伸びた手

登山(フリー写真)

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。

本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。

本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。

5時間ほど稜線を歩き、山小屋で一泊して帰る予定だった。

有名な山だと人出で賑わっている時期だけど、ここは予想通りそんなに人が居らず、10時のロープウエイにも数人しか乗っていなかった。

山頂駅から少し歩いて稜線に出ると、後はずっと岩場で、前方に登山者の姿がちらほら見えた。

天気は晴れの予報で、この時は実際、日差しが眩しいくらいだった。

前の二人連れが大岩の上に立った時に、逆光で黒く見えたのだが、何か違和感を覚えた。

普通に足があるのだが、上半身に手が沢山付いているように思ったんだ。

変な例えだが、上半身に蛸を被ったような感じ。

目を凝らしてもう一度見ると、その時は普通だったので、ウェアの関係でそう見えたのだろうと思った。

それでも気になったので、足を早めて進んで行った。

ここは稜線の縦走で高低差は殆ど無いから、スタミナはあまり使わない。

5分ほどで前の二人連れがはっきり見えて来た。

まだ60歳手前くらいの男女で、恐らく夫婦だろうと思った。

お揃いのウィンドブレーカーにザック姿で、さっきのは何かの見間違いだろうと思った。

それにしても、この歳で先のクサリ場を登れるのだろうかと少し心配になった。きっと手助けし合いながら登って行くのだろう。

追い付いてから、脇に逸れて

「こんにちは、お先します」

と声を掛けて追い越した。

奥さんらしい方が、

「ああ、どうぞ」

と言ったが、ご主人は黙っていたな。

その時、雨が落ちて来た。暫く日は出ていたのだが、急に影って暗くなった。

滑りやすくなるので気を付けながら進み、クサリ場に入った。

全体としては中学生なら登れる程度なのだが、何ヶ所か垂直に近いところがあり、ナイフリッジだから横に落ちるとそのまま滑落してしまう。

慎重に、慎重に登って連峰の一つのピークに着いた。

本当ならここで昼飯にする予定だったが、雨が降っていて食べる気にならない。

写真も上手くは撮れないだろうし、先を急ごうとした。

辺りを見回すと、さっきの夫婦が50メートル以上、下の方に居て、ちょうどクサリ場に取り付いているところだったが、ご主人の方が10メートルくらい遅れていた。

『ああ、待って手助けしてやれば良いのに…』と思って見ていた。

すると、奥さんの方が中途の岩の上に立った時、嘘だと思われそうだが、奥さんの両手がぐーんと伸びたんだ。

見間違いなのかもしれないけど、10メートル近く伸びて、岩の上に体を起こしたご主人を突き飛ばした。

『あっ』と思った。ご主人はゆっくりと横に滑って転がり、稜線の下まで落ちて見えなくなった。

慌てて戻った。岩の上に座り込んでいる奥さんに、

「ご主人、落ちましたよね」

と叫んだが、返事が無い。

そこまで降りて唖然とした。足を抱えて体育座りをしている奥さんの顔が、登山帽の下でニヤニヤ笑っていたのだ。

それで俺に、

「見てられましたよねえ。主人はあんなに離れたところから一人で落ちたんですよね」

そう言って、ご主人が落ちた辺りの岩を指さした。

俺は絶句しながらも、そこまで降りて右の谷を見たが、笹の斜面にご主人の姿は無かった。

何とか笹の茎を掴みながらギリギリまで降りたが、岩壁の下は見えなかった。

あそこから落ちたのなら、間違い無く助からないと思った。

それで奥さんの所まで戻り、腕を取って

「まず山小屋まで行きましょう」

と言ったが、立ち上がろうとしない。

相変わらずにたにた笑いながら、

「主人とは結婚25周年なんですよ、ええ、ええ」

と言った。

「雨がもっとひどくなるかもしれません。ご主人は助けられそうもないです。山小屋まで一旦行きましょう」

そう言っても動こうとしない。

ここは携帯も圏外だし、どうしようかと迷っていたら、後ろから若い三人組の姿が見えて来たので、事情を話し奥さんを任せて俺一人で山小屋まで急いだ。

さっきの滑落を見ているため、あまり足が進まなかった。

それでも何とか辿り着いて、管理人に滑落のことを話し、管理人はすぐに山岳救助隊に連絡した。

すっかり暗くなってから、三人組が奥さんを連れて小屋に着いた。

救助隊は出ているようだが、距離があり過ぎてこの山小屋は捜索のベースにしないとのことだった。

山小屋は混んでおらず、奥さんとは別部屋で、訪ねて行って話をすることも出来たが、さっきの出来事を思い返すと怖くなってそうしなかった。

三人組が色々世話を焼いていたようだ。

翌朝、警察が来て事情を聞かれたが、腕が伸びて突き飛ばしたように見えたことは言わなかった。

奥さんとはかなり離れた岩から落ちたとしか。

ご主人が亡くなったというのは2日後、東京に帰って来てから判った。

関連記事

住宅街(フリー素材)

入れ替わった兄

小学校に上がる前だと思う。ある朝、目を覚ますと隣で寝ている兄以外、家の中に人の気配が無かった。家中を見て回るが、誰も居ない。不安になって兄を起こそうと声を掛け、…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

ローカル駅(フリー写真)

無音の電車

学生時代の当時、付き合っていた恋人と駅のホームで喋っていました。明日から夏休みという時期だったので、19時を過ぎても空が明るかったのを覚えています。田舎なので一時間に一…

カーテンの上から

10年以上前の話ですが…。大阪の某公園で、足を骨折して入院した時の出来事です。その病院は夜21時に消灯する所で、取り敢えずベッドに横になっていた訳ですが、少し経ってから…

柿の木(フリー写真)

拝み屋の不思議な子

うちの母方の家系はいわゆる拝み屋。元は神社だったのだけど、人に譲ってから拝み屋をやっていた。拝み屋と言っても儲からない。お金は取っちゃいけないから兼業拝み屋。でもひいじ…

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…

富士川(フリー写真)

お下がり

俺の家は昔とても貧乏で、欲しい物なんか何一つ買ってもらえなかった。着ている服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。そんな俺でも、義務教育だけはちゃん…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

村

祟り神

中学生の頃に祖父から聞いた話。俺の地元の山には神主も居ない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。大半…