アサン様

公開日: ○○様・○○さん | 都市伝説

教室(フリー素材)

小学6年生の頃、アサン様という占いが学校で流行りました。

夜、自分以外の家族が寝ているか外出している時に、占いのターゲットとなる複数名の名前が書かれた紙の上で、抜いた髪の毛の先に五円玉を結んだ物をぶら下げ

「アサン様お嫁入り」

と二度唱えます。

その後に知りたい事(例えば自分を好きな人など)を質問すると、その人物の名前の上で五円玉が大きく振れ、教えてくれるという占いでした。

簡単に言えばコックリさんのような振り子のダウジングです。

でもアサン様はコックリさんとは違い、恐くて危ないものという感覚ではなかったので、クラスの女の子はみんな気軽にアサン様で遊んでいました。

その中でもK江は占いやおまじないが大好きで、毎晩のようにアサン様をやっていたそうです。

ある日、彼女は私達に

「やり方を間違えたから、もうアサン様ができなくなった」

と言い出しました。

本来、アサン様に使った髪の毛は必ず燃やさなくてはいけないし、五円玉も手放さなくてはならないのですが、K江は髪の毛と五円玉をそのまま使い続けていたそうです。

そのせいかアサン様を始めると五円玉が常に激しく振れ続け、占いにならないのだとか。

それからK江の様子がおかしくなり始めました。

いつも怯えているような様子だったり、そうかと思えば授業中に居眠りをしたり…。

元々K江と仲が良かった私達数人のグループは彼女を心配して、学校ではできるだけ誰かが彼女の傍に居るようにしました。

そして放課後もなかなか家に帰りたがらないK江を、毎日順番で夕方まで部屋に置いてあげるようにしていました。

しかし、K江がグループのMの部屋に行ったある日、K江はMにこんな事を言ったそうです。

「アサン様が私の部屋を覗きに来る。ひょろひょろで歯がボロボロで恐い」

私達はみんなアサン様は可愛い女の子の妖精の姿だとイメージしていたので、Mがびっくりしてそう聞くと「違う!」と怒ります。

K江が言うには、アサン様は背が高く、細身でニヤニヤ笑う若い男の姿なのだそうです。

更には「みんながアサン様をやらなくなったから私から離れていかない」と泣き始め、「お願いだから今晩アサン様をやって」とMに懇願したそうです。

みんなK江の様子がおかしくなったのはアサン様のやり過ぎのせいではと感じていたので、その頃にはもうアサン様をやる人は居なくなっていました。

Mが返事できずにいると、K江は怒ってMの部屋の中で突然暴れ出したそうですが、幸いその叫び声を聞いたMの母親がすぐに止めに入り、K江は家に帰されました。

それから卒業までの数ヶ月間、K江が学校に出て来る事はなく、卒業と同時にどこか他所の土地に引っ越したと聞きました。

私はアサン様を信じてはいませんでしたが、人気者だったK江の変わりようと、突然居なくなってしまったという現実が、当時とても恐かったです。

関連記事

レベル9

10年以上昔、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。 『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に留まった。 「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。 …

瀧廉太郎『憾(うらみ)』

瀧廉太郎(たき・れんたろう)という人物をご存知だろうか。 日本に於いて最も早く日本語によるオリジナル唱歌を作った一人だ。 「荒城の月」「箱根八里」「花」「お正月」「鳩ぽっぽ…

夢の試練

こんな不思議な夢の話がある。 眠りに落ち、気が付くとそこには一人の老婆がいる。 ただ、その状況というのがただ事ではないという。 その老婆は夢を見た人を追いかけており、…

ヒトラー生存説

ナチス・ドイツの党首にして独裁者であったアドルフ・ヒトラー。 彼は類稀なる弁論の才能によって国民を鼓舞し、第二次世界大戦を引き起こす切っ掛けを作った人物である。 最終的には…

すぐにけせ

すぐにけせ

「すぐにけせ」とは、アトラス社開発のゲーム「真・女神転生II」にまつわる都市伝説。 ゲームを起動すると、本来であればタイトルロゴの後に物語の導入を促すオープニングデモムービーが始…

ネス湖(フリー写真)

ネッシー伝説の終焉

20世紀、世界中で実在が信じられてきた伝説のUMA。それがスコットランドのネス湖に生息しているとされていたネッシーである。 首長竜の生き残りではないかと囁かれており、数々の観光客…

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。 不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。 現地警察に通報…

死刑執行

A受刑者は、大量殺人を犯し、死刑が確定していた。 それから数年。 今日は、A受刑者の死刑執行日である。 目隠しをしたA受刑者は、絞殺台に立たされる。 「ガゴン!…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。 自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…

未来人ジョン・タイター

2000年11月、アメリカのとある掲示板に、2036年から来たという男から書き込みがあった。 彼は自分をジョン・タイターと名乗り、軍事目的で1975年に行った後に、2036年に戻…