連れて行く

天国と地獄(フリー写真)

2年前、とある特別養護老人ホームで、介護職として働いていた時の話です。

そこの施設は、はっきり言って最悪でした。

何が最悪かと言うと、老人を人として扱わず、物のように扱う職員ばかりだったのです。

食事も薬やおかずをご飯に混ぜたり、入浴は水のようなお風呂で、乱暴な介護で抑制も日常茶飯事でした。

職員の給料や待遇は良かったのですが、あまりにも酷い老人さんの対応の仕方に、心ある人は我慢できず辞めて行く人も多かったです。

そのため毎日のように人は居らず、職員全員が苛々している状態で、酷い職員はそのストレス発散を老人にぶつけ、怒鳴ったりすることも度々ありました。

その酷い職員の中でも、特に酷い職員がいまして、老人さんに暴力を振るっていました。Aと呼ぶことにします。

Aの暴力はいつも酷く、顔以外の場所を叩いたり蹴るなどしていました。

Aは元ヤクザで、みんな見てみぬふりで、暴力によって怪我をしても上手く隠蔽されました。

俺もAが怖くて注意できず、今思えば情けない話です…。

Aが暴力を振るう老人の対象は、認知症や言語障害で喋れない人でした。

その中で言語障害のBさんは、Aにされた暴力の内容を、日記に書いていました。

そしてその日記を別の職員に見せて助けを求めるも、無視されました。

Bさんは身内の人も居らず、4人部屋でも周りの老人は認知症が酷く、自分が分からない状態で、AにとってBさんは最高のカモだったのです。

そんなある日、早朝にBさんは急変し、病院に行くも亡くなられました。

Bさんが亡くなった夜に、Aは急な心筋梗塞で亡くなりました。

まるで後を追うように…。

次の日、Bさんのベットを片付けていた時に、本当はいけないことなのですが、Bさんの日記を見させてもらいました。

Aからの暴力の内容や、それに対する怒りが綴られていました。

Bさんが亡くなる前の夜に書かれた、最後の日記を見てぞっとしました。

『あいつを地獄に連れて行く』

その後すぐ職場を辞め、違う仕事に転職しました。

転職してから一ヶ月後、交通事故に遭いました。全治三ヶ月。

もしかして、日記の内容を見て呪われてしまったのではないか、と思ってしまうこともありますが、これは偶然であると自分に言い聞かせています。

また最近、怖い夢を見ました。

地獄のような場所で、Bさんが笑いながらAを木刀のようなもので殴っている夢でした。

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。 今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。 …

小学校の廊下

←ココ

この間、小学校の同窓会があった。その時に当然の如く話題に上がった、俺たちの間では有名な事件の話を一つ。 ※ 俺が通っていた小学校は少し変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3…

お葬式

数年前、深夜の0時頃に、その頃付き合ってたSから電話が掛かってきた。 切羽詰まったような声と口調で、話の内容がいまいち理解出来ない。 外にいるみたいなので、取り敢えず家まで…

駅のホーム

勘違い

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。 その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混…

呪詛

相も変わらずこのスレは荒れてるようで。 怖い話の怖さとは、それを見聞きする環境にも左右されるのはご存知の通りだと思いますが、現在のスレのような状況では、仮に良質な話が投下されたと…

早死一族

うちの爺さんの親父だか爺さんだか、つまり俺の曾祖父さんだか、ちょっとはっきりしないんだけど、その辺りの人が体験したという話。 自分が子供の頃、爺さんから聞いた話。もう爺さんも死ん…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。 実際に何…

くねくね

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時のことである。 年に一度、お盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。やっぱり都会とは空気が違…

山

ヤマノタミ

俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。 これは父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父。以下曽祖父)。 ※ 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあって、かなり厳…

娘が連れて行かれそうになった話

俺の田舎には土地神様が居るらしい。 その土地神様が俺の娘を連れて行くかもしれないとの事。 正直、今もどうして良いのか分からない。 聞いた時は吹き出した。でも、親父の反…