NO BADY

大学校舎(フリー写真)

二ヶ月ほど前に体験した話です。

もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。

朝、起きたのが10時だった。

『もう、10時か…』

大学は9時半から始まるのだが、いつも少し遅刻して行く自分は焦ることは無かった。

ちなみに、俺の家から大学までは3分ほどで着く距離。

朝の朝食(前日の残り物)を食べてからダラダラと支度をしていたので、結局大学に着いたのが10時24分。

大学の中には人が全く居なかった。

と言うかゼロの状態。

自分は、

『皆んな、授業にちゃんと出ていて偉いな』

そんなことを思っていた。

自分は教室へ向かった。

教室に着き、中に入ってみると誰も居ない。

『あれ? もしかして教室間違えた?』

と思い紙で確認したら、やはり今日の講義がある教室。

おかしいなと思い部屋を出ようとした瞬間、携帯が鳴った。

ここからが最も不思議なことなのだけど、その発信者の表示が

『NO BODY』

と英字で書かれていたのよ。

こんな英字は登録していない限り、絶対に表示されませんよね?

俺はこの時、何を思ったか電話に出てしまった。

「はい、もしも…」

と言った瞬間、

「お前、何でここに居るんだ!!」

おっさんの声だった。

「あなた誰です?」

「そんなことはどうでも良い!!どうやってここに入って来た!!」

「はい? あなた、何を言っているんですか?」

「外を見てみろ!」

「いたずら電話は止めてください!!」

と言い、俺は電話を切った。

でも少し気になって、教室のベランダ(2階)から外を見てみた。

すると、教室から大学の校庭が見える。

その中央におっさんが立っているのが見えた。

よくよく見ると、携帯電話らしきものを耳に当てているのが見えた。

俺がマジマジとおっさんらしき人物を見ていると、おっさんが俺の方に顔をゆっくり移動させた。

『ヤバイ!!』

俺はそう直感した。

すると、おっさんはポケットに手を入れたんだ。

俺は何か解らないが危険であると察知し、ベランダからダッシュして教室から出た。

その瞬間、体が伸びるような、初めての感覚に襲われた。

『な、何だ!!』

と思っていると、目が覚めた。

俺は自分の部屋で寝ていた。

時刻は8時丁度だった。

『不思議な夢を見たな…』

そう思いながら大学の準備をしていると、ある異変に気付いた。

冷蔵庫を開けると、前日の夕飯の残り物が無かった。

台所にはその食器だけが置いてあった。

俺は、今でも思う。

あの時見たおっさんは、時の番人ではないのか?

ちなみに、おっさんの声も姿も一切覚えていない。

でも、おっさんだという感覚だけは覚えている。

何故かは解らないが…。

関連記事

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。 陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。 そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。 私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。 ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。 何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。 で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…

夜の校舎

あんたがたどこさ

深夜23時。僕と友人のKは、今はもう使われていない、とある山奥の小学校にいた。 校庭のグラウンドには雑草が生え、赤錆びた鉄棒やジャングルジム、シーソーがある。 現在は危険と…

昭和のような町並みの異世界

田舎の高校に通っていた高1の夏休みの時の話をします。 部活が20時に終わり、その後23時くらいまで部室で怖い話をしていた。 さすがに遅くなったから帰るかという事になり、家が…

迷い道

昔、某電機機器メーカーの工場で派遣社員として働いていた時の話。 三交代で働いていて、後一ヶ月で契約が切れる予定で、その週は準夜勤(17:00~0:30)でした。 当時は運転…

通学路(フリー背景素材)

ループする道

20年近く前の話になります。当時、私は小学4年生でした。 近所の公園にとても変わったすり鉢状の滑り台があり、小学生には大人気でした。 学校が終わってすぐに行かないと、取り合…

普通の子に戻れた日

小さい頃、私は知的障碍を持っていると思われていました。 言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。 …

ちょっとだけ異空間に行った話

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。 就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。 降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌…

休日の商店街(フリー写真)

グレーの夕陽

8歳くらいの頃に体験した話。 俺の家は商店街の魚屋で、年中無休で営業していた。 その日は目覚めたら家に誰も居らず、店を閉めている訳でもないのに本当に誰も居ない。 俺は…