住職さんへの相談

玄関(フリー写真)

友達の母さんが運転中、前の車にぶつけてしまった。

保険屋を通しての賠償は勿論、直接相手の元へ出向いたりと誠心誠意、謝罪をした。

しかし、このぶつけてしまった相手というのがねちっこい人間で…。

更に金を要求して来たり、自宅まで来て大声で怒鳴り立てたりを毎日のように繰り返して来た。

友達の母さんは参ってしまってノイローゼ状態。

食事も喉を通らないし、チャイムの音に逐一脅える程にまでなってしまった。

いよいよ困り果てた友達の母さんは、昔から何かとお世話になっていたお寺の住職さんにこの事を相談した。

母さんの話を聞いた住職さんは、暫く黙り込んだ後にこう言った。

「相手がどうなっても良いですか?」

追い詰められていた母さんは、藁にでもすがりつく思いで返答し、帰宅した。

それから数日、毎日のようにイチャモンを付けに来ていた男がぱったりと来なくなった。

母さんは相談をしていた住職さんの所へ現状報告に出向いた。

住職さんはにっこりと笑って、

「良かったですね」

と言った。

それから、どれだけ経っても男が家に来る事は全く無かった。

母さんの体調もすっかり良くなって、本来の生活に戻っていた。

やがて、男の事なんてすっかり忘れていた頃、親戚でもあり事故の時にお世話になった保険屋さんから、こんな電話が来た。

「あの男、死んだらしいよ」

死んだ時期を計算したら、母さんが住職さんに相談をしに行った直後だったという。

このお寺は現在もある。

関連記事

渦人形(長編)

高校の頃の話。高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。現地はかなり良い場所で、周囲には500~700メートルほど離れた場所に、観光地の…

コトリバコ(長編)

序 暇なときにここを読んでいる者です。俺自身、霊感とかまったくありません。ここに書き込むようなことはないだろうと思ってたんですが、 先月起こった話を書き込もうかと思いここに来ました。一応…

盗んだ傘

心霊話じゃないけど…ある大学でずっと前に起きた話。A君は大学の野球部のレギュラー投手でした。体格は良く、身長は180cmを超える大柄な青年です。テストの時期が迫…

田舎の風景(フリー写真)

山のタブー

子供の頃、近所のおじいさんに聞いた話です。そのおじいさんは若い頃、一度事業に失敗し実家の田舎に帰ったそうです。実家には持ち山があり、色々謂れがありました。しかし…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

一途な思い

僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。彼女の家庭にはお父さんがいなかった。お母さんは僕の目から見てもとても若かったのを覚えている。違うクラスになったけど僕と彼女…

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

小学校の廊下

←ココ

この間、小学校の同窓会があった。その時に当然の如く話題に上がった、俺たちの間では有名な事件の話を一つ。 ※ 俺が通っていた小学校は少し変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3…

白い人影

高校生の時に某飲食チェーンでバイトしてたんだけど、その時の社員さんに聞いた話。その社員さん(Aさん)は、中学生の時に親戚の叔父さんが経営する倉庫で、夏休みを利用してバイトするこ…

彼氏からのメール

若い女性があるマンションに一人で住んでいた。彼女には、交際して2年の彼氏がおり、いつかは結婚もあり得るくらい交際は順調だった。ある日の晩、彼氏からのメールを受信した。 …