モニターに映る影

夜のビル群(フリー写真)

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。

常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。

故に深夜ビル内の巡回や、駐車場の巡回などもやるんだけどね。必ず決まった時間に発報するパッシブセンサー(人影などで反応するもの)があるのよ。

まあ、先輩や隊長から

「あのパッシブはオカルト発報だから」

と聞いていたから、特に気にしてはいなかった。

でもね、発報があれば一応行かなきゃいけないのが警備員だからさ、一応行くんだよ。6階にね。

あの日も毎度の事ながら発報したのだが、俺はその時、駐車場の巡回をしていたんだよ。

無線で、

「また発報したよ。外から何か見える?」

と言われたからさ、

「見て来ます」

と言って、ビルの表に回って6階を見上げたんだよ。

外から見て初めて気付いたんだけど、6階のパッシブセンサーのある辺りが青く光っている。

凄くビビって、無線で

「6階パッシブセンサー近辺で光を見た!急行求む!」

と連絡してから、防災センターへダッシュで戻ったんだわ。

防災センターへ戻り、各階のエレベーターホールや各フロアのモニターを確認していたら…。

6階に急行した先輩の後ろを、何か青い輪郭の影のようなものが付いて行っている。

先輩に無線で、

「先輩の後ろに何か居ます!」

と言ったのだけど、無線が届いていないのか、全然気にせず歩いている先輩…。

でもモニターに映る影は、先輩の後ろをずっと付いて行くんだよ。怖くてさ…。

暫く経って先輩が戻って来たから経緯を話したのだけど…先輩から信じられない話を聞いたんだ。

先輩「いつものことだと思って、6階に行かずにトイレ行って来た」

俺「えっ? だってモニターに先輩が映ってましたから!マジで影が居たんです!」

先輩「そんじゃモニターの録画見てみようぜ(笑)」

なんて余裕をかましていたから、少し腹が立って録画を見たんだよ。

そこに映っていた警備員は、よく見たら先輩ではなく…俺だった。

もう訳が解らなくて、あの当時はもう6階へ行くのが怖くなってしまった。

関連記事

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…

カーテン(フリー素材)

宗教施設での心霊体験

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。宿泊施設なので管理人と世話…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。それにまつわるお話です…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。1993年より体操のお兄さんと…

箪笥(フリー写真)

形見の箪笥

高校時代の英語教師に聞いた話。解り易い授業と淡々としたユーモアが売りで、あまり生徒と馴れ合う事は無いけれど、なかなか人気のある先生でした。 ※ 昔、奥さんが死んだ時(話の枕…

お稲荷さん

10年程前、父の田舎へ行きました。N県の山中です。夜は従兄弟達とお約束で怖い話になりました。そろそろネタも尽きてきた従兄弟のお兄ちゃんに、私がもっともっととせがむと、「実はお隣…

ホテル(フリー素材)

鶯谷のホテル

これは実際に体験した不思議な話です。皆さん、鶯谷をご存知でしょうか?山手線沿線でありながら最も人気の無いエリア。江戸時代にあった遊郭が今も尚息づくソープランド街「吉原」…

公園の違和感

夜遅くの帰り道、公園の横を通った。遠くから歩きながら公園の方を見ると、なんか違和感がある。近づいていくと、違和感の正体が分かった。電信柱の長さが違う。一方の電信柱の上に、髪が長…

OK

小学生の頃、学校でコックリさんをやりました。当時は人面犬や口裂け女など怪しい噂のブーム再燃と言った感じで、TVはもちろん、コロコロコミックなどの児童雑誌でも怪談話が山のように掲…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…