ふだらく様

夜の海(フリー写真)

自分は子どもの頃から大学に入るまでずっと浜で育ったのだけど、海辺ならではの不思議な話が色々あった。

自分の家はその界隈で一件だけ漁師ではなく、親父は市役所の勤め人だった。

砂浜があって、国道があり、その後ろはすぐ山になっている。その山の斜面にぽつんぽつんと家が建っていて、浜に漁のための小屋があるような所。

自分が小学校の頃までは、8月の最初の週、7日の日までは漁師は漁に出ちゃいけないことになっていて、特に7日の晩から朝までは、子どもは家の外へも出ちゃいけないことになっていた。

何でも、沖に『ふだらく様』の舟が来て、外に出ている子どもは引かれてしまうらしい。

こういうのは神隠しとか、普通は女の子が危ないんじゃないかと思うけど、特に本家筋の跡取りの男の子などが危ない、という話だった。

大人達は集落の公民館に集まって朝まで酒を飲むし、漁師だから喧嘩もする。

夏休み中の子どもは家でおはぎを食べて早く寝る、というだけの日なんだ。

ただそんな日でも、国道は少ないながらも時偶は車が通っている訳だし、時代の流れで世の中が合理的になったのか、自分が中学校になる頃には行われなくなった。

それでもやはり、8月7日前後は海で遊んじゃいけないとは言われていたのだけど…。

中学2年生の8月6日の日の朝に浜に出て、水死体を発見した。

岩場になっている所を歩いていて、外国のブイなんかの漂着物を探していたら、海中2メートルくらいの所に人のお尻が見える。慌てて大人を呼んだ。

引き上げられたのは、近くに帰省していた大学生だった。

波で海パンが脱げ、頭を下にして沈んでいた。

その前日の午後には亡くなってたのだろうと、来た警察の人が言っていた。

自分がまだ当時健在だった爺ちゃんに、『ふだらく様』と水死した人は何か関係があるのか聞くと、

「関係あるかもしれないね、ふだらく様は男が好きだから」

という話。

その出来事で、自分は子どもながらも凄くショックを受けたのだけど、次の日が8月7日で本来の忌み日。

ちょうどテレビで怪談特集などがやっていて、自分は見ないで早く寝た。

しかし早く寝過ぎて、夜中の2時過ぎ頃トイレに起きてしまった。

その頃は実家も改築する前で、家の外にボットントイレがある状態。

トイレは山側なので浜を見ることはないけど、まだ暗い夏の闇の中を裏戸から出て歩いていると、沖の方から「ドン、ドン」と太鼓を叩くような音が微かに聞こえてくる。

自分はその時『これはふだらく様だから見に行っちゃいけない』と思った。

そう思ったけど、自分は馬鹿だから見に行ってしまったんだよ。

そしたら、国道を挟んで沖の方に、板屋根の付いた昔の小さな舟が浮かんでいる。距離感がよく分からない。

本来沖は真っ暗で見えるはずがないのだけど、赤い光がその舟を包んだようになっているから見えるんだな。

沖は波が荒いのか舟は上下に浮き沈みしていて、よく見ると舟には何本か鳥居が付いている。

太鼓の音も小さく聞こえていて、自分を呼んでいるような気がする。

暫く見ている内にボーっとしてきて、浜の方に歩き出そうとした。

その時、国道を大きな音を立てて大型トラックが通り、目が覚めたようになった。

もう一度見たら沖の舟は消えていた。

関連記事

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…

ヒッチハイク(長編)

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したものの、就職も決まっていない有様だった。昔から追い詰められないと動かないタイプで、「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞か…

結婚指輪(フリー写真)

ムサカリ

俺は今は大きなデザイン事務所に勤めているのだけど、専門学校を出て暫くは、学校から勧められた冠婚葬祭会社で写真加工のバイトをしていた。葬式の場合は遺影用としてスナップから顔をスキ…

抽象的(フリー素材)

ムシャクル様

前職が前職だったので、不思議な話を聞く機会はそれなりにあった。老若男女問わず、「こんなことがあったんだが、何もしなくて大丈夫か」「あれは一体何だったのか」などを寺に尋ねに来る人…

柿の木(フリー写真)

木守り

皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、取り入れずに残した実のことを木守り(きまもり)と呼びます。 …

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

邪視(長編)

これは俺が14歳の時の話だ。冬休みに、N県にある叔父(当時まだ30代)の別荘に遊びに行く事になった。本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。小…

渦人形(長編)

高校の頃の話。高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。現地はかなり良い場所で、周囲には500~700メートルほど離れた場所に、観光地の…

田舎の風景(フリー写真)

生贄の風習

俺の親父の実家がある村の話。父親の実家は、周囲を山にぐるっと囲まれた漁村だ(もう合併して村ではないが)。元の起源は、落ち延びた平家の人間たちが隠れ住んだ場所で、それが段…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…