伸びた手

登山(フリー写真)

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。

本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。

本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。

5時間ほど稜線を歩き、山小屋で一泊して帰る予定だった。

有名な山だと人出で賑わっている時期だけど、ここは予想通りそんなに人が居らず、10時のロープウエイにも数人しか乗っていなかった。

山頂駅から少し歩いて稜線に出ると、後はずっと岩場で、前方に登山者の姿がちらほら見えた。

天気は晴れの予報で、この時は実際、日差しが眩しいくらいだった。

前の二人連れが大岩の上に立った時に、逆光で黒く見えたのだが、何か違和感を覚えた。

普通に足があるのだが、上半身に手が沢山付いているように思ったんだ。

変な例えだが、上半身に蛸を被ったような感じ。

目を凝らしてもう一度見ると、その時は普通だったので、ウェアの関係でそう見えたのだろうと思った。

それでも気になったので、足を早めて進んで行った。

ここは稜線の縦走で高低差は殆ど無いから、スタミナはあまり使わない。

5分ほどで前の二人連れがはっきり見えて来た。

まだ60歳手前くらいの男女で、恐らく夫婦だろうと思った。

お揃いのウィンドブレーカーにザック姿で、さっきのは何かの見間違いだろうと思った。

それにしても、この歳で先のクサリ場を登れるのだろうかと少し心配になった。きっと手助けし合いながら登って行くのだろう。

追い付いてから、脇に逸れて

「こんにちは、お先します」

と声を掛けて追い越した。

奥さんらしい方が、

「ああ、どうぞ」

と言ったが、ご主人は黙っていたな。

その時、雨が落ちて来た。暫く日は出ていたのだが、急に影って暗くなった。

滑りやすくなるので気を付けながら進み、クサリ場に入った。

全体としては中学生なら登れる程度なのだが、何ヶ所か垂直に近いところがあり、ナイフリッジだから横に落ちるとそのまま滑落してしまう。

慎重に、慎重に登って連峰の一つのピークに着いた。

本当ならここで昼飯にする予定だったが、雨が降っていて食べる気にならない。

写真も上手くは撮れないだろうし、先を急ごうとした。

辺りを見回すと、さっきの夫婦が50メートル以上、下の方に居て、ちょうどクサリ場に取り付いているところだったが、ご主人の方が10メートルくらい遅れていた。

『ああ、待って手助けしてやれば良いのに…』と思って見ていた。

すると、奥さんの方が中途の岩の上に立った時、嘘だと思われそうだが、奥さんの両手がぐーんと伸びたんだ。

見間違いなのかもしれないけど、10メートル近く伸びて、岩の上に体を起こしたご主人を突き飛ばした。

『あっ』と思った。ご主人はゆっくりと横に滑って転がり、稜線の下まで落ちて見えなくなった。

慌てて戻った。岩の上に座り込んでいる奥さんに、

「ご主人、落ちましたよね」

と叫んだが、返事が無い。

そこまで降りて唖然とした。足を抱えて体育座りをしている奥さんの顔が、登山帽の下でニヤニヤ笑っていたのだ。

それで俺に、

「見てられましたよねえ。主人はあんなに離れたところから一人で落ちたんですよね」

そう言って、ご主人が落ちた辺りの岩を指さした。

俺は絶句しながらも、そこまで降りて右の谷を見たが、笹の斜面にご主人の姿は無かった。

何とか笹の茎を掴みながらギリギリまで降りたが、岩壁の下は見えなかった。

あそこから落ちたのなら、間違い無く助からないと思った。

それで奥さんの所まで戻り、腕を取って

「まず山小屋まで行きましょう」

と言ったが、立ち上がろうとしない。

相変わらずにたにた笑いながら、

「主人とは結婚25周年なんですよ、ええ、ええ」

と言った。

「雨がもっとひどくなるかもしれません。ご主人は助けられそうもないです。山小屋まで一旦行きましょう」

そう言っても動こうとしない。

ここは携帯も圏外だし、どうしようかと迷っていたら、後ろから若い三人組の姿が見えて来たので、事情を話し奥さんを任せて俺一人で山小屋まで急いだ。

さっきの滑落を見ているため、あまり足が進まなかった。

それでも何とか辿り着いて、管理人に滑落のことを話し、管理人はすぐに山岳救助隊に連絡した。

すっかり暗くなってから、三人組が奥さんを連れて小屋に着いた。

救助隊は出ているようだが、距離があり過ぎてこの山小屋は捜索のベースにしないとのことだった。

山小屋は混んでおらず、奥さんとは別部屋で、訪ねて行って話をすることも出来たが、さっきの出来事を思い返すと怖くなってそうしなかった。

三人組が色々世話を焼いていたようだ。

翌朝、警察が来て事情を聞かれたが、腕が伸びて突き飛ばしたように見えたことは言わなかった。

奥さんとはかなり離れた岩から落ちたとしか。

ご主人が亡くなったというのは2日後、東京に帰って来てから判った。

関連記事

登山(フリー素材)

謎の救助隊

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしまし…

ビデオテープ(フリー画像)

走る男

とある休日、Aは余りにも暇だったので近所の古びたレンタルショップにビデオを借りに行った。するとそこはもう閉めるらしく、閉店セール中だった。店内には古いビデオをどれでも一…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。途中、酒を買い求めて車を走らせる。渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。A村は親方の本家がある村であ…

宇宙(フリー画像)

宇宙人の魂

俺が小学4年生くらいの頃に体験した不思議な話。夏休みに家族4人(父、母、俺、妹)で、富士山近くのサファリパークみたいな所へ遊びに行きました(場所ははっきりと覚えていません)。 …

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。お経も終わり墓参りも終わ…

死臭

人間って、死が近づくと死臭がするよね。介護の仕事をしていた時、亡くなるお年寄りは3、4日前から死臭を漂わせてた。 それも、その人の部屋の外まで臭うような、かなりハッキリした臭い…

瀬戸内海

送り船

二年前の夏休みの話。友達の田舎が四国のど田舎なんだけど、部活のメンバー四人で旅行がてら泊めてもらうことになった。瀬戸内海に面する岬の先端にある家で、当然家の真横はもう、…

夜の砂浜

夜の砂浜

昔、一人で海辺の町に旅行したことがある。時期的に海水浴の季節も過ぎているため民宿には俺以外客は居らず、静かな晩だった。俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐ…

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…