連れて行く

天国と地獄(フリー写真)

2年前、とある特別養護老人ホームで、介護職として働いていた時の話です。

そこの施設は、はっきり言って最悪でした。

何が最悪かと言うと、老人を人として扱わず、物のように扱う職員ばかりだったのです。

食事も薬やおかずをご飯に混ぜたり、入浴は水のようなお風呂で、乱暴な介護で抑制も日常茶飯事でした。

職員の給料や待遇は良かったのですが、あまりにも酷い老人さんの対応の仕方に、心ある人は我慢できず辞めて行く人も多かったです。

そのため毎日のように人は居らず、職員全員が苛々している状態で、酷い職員はそのストレス発散を老人にぶつけ、怒鳴ったりすることも度々ありました。

その酷い職員の中でも、特に酷い職員がいまして、老人さんに暴力を振るっていました。Aと呼ぶことにします。

Aの暴力はいつも酷く、顔以外の場所を叩いたり蹴るなどしていました。

Aは元ヤクザで、みんな見てみぬふりで、暴力によって怪我をしても上手く隠蔽されました。

俺もAが怖くて注意できず、今思えば情けない話です…。

Aが暴力を振るう老人の対象は、認知症や言語障害で喋れない人でした。

その中で言語障害のBさんは、Aにされた暴力の内容を、日記に書いていました。

そしてその日記を別の職員に見せて助けを求めるも、無視されました。

Bさんは身内の人も居らず、4人部屋でも周りの老人は認知症が酷く、自分が分からない状態で、AにとってBさんは最高のカモだったのです。

そんなある日、早朝にBさんは急変し、病院に行くも亡くなられました。

Bさんが亡くなった夜に、Aは急な心筋梗塞で亡くなりました。

まるで後を追うように…。

次の日、Bさんのベットを片付けていた時に、本当はいけないことなのですが、Bさんの日記を見させてもらいました。

Aからの暴力の内容や、それに対する怒りが綴られていました。

Bさんが亡くなる前の夜に書かれた、最後の日記を見てぞっとしました。

『あいつを地獄に連れて行く』

その後すぐ職場を辞め、違う仕事に転職しました。

転職してから一ヶ月後、交通事故に遭いました。全治三ヶ月。

もしかして、日記の内容を見て呪われてしまったのではないか、と思ってしまうこともありますが、これは偶然であると自分に言い聞かせています。

また最近、怖い夢を見ました。

地獄のような場所で、Bさんが笑いながらAを木刀のようなもので殴っている夢でした。

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…

エクスカリバー

エクスカリバー

ゲーム好きな人なら「エクスカリバー」という剣の名前を一度は聞いたことがあるんじゃないだろうか。 洞窟の奥深く、地面に刺さるその剣は、選ばれた勇者にしか抜くことのできない…みたいな…

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。 十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。 暫くは私のアルバム…

公園の違和感

夜遅くの帰り道、公園の横を通った。遠くから歩きながら公園の方を見ると、なんか違和感がある。 近づいていくと、違和感の正体が分かった。電信柱の長さが違う。一方の電信柱の上に、髪が長…

笑い袋

もう20年以上前の話です。 当時小学低学年だった私には、よく遊びに行く所がありました。 そこは大学生のお兄さんが住む近所のボロアパートの一室です。 お兄さんは沢山の漫…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。 神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

胸騒ぎ

小学校のころ、塾の先生に聞いた話です。 その先生は現役の大学生で、その大学の友人に妙な体質の人がいたそうです。 仮にその友人Aさんとしますが、彼はごくたまにものすごく胸騒ぎ…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。 その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

アガリビト

山は怖い。何が怖いって幽霊とか野生の動物とか天候とか色々あるけど、一番怖いのは人間。 お前ら山行くと開放的になるだろ?清々しい気持ちになるだろ? あれは人としての境界を越え…

学校の校門(フリー背景素材)

ジェニー人形

昔、父親に愛人が居た。 数年後、母にバレて別れる事になったのだが…。 それが原因でその愛人さんは精神的に不安定になり、私や私の姉達の通学路に立って、おかしな言動をするように…