連れて行く

天国と地獄(フリー写真)

2年前、とある特別養護老人ホームで、介護職として働いていた時の話です。

そこの施設は、はっきり言って最悪でした。

何が最悪かと言うと、老人を人として扱わず、物のように扱う職員ばかりだったのです。

食事も薬やおかずをご飯に混ぜたり、入浴は水のようなお風呂で、乱暴な介護で抑制も日常茶飯事でした。

職員の給料や待遇は良かったのですが、あまりにも酷い老人さんの対応の仕方に、心ある人は我慢できず辞めて行く人も多かったです。

そのため毎日のように人は居らず、職員全員が苛々している状態で、酷い職員はそのストレス発散を老人にぶつけ、怒鳴ったりすることも度々ありました。

その酷い職員の中でも、特に酷い職員がいまして、老人さんに暴力を振るっていました。Aと呼ぶことにします。

Aの暴力はいつも酷く、顔以外の場所を叩いたり蹴るなどしていました。

Aは元ヤクザで、みんな見てみぬふりで、暴力によって怪我をしても上手く隠蔽されました。

俺もAが怖くて注意できず、今思えば情けない話です…。

Aが暴力を振るう老人の対象は、認知症や言語障害で喋れない人でした。

その中で言語障害のBさんは、Aにされた暴力の内容を、日記に書いていました。

そしてその日記を別の職員に見せて助けを求めるも、無視されました。

Bさんは身内の人も居らず、4人部屋でも周りの老人は認知症が酷く、自分が分からない状態で、AにとってBさんは最高のカモだったのです。

そんなある日、早朝にBさんは急変し、病院に行くも亡くなられました。

Bさんが亡くなった夜に、Aは急な心筋梗塞で亡くなりました。

まるで後を追うように…。

次の日、Bさんのベットを片付けていた時に、本当はいけないことなのですが、Bさんの日記を見させてもらいました。

Aからの暴力の内容や、それに対する怒りが綴られていました。

Bさんが亡くなる前の夜に書かれた、最後の日記を見てぞっとしました。

『あいつを地獄に連れて行く』

その後すぐ職場を辞め、違う仕事に転職しました。

転職してから一ヶ月後、交通事故に遭いました。全治三ヶ月。

もしかして、日記の内容を見て呪われてしまったのではないか、と思ってしまうこともありますが、これは偶然であると自分に言い聞かせています。

また最近、怖い夢を見ました。

地獄のような場所で、Bさんが笑いながらAを木刀のようなもので殴っている夢でした。

ビル(フリー写真)

鳴り続ける電話

先日、年末の追い込みで一人残業をしておりました。残業規制厳しい折、電灯は自分の席のみに限定され、結構広い事務室は私の席を残して後は全部真っ暗の状況。商店街の一角の会社と…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

寝たフリ

小学校の先生Aから聞いた話。高校の部活の合宿で、20人くらいが一つのでかい部屋に布団敷いて詰め込んで寝るってシステムだった。練習がきついからみんな疲れて夜10時には寝ち…

橋の歩道

四ツ脚

高校生時代、陸上部で短距離走をやっていた俺は、夜学校が閉まってからも練習をする熱心なスポーツマンであった。と言っても学校内に残って練習する訳ではなく、自宅周辺の道路を走るのであ…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

鯉の池

けもの

俺のじいちゃん家は結構な田舎にあり、子供の頃はよく遊びに行っていた。じいちゃんは地元の名士とでも言うのかな、土地を無駄に一杯持っていて、それの運用だけで結構稼いでいたらしい。 …

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子がいた。ゆかりちゃんは、お父さん、お母さんと3人で幸せに暮らしていた。しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。 …

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。Kのフリークライミングへの入れ…

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。その日は遊べる友達が居なかったので…

口

笑い女

先週の金曜、会社の先輩の大村という男が死んだ。もちろん直接現場を見た訳ではないけど、マンションの自室で、自分の両耳にボールペンを突き刺して死んでいたらしい。大村自身の手…