お母さんが居る

親子のシルエット(フリー素材)

俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。

それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が

「家の中にお母さんが居る」

と言い出した。

「いつ見るの?」

と聞くと、夜中に目が覚めたら枕元に立っていたり、一人で居ると遊んでくれたりすると教えてくれた。

その頃、自分はもう高校生になっていたから、そういうことは信じてはいなかった。

でも弟はまだ小さいから見守ってくれているんだなと、父親と祖母は喜んでいた。

そんな感じで、弟はそれからも頻繁にお母さんが居ると言っていた。

ただ、偶に夕飯の最中にお母さんが居ると何も無い所を指で指したり、一人で何も無い所に話し掛けたりしていて…。

見えているのが身内とは言えど、ちょっと薄気味悪い雰囲気を味わう時もあった。

何ヶ月か経った時に家に帰ったら弟が泣いていて、どうしたのか聞くと

「お母さんにぶたれた」

と言っていた。

どうやらキッチンのコンロ付近で遊んでいたら怒られたらしい。

しかし母親は生前、子供相手でも絶対に暴力を振るうような人ではなかったし、自分も怒られはしても一回もぶたれた思い出が無かったから、何だか少し羨ましかった。

お風呂は自分が弟と一緒に入るようにしていたから、その日も夕飯が終わってから一緒に入っていた。

弟が水鉄砲で遊んでいて和んでいたら、突然

「お母さん、今来るよ」

と言い出した。俺は結構驚いて、

「ここに?」

と聞くと、

「お姉ちゃんに会いたいみたい」

というようなことを言われて、少しだけ怖くなった。

それでもう出ようかと言っていると、

「来たよ」

と弟が言った。

でも弟は何故か天井の方を見ていて、つられて天井の方を見たら網状の換気扇があり、そこを見た瞬間に、湯船に浸かっているのに肩の上からびっしょり冷や汗が出てきていた。

コンコンと換気扇を叩くような音がして、弟が返事をしようとしたから思わず口を塞いだら、ちょっと抵抗されたけど黙ってくれた。

それから何回か音が聞こえてもじっと黙っていると、換気扇から

「お母さんだよ」

と聞こえてきた。

でも声は母親とも似つかない低い声で、何だか少しおどけているような変な感じも受け、絶対に母親の声ではなかった。

思わず父親を大声で呼んだら、すぐ大きな足音がして父親が来た。

もう一度呼ぶと、風呂場のドアを開けてどうしたと聞いてきたけど、同じくらいのタイミングで

「お母さんだよ」

と換気扇から聞こえてきて、父親が固まっていた。

弟は変な雰囲気に気付き始めて泣き顔になっていたけど、父親が弟を抱きかかえながら

「お前は○○じゃない」

と母親の名前を言った。

換気扇から今度は

「○○だよ」

とさっきと同じトーンで返ってきたので、父親が

「違う」

と言い返し、何度かそれを繰り返していると声が止んだ。

それから弟はお母さんが居ると言うことはなくなり、普通に育って行ったけど、いつかまたお風呂で声を掛けられるような気がしている。

お風呂の一件があり、すぐに霊能力者に相談しようかという話にもなったけど、そういう知り合いも全く居なかったから、どうしようも出来ないまま終わった。

関連記事

杉沢村

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため…

自衛隊駐屯地の恐怖体験

私が新隊員教育でとある駐屯地にいた時の話です。ありがちな話かもしれませんが、どうかご容赦下さい。自衛隊には営内点検と言うものがあります。部屋の使用状況(物品の有無、整理整頓、清…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

旧生駒トンネル(フリー写真)

架空の最終電車

大阪から奈良へ抜ける近鉄奈良線。大阪と奈良の間には生駒山があり、電車は長いトンネルを通ることになる。現在のトンネルは『新生駒トンネル』と言い、その昔、数々の死傷事故を起…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。実際に何…

パワーショベル

3人だけの秘密

この話は今から約20年前、私がまだ中学生だった頃の出来事です。夏休みも後1週間程となった8月の終わり。ろくに宿題も終わっていないにも関わらず、友人2人と近所の市営プールに遊びに…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。何とい…

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…