神様に取り合いをされている

spiritual_rush_by_kancano-d55opp2

自分は神様に取り合いをされているそうだ。

親がインドだかチベットだかに行った時に、現地の神様に気に入られたとかで、加護を与える代わりに贄として子を取ると言う事にされていたらしい。

親もそんな事になってるとは知らんかったそうだ。後に所謂霊能者の人に教えて貰った。

その贄認定されてるのが自分。

子どもの頃からあんまりにも事故に遭う事が多いんで、親が伝手を頼って霊能者に相談したところあらまし発覚。 慌てて本家に相談。

現在、本家の神社に担ぎ込まれてそこで生活中(本当に御輿に乗せられて担ぎ込まれた。輿入れの意味を持たせる為らしい)。

大学も休学というか、このままだと実質中退になるかも。

神域で生活する事で、外の神様が手を出せない様にしてるって感じ。

でも、自分は本家神社の神様の嫁って生まれた時から決まってる。

生まれてすぐから確認出来る、ある種の特徴がはっきり出てたから。

そして、その嫁候補は長生き出来ない。

本家は鎌倉期頃からの旧家で、家史みたいなのがあるんだけど、5〜6代に1人位の割合で生まれていて、みんな20代前半で死んでる。

25歳を超えた人は、1人もいない。

つまり、外の神様に連れて行かれなくても、本家の神様に連れて行かれりゃ早死にする事になる訳だから、自分的にはどっちでも一緒だろって既に人生諦め気味。

他人にとっちゃ怖くないだろうけれど、自分的には洒落にならん話。

この書き込みへの返信

それ本家に全部仕組まれてるよ。死にたくなければ今いる場所を一刻も早く出ることだね。

生け贄にしようとしてるのはインドやチベットの神様なんかでなく本家の人間。

インドの話や事故はそういう風に思い込まされてるだけ。

体調良くないのだって食事に何か入れられてるよ。

早く実家に戻って、その後すぐにそこから離れた街に引っ越して、本家の人間から姿を隠した方が良い。

村

閉ざされた集落

もう20年以上前、少年時代の話である。 俺は名は寅、友達は雄二に弘樹と仮名を付けておく。 ※ あれは小学校六年生の夏休み、俺達は近所の公園で毎日のように集まり遊んでいた。 …

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。 フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 Kのフリークライミングへの入れ…

アガリビト

山は怖い。何が怖いって幽霊とか野生の動物とか天候とか色々あるけど、一番怖いのは人間。 お前ら山行くと開放的になるだろ?清々しい気持ちになるだろ? あれは人としての境界を越え…

滝(フリー写真)

幻の滝

10年程前に体験した話。 ある日、友人に誘われて山奥の渓流に釣りに行った。 自分は釣りは不慣れだったが、友人は釣りに関してはベテランだった。 自分は彼の案内に従い、渓…

山道(フリー写真)

掛け声の正体

無名に近い芸能人の方がテレビで語っていた怖い話。 その方の実家近くに、子供の頃から絶対に登ってはいけないと言われていた山があった。 高校時代のある日、仲間数人と連れ立って、…

夜の砂浜

夜の砂浜

昔、一人で海辺の町に旅行したことがある。 時期的に海水浴の季節も過ぎているため民宿には俺以外客は居らず、静かな晩だった。 俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐ…

鏡(フリー素材)

呪いのコンパクト

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。 「巣くうものシリーズ」で纏めてもらったので、説明は省略します(※これまでの流れについて、…

日本人女性の目(フリー写真)

最後の一線

ある意味怖く、ある意味笑っちゃうような話なのだが…。 俺が高校一年生の時の話だ。 この頃はもう両親の関係は冷え切っていて、そろそろ離婚かな…という感じの時期だった。 …

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。 顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…