魚の夢

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

魚(フリー画像)

俺は婆ちゃん子で、いつも婆ちゃんと寝ていたんだが、怖い夢を見て起きたことがあった。多分5歳くらいの時だったと思う。

夢の内容は、『ボロボロの廃屋のような建物が三軒くらいあって、その手前に堀があり、そこに信じられないほど大きな魚が泳いでいる』というもの。

最初は笑って宥めてくれていた婆ちゃんだったが、『魚』と言った途端に顔色が変わった。

そして、夜中なのにどこかに電話をかけていた。

両親も起きて来て出掛ける準備をしている。

俺も眠いながら着替えをさせられて、父ちゃんの運転する車で出掛けた。

着いた先はひい婆ちゃんの家(婆ちゃんの実家)だった。

婆ちゃんが呼び鈴を押すと親戚が出て来て、婆ちゃんが「魚で解ったから来た」というようなことを言っていた。

ひい婆ちゃんの部屋に行くと、ひい婆ちゃんが亡くなっていた。

目も口もかっと開いて、『ああ、死んでるんだな』と直感的に解った。

ひい婆ちゃんの家は、亡くなったひい婆ちゃんとその親戚のおばさんの二人暮らしだったから、うちの両親や婆ちゃんが色々と葬式の手配をした。

婆ちゃんが教えてくれた。

「オラが魚の夢を見ると、必ず親戚が死ぬんだ。でも今回は見なかった。でもお前が代わりに魚を見た」

だからどうしろということは無く、俺も何となく『そうか、そういうものなのか』と思った。

婆ちゃんと別に寝るようになってからは、婆ちゃんは単独で魚の夢を見ていたようだ。

俺も遠くの大学に進学して、実家を出てしまった。

久しぶりに親が電話をかけてきて、婆ちゃんの様子が変だから帰って来いと言う。

入院でもしたのかと言うと、そういう訳ではなくボケた訳でもないと言う。

でも気になるので帰省した。

婆ちゃんの部屋はもぬけの殻だった。

大切にしていた着物も趣味の書道道具も何も無く、ただ布団しかなかった。

親によると、急に片付け始めて、箪笥なども全部庭で燃やしてしまったと言う。

「婆ちゃん、何かあったのか」

孫になら話してくれるかと思い聞いてみた。

婆ちゃんは言った。

「魚を見た。でもあれは、本当は魚ではねがった。堀でもねえ、壊れた家でもねえ」

そして、婆ちゃんは黙ってしまった。

婆ちゃんはその日の夜、心不全で亡くなった。

その晩、俺は単独で魚の夢を見た。

廃屋には、前は判らなかったが、沢山の人が居て苦しんでいるようだった。

堀は、堀と言うより深い溝で、赤色か緑色をした嫌な色の液体で満たされていた。

魚の背びれが見える。大きな魚が浮き上がって来る。人の顔ほどもあるウロコが見える。

いや、あれは人の顔だ。

魚が地鳴りを立てて跳ねた。魚は魚ではなく、死人が魚の形に集まったものだった。

婆ちゃんやひい婆ちゃんの顔があったかは分からない。

でも何故か、『俺も死んだらあの魚になるんだな』と思った。

俺も身辺整理を始めようかと思う。

関連記事

人形(フリー写真)

アンティークドールの夢

中学校に入学した時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰った。古いドールだったけど、しっかり手入れされていて、汚いという印象は受けなかった。それどころか、銀色の髪…

インフルエンザウィルス(フリー素材)

高熱とアリス症候群

去年の年末、俺がインフルエンザで倒れていた時の話。42度という人生最高の体温で、意識もあるのか無いのか分からない状態で俺は寝ていたのだが、尿意に襲われてふらふらと立ち上がった。…

十和田湖(フリー写真)

十和田湖の竜神様

十和田湖をご存知ですか?十和田湖周辺は大きなオオクワガタが採れる事で有名で、初夏にワクワクしながら一人、自炊車泊旅行に向かった。湖はとても透明度が高く、暑かったから湖…

思い出のテトリス

祖母が亡くなった時の話。祖父母4人の中で一番若い人で一番大好きな人だったから、ショックで数日経ってもまだ思い出しては泣いてた。ある日の夕方、自室のベッドで横になってやっ…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

廃墟(フリー写真)

廃病院での肝試し

会社の先輩のIさんに聞いた話。先輩が大学一年の時に、仲の良いサークル仲間四人で肝試しに行くことになった。市街地から少し離れた所にある廃病院。お化けが出ると結構有名な所だ…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

友子が二人

一人で繁華街を歩いていると、ガラス張りのカフェ店内の窓際席に一人でいる友子を見つけた。友子の携帯に電話して驚かせようとしたが、友子は電話に気付かない。じっと座り、目を左…

湖のボート(フリー写真)

今度は落とさないでね

ある若いカップルに子供が出来てしまい、堕ろそうか悩んだ挙げ句、産むことにした。しかしまだ若い二人には育てることが出来ず、相談した結果、その子を殺すことにした。二人は夜…