ストーカー

dark_eye_by_teufelsratte-d6b67e1

俺が友達の女の子の家に泊まりに行った時の事。

彼女は前からストーカー被害に遭っていると言っていたんだけど、まあ正直特別可愛い子という訳じゃないし、男からすればストーカーどころか痴漢すら都市伝説なんじゃないかなって感じするよな?

だから誰も相手していなかった。

でもあまりに怖がるし、マジで顔色が悪くなってきたから、面倒見の良い先輩が、

「じゃあみんなで今日は遊びに行こう。一日そうすれば平気になるだろ」

と言い出して、男三人で遊びに行ったんだ。

メンバーは俺、先輩、先輩の友達(B先輩とする)。

道中は部屋に何も無いと言うから、持って来た麻雀のルールを彼女に説明したり、「男三人いればストーカーが来た方がむしろ解決だろ」みたいなことを言って笑い合っていた。

夜も2時くらいを回って、明日もあるから寝ようかという話になった。

彼女はベッドで寝て、俺達は床に上着を布団にしたりクッションを枕にして横になっていた。

俺が一番ドア際に居て、言い出した先輩が隣、B先輩が窓際に寝ていた。

オレンジ色の電球を見つめていたんだけど、なかなか寝付けずにぼーっとしていたら、B先輩が俺の上を横切って行ったのね。

「どうしたんすか?」と聞いたら、

「なんだ起きてたのか。ジュース買ってきたわー」と言った。そしたら先輩も、

「えー、俺の分は?」と言って起き出した。

「二人で起こせよ」とブツブツ文句を言いながらB先輩が上着を肩にかけて、先輩がジュースを開け、俺はトイレを借りようと思って立ち上がった、その時。

まさにその時。

ああ、ほんと、思い出しちまった。

多分B先輩が鍵を閉めていなかったんだな。

ドアが「ガチャ!」と凄い勢いで開いた。

女の人、ぼさぼさの髪の人が顔を突き出すような感じで、開けたドアから首から先と右手だけ突っ込んで来た。

もう本当に、闇から顔がぬっと飛び出て来たような顔で、しかも目がクリクリに開きギラギラ輝いていた。

俺は目が合った。

俺はもう混乱して「うぇあ!」みたいな声を出し、腰が抜けた状態。

先輩が立ち上がろうとした瞬間、「バタン!!!」と凄い勢いでドアが閉まった。

ドアが空いたのは1、2秒だと思う。

それで閉まったドアの向こうから、凄く甲高い叫び声で、

「なんだぁぉっぉぁぁぁぉー!!!あぁぁぁええぁぁぁー!!!

あはは!おんまあえらぁがぁーーー!!!ぁぁぁー!!!ぉあーっ!!!

こぉーーっ、ぉっ、ーーこぉあーぅるあぁぁー!ちくし……ぃぁーっっっ!ぁっぁっ……(バタバタバタバタ…)」

と聞こえ、声の合間合間に「バタン」とか「ガタン」とか何かを蹴ったりするような音がするのね。

最後の「バタバタ」というのは階段を降りて行く音。段々声が遠くなった。

俺はマジで腰が抜けて、がたがた震えていた。心臓は本当に飛び出すかというくらい鳴っていた。

先輩も女の子も飛び起きて、女の子はマジパニック状態。

「なんで閉めなかったんですか、なんで!!なんでぇー!だからー!あぁー!」とか言って大泣き。

「死ぬ、殺される、助けて」と叫びながら、先輩をぶんぶん殴っていた。

俺とB先輩は、震えながらだけど上着を着て取りあえず外に出た。しかし何処にも女の姿は無かった。

でも履き潰されたナイキの白のボロボロのスニーカーが片方だけ転がっていた。

先輩は「マジかよ…なんだこれ…やべぇぞ…これは…」みたいに呟きながら、廊下から外を見て確認して、俺は階段を確認した。

階段にはもう片方の靴が落ちていた。

部屋に帰って鍵を閉めた。窓の鍵も確認した。

女の子はもうただただ泣いていて、先輩が慰めていた。

俺達はそのまま110番して、警察に色々聞かれた。

靴は警察が持って行って、指紋も取っていた。

結局その子は翌月引っ越したんだが、あまりにも怖かったらしく、それから引っ越すまでずっとサークル員の女の子の家に泊まっていた。

俺達も出来るだけその子の家に泊まろうという話になり、俺も何度か行った。

彼女はいつも怖がっていて、凄く無口になっていた。

それから俺があの日、どんな女を、何を見たのかと言われる度、

「それくらい怖かったよな」

と言って片付けられるんだが、今にも夢で見る。

絶対間違いじゃない。

その女は、白目が無かった。目が全部真っ黒だったんだよ。

それが飛び出しそうなくらい見開かれていた。

今でも忘れられない。

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。 リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。 すると突…

病院(無料背景素材)

カウンセラーの伯父

伯父さんは地元の病院で精神科医…と言うより、 『薬などの治療で治せない患者さんの話し相手になり、症状を精神的な面から改善させる』 というような仕事をしていた。カウンセラーと…

一軒家(フリー素材)

呪いの部屋

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。 またこれの続きの話が新しく舞い込んで来ました。 ※ 以下はこれまでの状況説明になりま…

きらきらさん

差し障りがあるといけないので、時と場所は伏せて書きます。 そこの施設内で、度々動物の惨殺死体が発見されるのです。 そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。…

公衆トイレ(フリー写真)

順番待ち

この間、東京に用事があって行ったんだよ。 片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、朝9時頃に新宿駅に着いた。 その途中にトイレ休憩もあったんだけど、眠くてずっと寝てい…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。 場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…

死神の生まれ変わり

俺の昔からの友人がよく死体に遭遇する。 中学時代、一緒に海に遊びに行ったら水死体を見つけた。 その時、既に5回も人の死体を見たことがあったそうだ。 まあ、中学生男子は…

夜道(フリー素材)

映画監督の話

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。 ※ ある時、H氏はスランプに陥っていました。 いくら悩んでも…

祖父の箱

旅先で聞いた話。 伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。 そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。 ただし、箱を開ける…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。 肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…