NO BADY

大学校舎(フリー写真)

二ヶ月ほど前に体験した話です。

もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。

朝、起きたのが10時だった。

『もう、10時か…』

大学は9時半から始まるのだが、いつも少し遅刻して行く自分は焦ることは無かった。

ちなみに、俺の家から大学までは3分ほどで着く距離。

朝の朝食(前日の残り物)を食べてからダラダラと支度をしていたので、結局大学に着いたのが10時24分。

大学の中には人が全く居なかった。

と言うかゼロの状態。

自分は、

『皆んな、授業にちゃんと出ていて偉いな』

そんなことを思っていた。

自分は教室へ向かった。

教室に着き、中に入ってみると誰も居ない。

『あれ? もしかして教室間違えた?』

と思い紙で確認したら、やはり今日の講義がある教室。

おかしいなと思い部屋を出ようとした瞬間、携帯が鳴った。

ここからが最も不思議なことなのだけど、その発信者の表示が

『NO BODY』

と英字で書かれていたのよ。

こんな英字は登録していない限り、絶対に表示されませんよね?

俺はこの時、何を思ったか電話に出てしまった。

「はい、もしも…」

と言った瞬間、

「お前、何でここに居るんだ!!」

おっさんの声だった。

「あなた誰です?」

「そんなことはどうでも良い!!どうやってここに入って来た!!」

「はい? あなた、何を言っているんですか?」

「外を見てみろ!」

「いたずら電話は止めてください!!」

と言い、俺は電話を切った。

でも少し気になって、教室のベランダ(2階)から外を見てみた。

すると、教室から大学の校庭が見える。

その中央におっさんが立っているのが見えた。

よくよく見ると、携帯電話らしきものを耳に当てているのが見えた。

俺がマジマジとおっさんらしき人物を見ていると、おっさんが俺の方に顔をゆっくり移動させた。

『ヤバイ!!』

俺はそう直感した。

すると、おっさんはポケットに手を入れたんだ。

俺は何か解らないが危険であると察知し、ベランダからダッシュして教室から出た。

その瞬間、体が伸びるような、初めての感覚に襲われた。

『な、何だ!!』

と思っていると、目が覚めた。

俺は自分の部屋で寝ていた。

時刻は8時丁度だった。

『不思議な夢を見たな…』

そう思いながら大学の準備をしていると、ある異変に気付いた。

冷蔵庫を開けると、前日の夕飯の残り物が無かった。

台所にはその食器だけが置いてあった。

俺は、今でも思う。

あの時見たおっさんは、時の番人ではないのか?

ちなみに、おっさんの声も姿も一切覚えていない。

でも、おっさんだという感覚だけは覚えている。

何故かは解らないが…。

関連記事

田舎の風景(フリー素材)

サ○○

20年程前の実話です。私の実家のある山間の小さな村で起きた、少し気味の悪い出来事。実家の近くの山中に○○○○苑という精神薄弱者の施設があるのですが、そこの生徒が偶に脱走…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

もう5、6年前かな?確か秋も過ぎて12月だかそんくらいの時期。前日に早く寝たから、その日はやたらと早く目が覚めたのよ。だいたい日の出の直後くらいだったと思う。起きたとい…

通学路(フリー背景素材)

ループする道

20年近く前の話になります。当時、私は小学4年生でした。近所の公園にとても変わったすり鉢状の滑り台があり、小学生には大人気でした。学校が終わってすぐに行かないと、取り合…

山道(フリー素材)

異界の神社

夏の時期に自分が体験した、不思議で気味の悪い話。21歳の時だから3年前の夏。確か8月の二週目だった。上京して大学に通っていた俺は、夏休みを利用して実家に里帰りしていた。…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

秘密

小学四年生の時の話。当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。既に高…

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。する…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。仲間内で電車…

すたかという駅

京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝過ごして、起きたらちょうどドアが閉まって長岡京を出発するところだった。仕方がないので折り返そうと次の駅で他の数人と…