拾った青い石(長編)

Something-Blue-by-Digitalblasphemy

6年前の冬、12月27日か28日だったか、その日の昼は仕事場の年末大掃除を終えて、粗大ゴミやら古雑誌なんかをゴミ置き場に出しに行った。

その時、ふと目の端っこに何かが見えた。

何となく古いっぽい桐製の箱が捨てられていた。

中身がなんとなく気になり蓋を開けてみると、白い薄紙に何重にもくるまれた、奇麗な青っぽい石で出来た玉が入っていた。

『すごい物拾ってしまった!値打ちのある物かも!』と思い、ゴミの中からその箱と石を持って帰った。

夜、家に帰り部屋に飾ろうと床に置いてあった箱を持ち上げると、昼間よりも重く感じた。

『え?』と思い、中の石を取り出そうとした瞬間、ビリっというかバチンと、静電気のような衝撃が手に走った。

その時は静電気としか思わなかった。

反射的に手を引っ込めて、もう一度石に触ると静電気は無く、なぜか温かい感じがした。

取り出すと、青っぽかった石が真っ黒になっていた。

昼間明るいところで見るのと、部屋のどちらかと言えば暗い白熱灯の下では、見え方が違うのかなと思った。

そう思って、石を手に持ち光にかざしていたら、携帯電話が鳴った。

久しぶりに友人Aからで、「近所のバーで飲んでるから来ないか」と言う。

珍しい事もあるんだな、あいつと飲んだ事あったっけ?

しかし懐かしさが勝ち、誘いに乗って、バイクで5分くらいのところにあるバーを目指して行った。

23時くらいから飲んで、夜中の3時くらいまで懐かしい話と、馬鹿話で盛り上がった。

二人ともかなり酔っぱらっていた。

帰りがけにAが、「やっぱ今日、オマエ誘っといてよかったわ。これに懲りずに付き合ってや」と言ったので、「あたりまえやん!いつでも誘って、誘って」と言って別れた。

酔っていたが、そのやり取りだけはなぜか鮮明に覚えている。

その後バイクで家に帰るのだが、その道中は覚えていない。

家に帰って即ベッドで寝たのだろう。

朝起きた時は服はそのまま、カバンも肩からかかったまま、なぜかジーパンだけは脱いでいた。

何でやと思い、ジーパンをつまみ上げると、膝から下が真っ黒にと言うか、どす黒く濡れていた。

ドブに浸かったような感じに。臭いは特にしなかったと思う。

『うわっ』と思い、ジーパンを放した。

すぐに『バイクでコケてドブかどこかに落ちたのかな?』と思い、体の異状を探す。すぐに見つかった。

右手(腕から肩)が上がらない。

例えるなら、鎖骨の間の神経が通っている部分を、物凄い力で押さえつけられてる感じ。

無理をすれば、激痛が肩から下に走る。

変な寝相だったかなと思いつつも、今度はガレージにバイクを見に行った。

バイクは全く無傷だった。という事は、こけていないという事らしい。でも痛い。

親に話すと「病院に行け」という事で、片手運転で自転車に乗り救急病院へ。

レントゲンやMRIやらの検査をしたが、全く異常はなかったし、医者からは「ホントに痛いの? 上がらないの?」と聞かれたが、痛いもんは痛いし、上がらんもんは上がらんと、ちょっとした押し問答になる始末。

家に帰ったら姉ちゃんに、「何かに取り憑かれてんちゃう?」と言われ、無性に昨日拾ってきた石の事が気になりだした。

最近で変わった事といえば、昨日石を拾って来た事くらいだった。

そういう幽霊とか、超常現象とかは全く信じてなかったが、何となく石が気になって仕方が無かった。

急いで部屋に戻る。戻る間、なぜかこの痛みは、石のせいだと強く思うようになっていた。勘というやつか。

机の上の石は黒く透明になり、中が真っ赤になっていた。

それを見て背筋がゾクッとなった。

姉ちゃんにこの事を言おうと部屋を出ようとすると、体がうまく動かなくなった。足が動かない。

『金縛りか? これが? あれって寝てる時やろ?』と初めて経験する金縛りに焦りまくった。

その時不意に、「やっぱ今日、オマエ誘っといてよかったわ。これに懲りずに付き合ってや」というAの声が聞こえた。

聞こえたというか、頭の中で響いた。何回も言葉がぐるぐる回ってた。

そのうち何かぼーっとなって、ふと気づいたら部屋の床で寝ていたらしい。

もう夕方になっていた。夢か? 何だったんだろう。

すぐに机の上の石を見た。真っ黒だった。昨日の夜と一緒だ。

何か急に怖くなり、その石を処分しようと考えた。

晩飯を家族と食べた時も、昼間の事は言わない事にした。どうせまともな答えが返って来るとは思えないから。

会話はテレビの年末特番の話か何かだったと思う。

夕食後すぐに部屋に戻り、石をどうしたものか考えた。

とにかくここには置いておけない。

元の場所に捨てに行くか、適当なところに捨てるか。

何となく元の場所に戻す(捨てる)方が良いと判断し、明日、仕事場のビルのゴミ捨て場にいく事に決めた。

真っ黒の石を箱にしまい、風呂に入ってさあ寝ようと思ったときに、家の電話が鳴った。友人Aだった。

「今日暇やねん。○○(昨日行ったバーの名前)で飲もうや」

『おいおい、昨日も飲んだやん』と思いつつも、まあ別にする事も無く、寝ようと思ってたからOKした。

「オマエもたいがい暇やな。でも俺、今日起きたら右手上がれへんくって、バイクでは無理やわ。自転車でいくわ」と返事し、

「うそ!怪我したん? 原因わからんの!大丈夫なん? そら大変やな。ほんじゃ、また今度にしようや」とAは言ったが、

「ええよ、行けるから」と行く事に。

距離的にもまあ行けない事もないし、片手がちょっと慣れてきた事もあり、難なく到着。

年末だからか、バーに客はAしか居なかった。

第一声、僕が「でもそういやオマエ、何で家に電話したん? 携帯にくれたら良かったのに」というと、

A「ひっさしぶりやなーしかし。元気しとったか? って手上がらんねんな(笑)。つうか、オマエの古い番号しか知らんし」

僕「アホ、何言うてんのん。今日やん別れたん。今日。まだ酔うてんのかあ?(笑)」

A「今日て? 何言うてんの? オマエ、今日なんか会ってるわけないやん」

僕「昨日から今日という意味や。もうええって!とりあえずちゃりんこ片手運転して来てんから、ビールぐらい飲ませろや」

A「わけわからん。久々に会ったらキモさ爆発やなオマエ」

僕「おっ!とりあえず。何かわからんけどお疲れー!」

―乾杯。

僕「つうか、昨日の帰りの事全然覚えてないねんけど、オマエちゃんと帰れた?」

A「オマエな、さっきから何キモいこと言ってんのん? 頭おかしいんちゃうか?」

僕「○○さん!(マスターの名前)昨日こいつと俺来てたやんな!」

マスター「いや、二人とも来てへんかったよ」

気になって携帯の着信履歴を見た。昨日の着信は3件。その中にAの名前はなぜか無かった。

『というかマスターいたっけ?』と自問自答。

A「あ~あ、こいつの嘘バレバレですよね~」

僕「ちょ…………嘘ちゃうって」

と、昨日の状況を思い出そうとしたが、なぜかどうしても思い出せない。

かろうじて覚えている、

「やっぱ今日、オマエ誘っといてよかったわ。これに懲りずに付き合ってや」という事を言うと、

A「俺そんなん言ってないし、夢ちゃうん? それ、夢やって。ああ夢、夢」

僕「いやそんな事無いって。でも、全然思い出されへんねん。何でやろ?」

A「オマエ一回病院行った方がいいんちゃう? 記憶ないって何か怖いやん」

僕「ちょう待てって。じゃあオマエの言う事がホンマやとして」

A「俺はオマエの携帯番号も知らんし、昨日オマエと飲んでも無い。というか大阪におらんかった。証拠もある」

と言って、福岡市にあるホテルの領収書を見せてきた。日付は今日の午前チェックアウト。

どうなってんの? これ。俺頭おかしくなったんかな?

僕が整理のつかない頭で、「うおー!思い出されへん!」ともがいてる時、Aが突然言い出した。

A「ちょっと真剣に聞いてほしいねん」

Aはちょっと寂しそうに話した。

A「明日な、○○(Aの弟)の命日やねんな? でやな、何かしらんけど、お前らの夢を見た訳よ。

で、懐かしくなってというか、まあ後で言うけど、オマエに会わなあかんと思った。

弟死んだん5年も前の事やから、オマエは忘れてるかも知れんけどな、昔はよう遊んだな。悪さして(笑)。

あの日な、俺、弟死ぬん何となく知っててん。これは後やから言える事かも知れんねんけどな。

何かな、俺昔から、知ってる人とかの夢を、何日か立て続けに見る事があるねん。

何か最初は白黒やねんけど、途中からセピア色というか、真っ赤に変わって行くねん。

その後、その人にあんまり良くない事が起きるような気がするねん。怪我とか、あと、死んだりとか…………。

で、弟の時も、1週間くらい前からそういう弟の夢見てて、偶然かも知らんけど、弟の時も真っ赤になってん。

その後、あいつ死んでもうた」

僕「死ぬんがわかる? んなわけないやん!オマエもうちょっとマトモな嘘付けって!言っとくけど、俺のは嘘ちゃうで!」

マスター「いや、死期がわかる人っておるらしいで。俺の連れもそんな事言ってた奴おった。そいつのオカンもそういう人やった」

A「まあ、おれがそうかどうかは知らんけど、結果そうなってしまったんや」

僕「まあええわ。で? その死ぬんがわかる夢って」

A「そう、昨日見た夢や。いきなり3分の1くらい真っ赤やった。

正直こんなん初めてやし、どうして良いかもわからんし、とりあえずオマエに会いに来たっちゅうわけや。

詳しく言えば、何か草原みたいなとこにオマエと弟がいて、その草みたいなゆらゆらした地面が真っ赤やった。

ちょうどこれくらいかなあ」

と、膝下位をさした。

A「だいたい赤い夢見る時は、白黒からジワーってゆっくり変わって行くんやけど、いきなり赤いのは見た事無いから、びっくりしてん」

僕「俺どないかなるかも知れんってこと? この手かな?」

A「それはわからん。そうかも知れんし、違うもんかも知れん」

僕「死ぬかも知れんという事?」

A「わからんねん。そればっかりは」

僕「でもな、いきなりそんなん言われても、信じられるわけないやん!」

そんなやり取りをしてると、Aが泣きそうな顔で言った。

A「その夢にな、俺もおってん」

僕「俺と弟ちゃうんか? そんなん最初に言わんかったやん」

A「言うたら死ぬんちゃうかと思って、言えんかった」

僕「そうか、俺は死んでもええと、オマエ最悪やな」

A「死ぬとは決まった訳じゃないって、ただの夢やし」

僕「そうやな、ただの夢でギャアギャア言うなよ(笑)。シャレにならんでほんま」

実は僕はかなり怖かった。ただAの出来の悪い夢を笑うしかなかった。

でも、それは笑えない事だと思い始めた。

今朝見たジーパン!

頭の中がむちゃくちゃになって来た。昨日僕はAと会ったのか? 会ってないとすれば、一体誰に会ったのか?

というか、どこに行ってたのか? AではないAと?

携帯の番号も知らない、バーにも来てない、Aの見た赤い夢、膝下が赤く染まる夢。

今朝見た、膝から下がどす黒く濡れていたジーパン。

一気に押し寄せて来て頭が痛くなり、耳鳴りもする。あまり酔っては無かったと思う。

「今はもう何も考えられない、無理だ、もう帰る」と言うと、Aが送って行くと言い出した。

それを僕は断った。何となく嫌な気分になったから。

Aと僕はバーを出た。Aはまだ何か言いたそうにしていたが、構わずに自転車に乗った。

Aは最後に「気をつけて帰れよ」と言った。

僕は「オマエ、人の事言えへんねんで」と言った。笑うと思ったが、Aは真顔で頷いた。

僕は慌てて目を逸らした。何か分からんけど嫌な感じだった。

自転車片手運転で家に到着。

到着するなり、誰かに後ろからドンと背中を押された。その直後携帯が鳴った。

後ろを振り返ると誰もいなかった。電話はAだった。

僕「何? どうしたん?」

A「どうしてるかなと思って」

やたら元気な声に、さっきのは嘘だと直感した。

ふざけてるのかと、Aに何か言ってやろうと思った。

僕「何が、どうしてるって何?」

A『大丈夫か? 昨日さ、あんだけ酔っぱらってたやん、2人共』

僕「う、うん…………で?」

A「ちゃんと帰れたかなと思ってな」

何か違う。今度は違うのが分かった。何か、さっき会ってたAじゃ無いのが分かった。

雰囲気か? 空気みたいなものが違う気がして。

僕「オマエ何言ってんの? …………オマエさ…………A?」

A「…………迎えにいこうか?」

僕「来んでええ、来んでええ!」

A「迎えにいこうか!?」

僕「来るな!来るな!…………」

途中で、携帯で喋っていたはずが、頭の中でぐるぐる声が回る感じになり、多分、気絶したんだと思う。

朝玄関の入ったところで寝ていた僕を、起こした母が一言。

「あんたええ年して、おねしょするってどういう事?」

黒のパンツが、腰辺りから下がびっしょり濡れていた。臭いは無い。

携帯の着信履歴を見た。Aの名前はやっぱり、というか無かった。

その日の昼過ぎ、仕事場のビルのゴミ捨て場にいく事に。自転車片手運転で駅まで。

地下鉄に乗り、仕事場のゴミ置き場に向かった。

箱ごとビルのゴミ捨て場に捨てようと思い、最後に恐いもの見たさで箱の中を覗くと腰が抜けそうになり、その場にへたり込んでしまった。

石が真っ二つに割れていた。

色は外が真っ黒で、中は真っ赤になっていた。無茶苦茶怖かった。

手が物凄く震え始めて、止まらなくなった。

最初この時間くらいに見た時は青っぽかったのになあと、怖さで混乱し、そんな事を思ってしまう程だった。

急に震えが止まった。体はかなり冷えていた。石の入った箱をゴミ置きにお置いて、足早に駅へ。

駅までは行ったが、石を捨てた開放感はありながらも何かすっきりしないので、普段はやった事の無いパチンコ屋へ。

ぼーっと玉を追いかけてると、余計な事を考えずに済んだ。

気が付いたら日が暮れていたし、金も殆どなくなっていた(笑)。

夜家に帰って夕飯を終え、風呂に入ってると、夕方から用事で出ていたオカンが帰って来た。

オカンが、

「あんた!どこいってたんな!何回電話ても携帯も通じひんし!留守番電話聞いてないの?

あんたA君っておったやろ? 亡くなったらしいで。電話あって、A君のお母さんが一度電話くれって」

『Aが? 嘘やろ!』と思いつつA宅へ電話する。

僕「もしもし、○○(僕の名前)ですが」

Aママ「ああ、○○くん…………ちょっとね大変な事になってね、ちょっと奥さん呼んで来るからまっててね」

何か向こうはざわざわしている。

Aママ「○○君? Aがね…………」

僕「母から聞きました。今から行きますわ」

Aママ「いや、通夜はもうちょっと後やから、今日はええよ明日でも。本人おらんしな」

僕「いや、今日の方がいいんです。僕昨日、Aと会ってるんです」

Aママ「多分そうやろうと思いました。それやったらまあ、家に来てください。気を付けてね」

電話を切り、その足でタクシーを呼びA宅へ。昔はちょくちょく行ってた家だ。

A宅に着くと、Aママが「見せたいものがあるから」とAの部屋へ案内した。

開けた途端に、ちょっと嫌な感じがした。

ガラステーブルに、落書き帳のようなものがぽつんと置いてあり、「それを開けてみて」と言った。

中に書いてあったのは、僕とAママ宛への手紙だった。

中身はこんな感じ。

おかんへ

おかん、これ見たら○○へ電話して、これ読むように言って。絶対に!

○○へ

昨日は変な事急に言ってごめんな。

でもオマエも十分変な事言ってたで。俺に会ったとか、かなりキモイ事言ってたしな。

で、夢の内容やけども、あの後家帰って見たのは、下半身全部赤いというものだった。

そんで、じわじわ首の方まで赤くなっていきよった。もちろん俺もや。

気になってんけど、オマエはなんか黒い何かを持ってて、その回りが異常に赤かった。

何かの固まりみたいなもん。それしか分からん。

今日は弟の命日やけど、ひょっとして俺の命日にもなるかも知れんなあ。アホみたいな話やけど。

俺ら誕生日同じ日やしな。

オカンには悪いけど、先に逝くかも知れんから、先に言っとくわ。生んでくれてありがとうな。

何やろうなこれは。こう引っ張られる感じって。最近何かに引っ張られる感じがするわ。

手紙はここまでしか書かれていませんでした。後半はちょっとした遺言みたいになっていた。

死ぬのが判ったのかどうかは、誰にも分かりません。

Aママが「お茶でも入れるわ」と台所へ行った。

その間、手紙以外何も書かれてない落書き帳をぺらぺらめくっていて、思わず手が止まった。

そこにはあれがあった。

真っ黒な大きな丸が書かれていた。

中心は真っ赤に塗り潰されていた。クレヨンで。

何度も何度も塗り重ねて、黒が盛り上がってた。

ページの端の方に小さく何か書いてあった。というか、鉛筆で書いて消しゴムで消した感じ。

書かれてないけど、書いた跡。

『探し物』って。

しかも誰が見ても、Aとは明らかに違う筆跡で。

はっきり言って、今でも一番鮮明に残ってる場面。後は何かようわからん話ですが…………。

どういう状況か分かりませんが、Aはベッドの上で眠るように亡くなっていたそうです。

Aママが、昼前になっても起きないAを起こそうとしたら、呼吸しておらず。

病院へ運ばれた時には、既に亡くなっていたそうです。

病院で服を脱がす時、「足から首にかけて何本か、赤いミミズ腫れのようなものがあった」と言っていました。

Aが夢から覚めてすぐ手紙を書き、何か途中で眠たくなって寝たのでしょうか。

石の事も含め何も分かりませんが、なぜか全て、石を拾った直後に起こった出来事です。

石に助けられたのでしょうか? それとも、Aに助けられたのでしょうか?

石とAが、何か関係あったのか知りません。

12月31日。夜中から1月2日の朝まで、40度くらいの高熱が出た。

夢に何度もAが出て来た。何か叫んでるようだったが、何か分かりません。

ゴミ捨て場にも行きました。もう無くなっていました。

僕の腕は正月明けの1月5日くらいに、ふと上がるようになりました。

それ以来は何も起こっていません。

Aママから後から聞いた話だと、偶然にも弟も亡くなった時、同じ感じだったらしいです。

Aは自殺かと思われましたが、心不全みたいな事になったみたいです。

そういう事なので、Aママの所に警察関係の人とか来て、事情聴取されてたみたいですが、外傷や薬物反応もなく、殺人ではないと判断されました。

父親はAが5歳の時に亡くなったらしいのだが、Aパパは人の死期が分かる人だったらしい。

ちなみに、手紙にあったように、AとA弟は同じ誕生日。僕も実は同じ誕生日です。

今もちょっと年末が怖いです。

関連記事

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

神秘的な森

角田の森

あれは小学6年の夏休みの事でした。友人のHとTが角田の森で遊んでいた時、Hが奥の廃屋へ行ってみようと言い出したそうです。当時、私達は角田の森でよく遊んでいました。 …

公衆トイレ

いつも

高校生の時、俺は腸が弱かった。故に学校に行く時は少し早く出て、途中の汚い公衆便所で用を足す事が多かった。その公衆便所は駅を降りて、通学路からは少し外れた所にある森の中にある。 …

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

田舎の夕焼け(フリー素材)

辰眼童(シマナオ)さま

もう8年前になるかな…。当時はまだ高校生で、夏休みの時期でした。6年ぶりに遠くに住んでる祖父母に会うと父が言いました。俺は夏休みもそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い…

根絶やしの歌

本当の話です。というより、現在進行中なんですが…。私は今まで幽霊どころか不思議なことすら体験したことがない人間なんですが、最近どうもおかしなことが続いているので書き込みします。…

夜の砂浜

夜の砂浜

昔、一人で海辺の町に旅行したことがある。時期的に海水浴の季節も過ぎているため民宿には俺以外客は居らず、静かな晩だった。俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐ…

狐(フリー画像)

狐の加護を受ける家系

自分の家には、呪いと言うよりは加護みたいなものがあるらしい。その内容は、何故か取引相手や仕事仲間が事故に遭わなくなったり、病気が治ったり出世したり、良縁に恵まれたりするというも…

サンドイッチ

高校生の頃、俺のクラスにいつも虐められているオタク風のデブ男がいた。実を言うと俺も虐めていた1人だった。そんなある日の昼休み。俺はあるプリントを5時限までにやらなくてはならず、…