やっかい箪笥

公開日: 田舎にまつわる怖い話

山里(フリー写真)

小学校低学年の頃に体験した話。

子供の頃の記憶がはっきりしている自分にしてはおぼろげな記憶なので、一部夢と混ざっているのではないかと思いつつ、なるべく鮮明に憶えているところを。

病弱な姉は多少元気にはなったものの虚弱だったため、夏休みの間は虚弱児のための病院施設のような所に、親と一緒に通っていた。

その期間、やんちゃで遊びたい盛りの自分は、母方の実家に預けられていた。

ある夏、そこに祖父母の親戚という人が来て、

「うちに泊まりにおいで」

と言われ、物怖じしない性分の自分はあっさりと付いて行った。

その人たちは、父母より少し年上の40~50代の人達だった。

元々山奥の祖父母の家から更に山を二つ超え、数軒のわらぶき屋根が建つ集落に着いた(母の実家の辺りでは珍しくない風景だった)。

途中、ダムの近くを通ったので、今でも大体の場所は分かると思う。

そこは子供のいない家で、山肌に沿ったような所なのに、わざわざ離れがある。

そこには、祖父母よりもかなり歳を取ったおばあさんがいた。

親戚夫婦は、その人を『きっくいさん』と呼んでいた。

変なところに撥音が入る地方なので、喜久井さんか菊井さんだと思う。

きっくいさんの部屋には色々な物があって、子供心にとても楽しかった。

市松人形や、手毬、古民具、小さな箪笥などが沢山あった。

親戚夫婦は「おいでおいで」と自分を連れて来た割には放置気味で、日中は殆ど畑か山仕事をしていた。

今思うと、目が見えないきっくいさんの遊び相手に連れて行かれたのだと思う。

きっくいさんは穏やかな老婆で、色々な面白い民話のような話を聞かせてくれた。

たぬきに騙されて、川の淵を風呂だと思って入り風邪をひいた男の話や、近くにある名勝の有名な岩の故事など。

部屋の中の物は何で遊んでも怒られなかったので、珍しい物で散々遊んだ。

木馬やシーソーみたいな物もあったと思う。

中でも奇妙だったのが、床の間に置かれた、沢山の小さな箪笥。

あちこち押したり引いたり小さな棒で突いたりすると、からくりが働いて引き出しが開くようになっていた。

大きさは、当時の自分の頭くらいだったと思う。

良い香りがして、開くと香袋のようなものが入っていた。

きっくいさんは『やっかい箪笥』と呼んでいた。

中に入っていた香袋は、きっくいさんが上手に作っていた。

目が見えないはずなのにとても手際が良かったので、不思議でずっと見ていた。

匂いからして、茶葉やヨモギ、肉桂の類が入っていたと思う。

ところが、そのやっかい箪笥で遊んだことを親戚夫婦に言うと凄く怒って、きっくいさんに

「子供の遊ぶものではなかろうが!」

と怒鳴っていた。

普段はきっくいさんに敬語で話していたので、とてもびっくりした。

きっくいさんは「中身は無いから大丈夫」と言っていたけど、香袋が10個くらい入っていたので怪訝に思った。

でも、言ったらもっときっくいさんが怒られると思ったので、言わなかった。とてもドキドキした。

その後、きっくいさんがやっかい箪笥の昔話をしてくれた。

昔、この辺りに東から鬼がやって来て、女子供を取って食っていた。

食べられた人の魂はやっかい箪笥に逃げ込んだので、魂は食われなかった。

ある日、この村の妊婦が鬼に食われそうになったけど、とんちで鬼を騙して逆に鬼を食べてしまった。

やっかいな鬼を食べ、自分とお腹の子供を守ったということで、妊婦は村中から褒められた。

ところが、やっかい箪笥に入った魂は、鬼がいなくなったことが理解できず、ずっとやっかい箪笥に篭ったまま成仏しなかった。

毎晩毎晩、家族や親類の枕元に立って泣き言を言うので、村人は閉口した。

ここから先のオチを聞いたと思うのだけど、何故か覚えていない。

ただ、鬼に食われた人の魂が入っていたと言われたので、急に気持ちが悪くなって、その日以降はやっかい箪笥で遊ばなくなった。

祖父母はとうに亡くなり、母に聞いても

「その親戚のことは知らない」

と言っていた。

祖父母どちらのお葬式にも、その親戚夫婦は来ていなかったと思う。

きっくいさんについては、中学生の頃に祖父母に聞いたところ『拝み屋さん(うせ物などを見つけてくれる)』だと言っていたので、完全な夢ではなく実在していたと思う。

年齢からして、既に過去の人だとは思うけれど。

数年前、恋人と一緒にその辺りをドライブした。

急に懐かしくなり、覚えのある方に車を走らせてみたけれど、途中で見た覚えのあるダムの辺りが前年の台風で土砂崩れを起こしていて、通行止めの看板が立っていた。

今でも集落があるなら、道がそのままということはないと思うので、もう誰も住んでいないのだろうと思う。

関連記事

田舎の風景(フリー素材)

シンジラ様の歯

夏休みに婆ちゃんの家に遊びに行き、従兄弟とその友達と遊んでいた時の話。 婆ちゃんの家の近くの山には「シンジラ様」という神様が居るらしく、月に一回シンジラ様にお供え物をしなければな…

森(フリー写真)

色彩の失われた世界

俺がまだ子供の頃、家の近所には深い森があった。 森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、畦道の脇にはクヌギやクリの木に混ざって、卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。 …

夜の山道

ヤマメ

あれは母の実家から帰る途中での出来事。 母の実家はG県の田舎で、夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。 お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。 小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。 雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

山(フリー写真)

山の掟

親父から聞いた話。 今から30年程前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。 山の中に作った炭窯でクヌギやスギの炭を焼く。 焼きに掛かると足かけ4日にもなる作業の間、釜の側…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。 幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。 疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。 その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。 すると田んぼの中に、…

海の夕焼け(フリー写真)

注連縄

俺は神戸に住んでいるのだけど、子供の頃はよく親父の実家である島根の漁師町へ遊びに行っていた。 9歳の夏休みも、親父の実家で過ごした。 そこではいつも友達になったAと遊びまく…

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。 一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …