黒く塗り潰された家

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

古い一軒家(フリー写真)

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。

その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。

目的のエリアに着いて『さて行くか』と歩き始めて暫くすると、地図では黒く塗り潰されていた一軒の近くで足が止まった。

「…あれ? 誰か居る…?」

そこは古びた一軒家で、カーテンで中は判らないはずなのに、何故か『居る』と確信。

「こんにちわー!」

玄関前で何回か呼んでみたが返事が無い。

出て来ないか…とちょっと引き返したその瞬間、

「何か御用ですか?」

と、その家の中から声がした。

家の中からお婆さんの声がしたので慌てて戻って話を始めたが、何故か玄関は開かないまま話は続く。

自分「玄関、開けてもらえませんか?」

婆「…私じゃ開けられないんです。力が弱いもので。

…ところであなた、私と話してて不思議に思わないんですか? 怖くないですか?」

自分「別に何も…?」

自分「お一人で住んでらっしゃるんですか?」

婆「いえ、住んでるって訳じゃないです」

自分「え? 通ってるとか…?」

婆「そうじゃなくて…。

前はお爺さんが一緒に居たんですけど、ずっと前に遠くに行ってしまって。

私もそこに行きたいんですけど、自分ではどうしようもなくて…」

自分「じゃあこれ外から…? その閉めた人に言って来ましょうか?」

婆「近くに居る○○さんなはずですけど…いいんですか?」

自分「だって行きたいんですよね?」

婆「…はい。一人はもう…。じゃあ、すみませんが…」

それで、その言われた家に行ったら、主人から話し出す前に開口一番言われた。

「今、あの家に行った? あそこには誰も居ないはずだが、誰か居たかい?」

それでさっきのお婆さんとの遣り取りを話した。

おじさんは緊張した面持ちで聞いていた。

そして、

「解った。後でちゃんと開けておくから。

ところであんた、幽霊とか見えるのかい?」

自分「いえ、全然。見たことないです(笑)」

おじさん「今まで一度も? ふーん…。変わった力だね」

取り敢えずお昼だったので、支店に帰ってからの報告でその話をしたら、

「ついにやっちまったか!」

とみんな大騒ぎ。

ちなみに自分がこのお婆さんが幽霊だったと知ったのは、10年近く経ってからの事だった…。

関連記事

森(フリー写真)

色彩の失われた世界

俺がまだ子供の頃、家の近所には深い森があった。森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、畦道の脇にはクヌギやクリの木に混ざって、卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。 …

桜の木(フリー素材)

タイムカプセルの手紙

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

祖母のしたこと

私の一番古い記憶は3歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…