お通夜の日

lucid-dream-taylan-soyturk

おじいちゃんのお通夜の日の話です

当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。

それでちょっと眠くなってきた頃にドアがノックされて

「おい、○○(俺の名前)そろそろお坊さんが来るから、こっち来とき」

と父に呼ばれ、おじいちゃんの遺体がある部屋に行きました。

部屋に行って、みんなでおじいちゃんの遺体を囲んで、お坊さんが来るのを待ってたんですけど、俺がよそ見をしてた間におじいちゃんが生き返ったんです!マジで!

普通に「あー、よう寝た」とか言いながら目を覚ましたみたいな感じで。

それで、みんな怖がるとかじゃなくて、感動して喜んでたんですけど、誰かが「オイ!遺影とか隠せ!」って言ったんです。

俺は一瞬意味が分からなかったんだけど、多分そういう葬式とかに関係あるものを見たら気づいて、おじいちゃんがショック死するからかなあ、とか思いながら俺も手伝って、大きい花みたいなのを隠してました。

でも蘇ったおじいちゃんは異常にに力が強くて、父を力づくでどかせて、父が隠してた祭壇を見つけたんです。おじいちゃんはそれを見て、

「うわ、今日誰かの葬式か何かか? こういうのを乱暴に扱ったらあかんやろが」とか言いながら、祭壇を整えてたんですけど、そのうち自分の遺影を見つけて「あ、わし、死んだんか。そうか」とか言い残してまた死んでしまいました。

それから俺はまた部屋に戻ってまったりとしてたんですけど、じきにまた父が呼びに来て遺体のある部屋に行ってみたら、もう祭壇とかを片付け始めている。

俺は不思議に思いながらも片付けを手伝っていたんですが、片付けている時に父とか母とかは違う部屋に行ってて、そのおじいちゃんの遺体がある部屋には俺一人だったので、おじいちゃんの遺体と二人っきりになった瞬間があったんですね。

そして、俺がまたおじいちゃんの遺体から目を離してる隙にまた生き返ったんです、おじいちゃんが!

でも今度は前とは違って明らかに様子がおかしくて、なんか映画のゾンビのように、奇声を発しながら暴れまわってるんですよ!

それでおじいちゃんが外に出ようとしてるので、俺はそれを必死で止めてたんです。

そして、おじいちゃんに「おじいちゃんは死んだんやで!もう気づいて!」と言ったところで俺はある事に気づきました。

俺は高2の男なんかじゃない、俺自身が今目の前にいるこの老人なんや。わしは死んだんか? これは夢か?

と思ったところで目が覚めました。ああ、まだわしは死んでない。でも、最後に嫁はんや孫の顔でも見とくか、と思ったんだけど、目も開かないし、体も動かない。

そうか、やっぱりもうわしは死んでんのか。周りからは皆の泣いている声が聞こえる。

というような夢を一昨日見ました。

オチが洒落になってなくてめちゃくちゃ怖かったです。この直後に目が覚めたんですけど。

関連記事

田畑(フリー写真)

尻切れ馬

これは大学生の頃、年末に帰省した時の体験談です。私の地元はそこそこの田舎で、駅付近こそビルが多く立ち並んでおりますが、少し離れると田畑が多く広がっています。私の実家も田…

ウサギ

ウサギの墓

小学校の頃、自分は飼育委員をしていた。学校には鶏とウサギと亀がいて、それらの餌やりや小屋の掃除、死体の始末をするのが仕事だった。繁殖期になるとウサギは沢山子供を産み、九…

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。その時に借りた家で体験したお話です。場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。また、公園も併設し…

不思議な森

昔住んでた家の近くの河川敷に広い公園があり、そこに小さな森があった。その森の中には、異常に暗い空間が何カ所かあって、よくそこで遊んでた。もう少し説明すると、その空間だけ切り取っ…

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートして行く。とても悲しかった…

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だった頃、趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。特…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

和室

死守り

俺のじじいは柔道五段、がっしりした体格で、土と汗の臭いのするでかい背中。日に焼けた顔。俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。素直じゃなくて憎まれ口ばか…

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…