黒く塗り潰された家

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

古い一軒家(フリー写真)

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。

その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。

目的のエリアに着いて『さて行くか』と歩き始めて暫くすると、地図では黒く塗り潰されていた一軒の近くで足が止まった。

「…あれ? 誰か居る…?」

そこは古びた一軒家で、カーテンで中は判らないはずなのに、何故か『居る』と確信。

「こんにちわー!」

玄関前で何回か呼んでみたが返事が無い。

出て来ないか…とちょっと引き返したその瞬間、

「何か御用ですか?」

と、その家の中から声がした。

家の中からお婆さんの声がしたので慌てて戻って話を始めたが、何故か玄関は開かないまま話は続く。

自分「玄関、開けてもらえませんか?」

婆「…私じゃ開けられないんです。力が弱いもので。

…ところであなた、私と話してて不思議に思わないんですか? 怖くないですか?」

自分「別に何も…?」

自分「お一人で住んでらっしゃるんですか?」

婆「いえ、住んでるって訳じゃないです」

自分「え? 通ってるとか…?」

婆「そうじゃなくて…。

前はお爺さんが一緒に居たんですけど、ずっと前に遠くに行ってしまって。

私もそこに行きたいんですけど、自分ではどうしようもなくて…」

自分「じゃあこれ外から…? その閉めた人に言って来ましょうか?」

婆「近くに居る○○さんなはずですけど…いいんですか?」

自分「だって行きたいんですよね?」

婆「…はい。一人はもう…。じゃあ、すみませんが…」

それで、その言われた家に行ったら、主人から話し出す前に開口一番言われた。

「今、あの家に行った? あそこには誰も居ないはずだが、誰か居たかい?」

それでさっきのお婆さんとの遣り取りを話した。

おじさんは緊張した面持ちで聞いていた。

そして、

「解った。後でちゃんと開けておくから。

ところであんた、幽霊とか見えるのかい?」

自分「いえ、全然。見たことないです(笑)」

おじさん「今まで一度も? ふーん…。変わった力だね」

取り敢えずお昼だったので、支店に帰ってからの報告でその話をしたら、

「ついにやっちまったか!」

とみんな大騒ぎ。

ちなみに自分がこのお婆さんが幽霊だったと知ったのは、10年近く経ってからの事だった…。

関連記事

日本家屋(フリー写真)

老夫婦の家

中学生の頃、家が火事に遭いました。全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。それで新居を見つけるまでの間…

和室(フリー写真)

回転する位牌

昔ニュースになったので、知っている人は知っているかもしれません。一人暮らしのおばあさんが、マンションの一室で孤独死した。死因は、ノイローゼが昂じて、弱った心臓が耐え切…

病院のベッド(フリー写真)

子供に視えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までが山らしい。息子はまだ小さいので病室にずっと…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

デジタル(フリー素材)

Aの理論

何年か前、友人二人と夜中にドライブをした時の話。友人Aはガチガチの理系で、「物を見ると言うことは、つまりそこに光を反射する何らかの物体が存在する訳で、人の目の構造上、特…

スーパーマーケット(フリー写真)

台風の日の親子

以前スーパーで働いていた時の話。その日は台風が近付いていて、午前中は雨になる前に買い物をしておこうと客がいつもより多かった。夕方を過ぎて雨が本降りになると、客はほぼ来な…

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…