ふだらく様

夜の海(フリー写真)

自分は子どもの頃から大学に入るまでずっと浜で育ったのだけど、海辺ならではの不思議な話が色々あった。

自分の家はその界隈で一件だけ漁師ではなく、親父は市役所の勤め人だった。

砂浜があって、国道があり、その後ろはすぐ山になっている。その山の斜面にぽつんぽつんと家が建っていて、浜に漁のための小屋があるような所。

自分が小学校の頃までは、8月の最初の週、7日の日までは漁師は漁に出ちゃいけないことになっていて、特に7日の晩から朝までは、子どもは家の外へも出ちゃいけないことになっていた。

何でも、沖に『ふだらく様』の舟が来て、外に出ている子どもは引かれてしまうらしい。

こういうのは神隠しとか、普通は女の子が危ないんじゃないかと思うけど、特に本家筋の跡取りの男の子などが危ない、という話だった。

大人達は集落の公民館に集まって朝まで酒を飲むし、漁師だから喧嘩もする。

夏休み中の子どもは家でおはぎを食べて早く寝る、というだけの日なんだ。

ただそんな日でも、国道は少ないながらも時偶は車が通っている訳だし、時代の流れで世の中が合理的になったのか、自分が中学校になる頃には行われなくなった。

それでもやはり、8月7日前後は海で遊んじゃいけないとは言われていたのだけど…。

中学2年生の8月6日の日の朝に浜に出て、水死体を発見した。

岩場になっている所を歩いていて、外国のブイなんかの漂着物を探していたら、海中2メートルくらいの所に人のお尻が見える。慌てて大人を呼んだ。

引き上げられたのは、近くに帰省していた大学生だった。

波で海パンが脱げ、頭を下にして沈んでいた。

その前日の午後には亡くなってたのだろうと、来た警察の人が言っていた。

自分がまだ当時健在だった爺ちゃんに、『ふだらく様』と水死した人は何か関係があるのか聞くと、

「関係あるかもしれないね、ふだらく様は男が好きだから」

という話。

その出来事で、自分は子どもながらも凄くショックを受けたのだけど、次の日が8月7日で本来の忌み日。

ちょうどテレビで怪談特集などがやっていて、自分は見ないで早く寝た。

しかし早く寝過ぎて、夜中の2時過ぎ頃トイレに起きてしまった。

その頃は実家も改築する前で、家の外にボットントイレがある状態。

トイレは山側なので浜を見ることはないけど、まだ暗い夏の闇の中を裏戸から出て歩いていると、沖の方から「ドン、ドン」と太鼓を叩くような音が微かに聞こえてくる。

自分はその時『これはふだらく様だから見に行っちゃいけない』と思った。

そう思ったけど、自分は馬鹿だから見に行ってしまったんだよ。

そしたら、国道を挟んで沖の方に、板屋根の付いた昔の小さな舟が浮かんでいる。距離感がよく分からない。

本来沖は真っ暗で見えるはずがないのだけど、赤い光がその舟を包んだようになっているから見えるんだな。

沖は波が荒いのか舟は上下に浮き沈みしていて、よく見ると舟には何本か鳥居が付いている。

太鼓の音も小さく聞こえていて、自分を呼んでいるような気がする。

暫く見ている内にボーっとしてきて、浜の方に歩き出そうとした。

その時、国道を大きな音を立てて大型トラックが通り、目が覚めたようになった。

もう一度見たら沖の舟は消えていた。

関連記事

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。 放課後にそこでオヤツを食べた…

クシャタ様

4月の中旬頃、高校の時の男友達から電話があり、二人で飲むことになったんです。 高校の時はそれなりに仲が良かったのですが、大学に進学してからは会うこともなくなり、話すのは2年ぶりで…

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。 俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。 そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。 バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。 学…

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。 店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。 『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』 その一心だけで走った。 途中でカメラ屋に寄り現像を依…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。 田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。 本命は猪なんだけど、…

小屋の二階

俺がまだ大学生だった頃、サークルの仲間と旅行に行った。 メンバーの殆どが貧乏学生だったので、友達に聞いた安い民宿で泊まることにした。 民宿のすぐ隣に古い小屋みたいな建物が建…

アマヒメ様

その山村には、奇妙な言い伝えがあった。 寛政年間(18世紀終盤)のある年、雲一つ無いよく晴れ渡った空から、にわかに雨が降った。 おかしな事もあるものだと村人が空を見上げてい…