NO BADY

大学校舎(フリー写真)

二ヶ月ほど前に体験した話です。

もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。

朝、起きたのが10時だった。

『もう、10時か…』

大学は9時半から始まるのだが、いつも少し遅刻して行く自分は焦ることは無かった。

ちなみに、俺の家から大学までは3分ほどで着く距離。

朝の朝食(前日の残り物)を食べてからダラダラと支度をしていたので、結局大学に着いたのが10時24分。

大学の中には人が全く居なかった。

と言うかゼロの状態。

自分は、

『皆んな、授業にちゃんと出ていて偉いな』

そんなことを思っていた。

自分は教室へ向かった。

教室に着き、中に入ってみると誰も居ない。

『あれ? もしかして教室間違えた?』

と思い紙で確認したら、やはり今日の講義がある教室。

おかしいなと思い部屋を出ようとした瞬間、携帯が鳴った。

ここからが最も不思議なことなのだけど、その発信者の表示が

『NO BODY』

と英字で書かれていたのよ。

こんな英字は登録していない限り、絶対に表示されませんよね?

俺はこの時、何を思ったか電話に出てしまった。

「はい、もしも…」

と言った瞬間、

「お前、何でここに居るんだ!!」

おっさんの声だった。

「あなた誰です?」

「そんなことはどうでも良い!!どうやってここに入って来た!!」

「はい? あなた、何を言っているんですか?」

「外を見てみろ!」

「いたずら電話は止めてください!!」

と言い、俺は電話を切った。

でも少し気になって、教室のベランダ(2階)から外を見てみた。

すると、教室から大学の校庭が見える。

その中央におっさんが立っているのが見えた。

よくよく見ると、携帯電話らしきものを耳に当てているのが見えた。

俺がマジマジとおっさんらしき人物を見ていると、おっさんが俺の方に顔をゆっくり移動させた。

『ヤバイ!!』

俺はそう直感した。

すると、おっさんはポケットに手を入れたんだ。

俺は何か解らないが危険であると察知し、ベランダからダッシュして教室から出た。

その瞬間、体が伸びるような、初めての感覚に襲われた。

『な、何だ!!』

と思っていると、目が覚めた。

俺は自分の部屋で寝ていた。

時刻は8時丁度だった。

『不思議な夢を見たな…』

そう思いながら大学の準備をしていると、ある異変に気付いた。

冷蔵庫を開けると、前日の夕飯の残り物が無かった。

台所にはその食器だけが置いてあった。

俺は、今でも思う。

あの時見たおっさんは、時の番人ではないのか?

ちなみに、おっさんの声も姿も一切覚えていない。

でも、おっさんだという感覚だけは覚えている。

何故かは解らないが…。

関連記事

10の14乗分の1

人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました?10の14乗分の1くらいの確率で。細胞を形成している素粒子に透過性があるかららしい。たまたまこないだテレビで見て…

体育館(フリー写真)

異世界の体育館

中学一年の夏休み、部活で合宿に行った。合宿所の体育館で遅くまで練習した後、三年の先輩に付き合ってもらって練習していた。フローターは同級生で一番最初に打てるようになったの…

アクァッホ(長編)

多分信じてもらえることはないだろうから、そういう創作物として見てくれれば幸い。まず交流に使った方法はチャネリング(日本でいうところの口寄せの術)。たまたま適当にネット漁…

エレベーター

今から5年前、渋谷のとある会社に勤めていた時の体験。深夜残業になり、夜中まで仕事をしてた。事務所は6階建ての雑居ビルの4階で、深夜になると非常階段は閉められてエレベーター以外降…

デパート(フリー素材)

異世界のデパート

小さい頃、婆ちゃんの家にあるタンスに入ると変な町に行けた。タンスの中に吊ってある服の奥にどんどん進んで行くと、デパートの洋服売り場のような場所に出た。また商品の服の中に入ると婆…

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

夜の校舎

あんたがたどこさ

深夜23時。僕と友人のKは、今はもう使われていない、とある山奥の小学校にいた。校庭のグラウンドには雑草が生え、赤錆びた鉄棒やジャングルジム、シーソーがある。現在は危険と…

宇宙は数字でできている(長編)

不思議な体験をした。簡単に説明すれば、幽体離脱をして宇宙を覗いたら、螺旋状に永遠に伸びる、うねうねとした膨大なカラフルな数字から成る道を高速スピードで飛んでいた。あまり…

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。みんな30代半ばになり、子…