのか、今でも偶に思い出しては鳥肌が立ちます。

関連記事

井戸(フリー素材)

巣くうもの

何年か前にあった怖い話を投稿します。 当時の俺は地方大学の学生で、同じ科の連中とグループでよく遊んでいた。偶に混ざる奴もいて、男4~6人で女4人。 一人暮らしの奴の部屋に集…

とある物件

今から8年くらい前のITバブルと呼ばれていた頃の話です。私が学校を卒業し、新卒でとある自称IT関係という会社Aに就職いたしました。 当時私は就職活動を適当にしていたため、3月くら…

根絶やしの歌

本当の話です。というより、現在進行中なんですが…。 私は今まで幽霊どころか不思議なことすら体験したことがない人間なんですが、最近どうもおかしなことが続いているので書き込みします。…

橋の歩道

四ツ脚

高校生時代、陸上部で短距離走をやっていた俺は、夜学校が閉まってからも練習をする熱心なスポーツマンであった。 と言っても学校内に残って練習する訳ではなく、自宅周辺の道路を走るのであ…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。 電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。 電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。 土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

小屋の二階

俺がまだ大学生だった頃、サークルの仲間と旅行に行った。 メンバーの殆どが貧乏学生だったので、友達に聞いた安い民宿で泊まることにした。 民宿のすぐ隣に古い小屋みたいな建物が建…

廃工場(フリー素材)

溶接

大学一回生の冬。俺は自分の部屋で英語の課題を片付けていた。 その頃はまだそれなりに授業も出ていたし、単位も何とか取ろうと頑張っていた。 ショボショボする目で辞書の細い字を指…

海(フリー素材)

アシュラさん

今年の3月の終わり頃だったかな。 俺はいつものように更新を楽しみにしている洒落怖まとめサイトを見ていた。 その時、オカルト好きな俺の叔父さんが家に遊びに来ていて、一緒になっ…