ストーカー

dark_eye_by_teufelsratte-d6b67e1

俺が友達の女の子の家に泊まりに行った時の事。

彼女は前からストーカー被害に遭っていると言っていたんだけど、まあ正直特別可愛い子という訳じゃないし、男からすればストーカーどころか痴漢すら都市伝説なんじゃないかなって感じするよな?

だから誰も相手していなかった。

でもあまりに怖がるし、マジで顔色が悪くなってきたから、面倒見の良い先輩が、

「じゃあみんなで今日は遊びに行こう。一日そうすれば平気になるだろ」

と言い出して、男三人で遊びに行ったんだ。

メンバーは俺、先輩、先輩の友達(B先輩とする)。

道中は部屋に何も無いと言うから、持って来た麻雀のルールを彼女に説明したり、「男三人いればストーカーが来た方がむしろ解決だろ」みたいなことを言って笑い合っていた。

夜も2時くらいを回って、明日もあるから寝ようかという話になった。

彼女はベッドで寝て、俺達は床に上着を布団にしたりクッションを枕にして横になっていた。

俺が一番ドア際に居て、言い出した先輩が隣、B先輩が窓際に寝ていた。

オレンジ色の電球を見つめていたんだけど、なかなか寝付けずにぼーっとしていたら、B先輩が俺の上を横切って行ったのね。

「どうしたんすか?」と聞いたら、

「なんだ起きてたのか。ジュース買ってきたわー」と言った。そしたら先輩も、

「えー、俺の分は?」と言って起き出した。

「二人で起こせよ」とブツブツ文句を言いながらB先輩が上着を肩にかけて、先輩がジュースを開け、俺はトイレを借りようと思って立ち上がった、その時。

まさにその時。

ああ、ほんと、思い出しちまった。

多分B先輩が鍵を閉めていなかったんだな。

ドアが「ガチャ!」と凄い勢いで開いた。

女の人、ぼさぼさの髪の人が顔を突き出すような感じで、開けたドアから首から先と右手だけ突っ込んで来た。

もう本当に、闇から顔がぬっと飛び出て来たような顔で、しかも目がクリクリに開きギラギラ輝いていた。

俺は目が合った。

俺はもう混乱して「うぇあ!」みたいな声を出し、腰が抜けた状態。

先輩が立ち上がろうとした瞬間、「バタン!!!」と凄い勢いでドアが閉まった。

ドアが空いたのは1、2秒だと思う。

それで閉まったドアの向こうから、凄く甲高い叫び声で、

「なんだぁぉっぉぁぁぁぉー!!!あぁぁぁええぁぁぁー!!!

あはは!おんまあえらぁがぁーーー!!!ぁぁぁー!!!ぉあーっ!!!

こぉーーっ、ぉっ、ーーこぉあーぅるあぁぁー!ちくし……ぃぁーっっっ!ぁっぁっ……(バタバタバタバタ…)」

と聞こえ、声の合間合間に「バタン」とか「ガタン」とか何かを蹴ったりするような音がするのね。

最後の「バタバタ」というのは階段を降りて行く音。段々声が遠くなった。

俺はマジで腰が抜けて、がたがた震えていた。心臓は本当に飛び出すかというくらい鳴っていた。

先輩も女の子も飛び起きて、女の子はマジパニック状態。

「なんで閉めなかったんですか、なんで!!なんでぇー!だからー!あぁー!」とか言って大泣き。

「死ぬ、殺される、助けて」と叫びながら、先輩をぶんぶん殴っていた。

俺とB先輩は、震えながらだけど上着を着て取りあえず外に出た。しかし何処にも女の姿は無かった。

でも履き潰されたナイキの白のボロボロのスニーカーが片方だけ転がっていた。

先輩は「マジかよ…なんだこれ…やべぇぞ…これは…」みたいに呟きながら、廊下から外を見て確認して、俺は階段を確認した。

階段にはもう片方の靴が落ちていた。

部屋に帰って鍵を閉めた。窓の鍵も確認した。

女の子はもうただただ泣いていて、先輩が慰めていた。

俺達はそのまま110番して、警察に色々聞かれた。

靴は警察が持って行って、指紋も取っていた。

結局その子は翌月引っ越したんだが、あまりにも怖かったらしく、それから引っ越すまでずっとサークル員の女の子の家に泊まっていた。

俺達も出来るだけその子の家に泊まろうという話になり、俺も何度か行った。

彼女はいつも怖がっていて、凄く無口になっていた。

それから俺があの日、どんな女を、何を見たのかと言われる度、

「それくらい怖かったよな」

と言って片付けられるんだが、今にも夢で見る。

絶対間違いじゃない。

その女は、白目が無かった。目が全部真っ黒だったんだよ。

それが飛び出しそうなくらい見開かれていた。

今でも忘れられない。

根絶やしの歌

本当の話です。というより、現在進行中なんですが…。私は今まで幽霊どころか不思議なことすら体験したことがない人間なんですが、最近どうもおかしなことが続いているので書き込みします。…

公衆トイレ(フリー写真)

順番待ち

この間、東京に用事があって行ったんだよ。片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、朝9時頃に新宿駅に着いた。その途中にトイレ休憩もあったんだけど、眠くてずっと寝てい…

外でお経を読むこと

一応これでも修験道の行者をやっています。お寺と師弟関係を結び、京都にある某本山で僧籍を持っています。そんな私が駆け出しの頃に体験した怖い話です。やはり修行をしていますと…

旅館

真夜中の厠

大学の友人と4人で海へ旅行に行った時の話。いつも仲の良かった4人で旅行ということで、ずっと前から楽しみにしていた。実際、行きの車中でもいつも通りの雑談が普段より楽しかっ…

肉

人肉館

「なあ、人肉館に行かないか?」夏休み。私は休みを利用して久しぶりに実家のある長野県へと帰って来た。普段は東京で働いているのだが、実家は山あいの町。気温は高いが湿度は低く…

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

不倫はダメ

叔母さんが東京で友達とアパート暮らししてた時の話。友達と服飾を目指し勉強中だった叔母は、友達とも毎日帰宅が深夜だった。今では珍しくなった木造で、外側にカンカンと音が出る…

一途な思い

僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。彼女の家庭にはお父さんがいなかった。お母さんは僕の目から見てもとても若かったのを覚えている。違うクラスになったけど僕と彼女…