お通夜の日

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

lucid-dream-taylan-soyturk

おじいちゃんのお通夜の日の話です

当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。

それでちょっと眠くなってきた頃にドアがノックされて

「おい、○○(俺の名前)そろそろお坊さんが来るから、こっち来とき」

と父に呼ばれ、おじいちゃんの遺体がある部屋に行きました。

部屋に行って、みんなでおじいちゃんの遺体を囲んで、お坊さんが来るのを待ってたんですけど、俺がよそ見をしてた間におじいちゃんが生き返ったんです!マジで!

普通に「あー、よう寝た」とか言いながら目を覚ましたみたいな感じで。

それで、みんな怖がるとかじゃなくて、感動して喜んでたんですけど、誰かが「オイ!遺影とか隠せ!」って言ったんです。

俺は一瞬意味が分からなかったんだけど、多分そういう葬式とかに関係あるものを見たら気づいて、おじいちゃんがショック死するからかなあ、とか思いながら俺も手伝って、大きい花みたいなのを隠してました。

でも蘇ったおじいちゃんは異常にに力が強くて、父を力づくでどかせて、父が隠してた祭壇を見つけたんです。おじいちゃんはそれを見て、

「うわ、今日誰かの葬式か何かか? こういうのを乱暴に扱ったらあかんやろが」とか言いながら、祭壇を整えてたんですけど、そのうち自分の遺影を見つけて「あ、わし、死んだんか。そうか」とか言い残してまた死んでしまいました。

それから俺はまた部屋に戻ってまったりとしてたんですけど、じきにまた父が呼びに来て遺体のある部屋に行ってみたら、もう祭壇とかを片付け始めている。

俺は不思議に思いながらも片付けを手伝っていたんですが、片付けている時に父とか母とかは違う部屋に行ってて、そのおじいちゃんの遺体がある部屋には俺一人だったので、おじいちゃんの遺体と二人っきりになった瞬間があったんですね。

そして、俺がまたおじいちゃんの遺体から目を離してる隙にまた生き返ったんです、おじいちゃんが!

でも今度は前とは違って明らかに様子がおかしくて、なんか映画のゾンビのように、奇声を発しながら暴れまわってるんですよ!

それでおじいちゃんが外に出ようとしてるので、俺はそれを必死で止めてたんです。

そして、おじいちゃんに「おじいちゃんは死んだんやで!もう気づいて!」と言ったところで俺はある事に気づきました。

俺は高2の男なんかじゃない、俺自身が今目の前にいるこの老人なんや。わしは死んだんか? これは夢か?

と思ったところで目が覚めました。ああ、まだわしは死んでない。でも、最後に嫁はんや孫の顔でも見とくか、と思ったんだけど、目も開かないし、体も動かない。

そうか、やっぱりもうわしは死んでんのか。周りからは皆の泣いている声が聞こえる。

というような夢を一昨日見ました。

オチが洒落になってなくてめちゃくちゃ怖かったです。この直後に目が覚めたんですけど。

関連記事

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。 こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。 今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

女性のシルエット(フリー素材)

この女になろうと思った

友達が経験した話です。 高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。 Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bか…

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。 正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

公園(フリー背景素材)

七人の神様

結婚してすぐ夫の転勤で北海道へ引っ越した。 知り合いも居らず、気持ちが沈んだ状態でいたある日のこと。 何となく友達の言っていた話を思い出し、それを反芻しながら道を歩いてい…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。 それから半年ほど経った頃、夢を見ました。 従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。 夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。 姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

馬のぬいぐるみ(フリー写真)

なかったこと

15年以上前のことになります。 当時は虐めに遭っており、ほぼクラス全員からサンドバッグ状態でした。 図工の時間に金槌で頭を殴られそうになったことや、家庭科の時間に針で目を…

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。 先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。 最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。 その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。 私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…