何も無い空間

ビル(フリー写真)

俺が建設業の見習いをしていた2、3年前の体験です。

その年の夏は滅茶苦茶暑くて、その日は特に忙しかった。現場は既設ビル内。

何とか定時までに終わらせなければならず、上の人に次々と作業を指示されたり道具を運ばされたりして、テンパりまくっていた。

俺も少しでも早く終わらせることに集中し、その辺に体をぶつけて血が出ていても気にしなかった程。休憩も無し。

一つ一つ作業を熟して行くことに、テンパりながらも高揚感を覚えていた。

上の人も流石プロの早さで、それを見て勉強しながら作業をしていた。

昼過ぎに材料が足りなくなり、作業が中断した。

「ちょっと車に探しに行ってくるわ。待ってて」

「はい」

膝を付いた状態で、廊下でふう…と一息吐いた。その時、

『…あれ!?』

気が付くと、ビル内がやけに静かだ。

さっきまでサラリーマンやOLさん達が、事ある毎に廊下を行き来していたのに、その気配が無くなっている。

建物が機能しているという証拠である、色々な機能音も無くなっていた。

自分の耳鳴りと、速く脈打つ鼓動すら聞こえる。

これを読んでいる方も、夜中に外を歩いていたら偶に遭遇する、全くの無音になる瞬間を経験したことはないだろうか?

唐突なその感覚に気味が悪くなり、大き目の声で上司を呼んだが、もちろん返事は無し。

車が道路を走る音もしない。街はどうなっている?

俺は走り出し、廊下の突き当たりにある狭い窓から街を見下ろした(自分は3階に居た)。

街は俺が居るビルを残し、何も無い空間になっていた(今思えば、あの空間は『時空のおっさん』関連の話にある校庭だったのかもしれない。窓からは視界が狭く、それほど見渡せなかった)。

遠目に見ると、背格好がやっと判るくらいの距離に、誰かがぽつんと立っていた。

おっさんだった。

こちらを見ていた。俺をジーッ…と睨み付けている気がした。

俺は驚いて窓を開け、何か言おうとしたら、その人は途轍もなく大きな声で

「どこから来た!?」

と言った。

疑問形だが、その声は初めから答えなど求めていない風だった。

呆気に取られていると、続いて

「戻りたいならじぶ」

「ドサッ!!!」

次の瞬間にハッと気付くと、膝を付いている俺の目の前に書類やファイルの山。それから女性の脚。

世界は元に戻っていた。様々な音とざわめき。

「すみません!」

OLさんがファイルを落としたようだ。

どうやら、ドアを開けたら傍らに道具が散らかっていたり、俺が座っていて驚いたようだ。

こちらも謝り、ファイルを拾うのを手伝いながら、その沈黙の世界の現実感に

『今のは…夢じゃない?』

などと思っていたけど、そのOLさんがやけに可愛く、作業員の俺にも丁寧な言葉遣いで

「凄い重装備ですね」

などと笑顔で労ってくれたりしたから、すっかり見惚れていた。

そうしている内に上司も戻って来て、仕事が再開した。

ゆっくり考えるのは帰路に着いてからだった。

『戻りたいならじぶ』

までしか聞き取れなかったおっさんの言葉。

じぶ…自分? 自分で何とかしろと?

ちなみに、俺は携帯を持っていました。

『時空のおっさん』関連の話にあるような、おっさんが携帯のようなものを手にする仕草をしていたかどうかは分かりません。

顔も覚えていません。と言うか、遠くて見えませんでした。

ただ、中年の男性ということだけは確信があります。

今思えば、あのOLさんに救われたのかな。

『彼女の持つエネルギーが引き戻してくれた?』などと俺は思っています。

そのビルにはその後も二度ほど行ったけど、その子が勤める三階に用事は無く、同じような体験もありませんでした。

関連記事

ワープ

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)のお話。Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので一番に教室に駆け込んで行…

縁側(フリー写真)

田舎にワープ

自分でも今だに信じられない話。俺が小学二年生の夏の話。弟と兄弟喧嘩をした時、両親は理由も聞かず、長男だからという理由で俺だけを叱った。正座させられた俺に、両親の後ろに回…

竹下通りの裏路地

今から5年前、当時付き合っていた彼女と竹下通りへ買い物に出掛けました。祭日だったと記憶しています。どこを見ても若者だらけで、快晴の空の下、人混みを避けながら買い物を楽しんでいま…

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

時計(フリー素材)

巻き戻った時間

子供というのは錯乱すると、訳の解らない行動をしてしまうものだよな。子供の頃、俺に起こった不可思議なお話。 ※ 当時は5月の節句で、俺のために親が飾ってくれた兜と小刀が居間に…

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…

教室(フリー素材)

消えた同級生

小学2年生の時の話。俺はその日、学校帰りに同じクラスのS君と遊んでいた。そのS君とは特別仲が良い訳ではなかったけど、何回かは彼の家にも遊びに行ったし、俺の家に招いたこと…

住宅街(フリー素材)

入れ替わった兄

小学校に上がる前だと思う。ある朝、目を覚ますと隣で寝ている兄以外、家の中に人の気配が無かった。家中を見て回るが、誰も居ない。不安になって兄を起こそうと声を掛け、…

迷い道

昔、某電機機器メーカーの工場で派遣社員として働いていた時の話。三交代で働いていて、後一ヶ月で契約が切れる予定で、その週は準夜勤(17:00~0:30)でした。当時は運転…

通学路(フリー背景素材)

ループする道

20年近く前の話になります。当時、私は小学4年生でした。近所の公園にとても変わったすり鉢状の滑り台があり、小学生には大人気でした。学校が終わってすぐに行かないと、取り合…