魚の夢

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

魚(フリー画像)

俺は婆ちゃん子で、いつも婆ちゃんと寝ていたんだが、怖い夢を見て起きたことがあった。多分5歳くらいの時だったと思う。

夢の内容は、『ボロボロの廃屋のような建物が三軒くらいあって、その手前に堀があり、そこに信じられないほど大きな魚が泳いでいる』というもの。

最初は笑って宥めてくれていた婆ちゃんだったが、『魚』と言った途端に顔色が変わった。

そして、夜中なのにどこかに電話をかけていた。

両親も起きて来て出掛ける準備をしている。

俺も眠いながら着替えをさせられて、父ちゃんの運転する車で出掛けた。

着いた先はひい婆ちゃんの家(婆ちゃんの実家)だった。

婆ちゃんが呼び鈴を押すと親戚が出て来て、婆ちゃんが「魚で解ったから来た」というようなことを言っていた。

ひい婆ちゃんの部屋に行くと、ひい婆ちゃんが亡くなっていた。

目も口もかっと開いて、『ああ、死んでるんだな』と直感的に解った。

ひい婆ちゃんの家は、亡くなったひい婆ちゃんとその親戚のおばさんの二人暮らしだったから、うちの両親や婆ちゃんが色々と葬式の手配をした。

婆ちゃんが教えてくれた。

「オラが魚の夢を見ると、必ず親戚が死ぬんだ。でも今回は見なかった。でもお前が代わりに魚を見た」

だからどうしろということは無く、俺も何となく『そうか、そういうものなのか』と思った。

婆ちゃんと別に寝るようになってからは、婆ちゃんは単独で魚の夢を見ていたようだ。

俺も遠くの大学に進学して、実家を出てしまった。

久しぶりに親が電話をかけてきて、婆ちゃんの様子が変だから帰って来いと言う。

入院でもしたのかと言うと、そういう訳ではなくボケた訳でもないと言う。

でも気になるので帰省した。

婆ちゃんの部屋はもぬけの殻だった。

大切にしていた着物も趣味の書道道具も何も無く、ただ布団しかなかった。

親によると、急に片付け始めて、箪笥なども全部庭で燃やしてしまったと言う。

「婆ちゃん、何かあったのか」

孫になら話してくれるかと思い聞いてみた。

婆ちゃんは言った。

「魚を見た。でもあれは、本当は魚ではねがった。堀でもねえ、壊れた家でもねえ」

そして、婆ちゃんは黙ってしまった。

婆ちゃんはその日の夜、心不全で亡くなった。

その晩、俺は単独で魚の夢を見た。

廃屋には、前は判らなかったが、沢山の人が居て苦しんでいるようだった。

堀は、堀と言うより深い溝で、赤色か緑色をした嫌な色の液体で満たされていた。

魚の背びれが見える。大きな魚が浮き上がって来る。人の顔ほどもあるウロコが見える。

いや、あれは人の顔だ。

魚が地鳴りを立てて跳ねた。魚は魚ではなく、死人が魚の形に集まったものだった。

婆ちゃんやひい婆ちゃんの顔があったかは分からない。

でも何故か、『俺も死んだらあの魚になるんだな』と思った。

俺も身辺整理を始めようかと思う。

謎の男のシルエット

成りすまし

大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。 本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びと…

幼児期の記憶

今15才になる娘がまだ幼児だった頃の話。 旦那がいる時は、娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが、2人きりのときは私の下の名前を呼び、いかにも内緒話をする、といった口調で …

男の戦い(宮大工12)

十年程前、親方の親友でやはり宮大工の棟梁であるKさんが病気で倒れてしまった時の事。 親方とおかみさんは急遽お見舞いに行き、俺は親方の代理で現場を取り仕切った。 三日程して親…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。 祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。 その遊びに来るこ…

三回転

私の体験です。 まだ私が3歳ぐらいの頃、父と2人で遊園地に行ったときです。 父と乗り物にのるために順番待ちをしてた時、私は退屈からかその場で目をつぶったまま三回転ほどくるく…

マネキン工場

幼い日、何てことなく通り過ぎた出来事。その記憶。 後になって当時の印象とはまた違う別の意味に気付き、ぞっとする。 そんなことがしばしばある。 例えば。 小学生の…

肝試しから戻らない7人

この話は実際に新聞に載った話です。 ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。 夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。 でも本当…

ロシアの軍艦(フリー素材)

ロシアの軍事教練所

バルチック爺さんが日露戦争中に見聞した話です。 彼はその後、関西の都市部で衛星看護兵の訓練に携わりました。 そこで知り合った医務教官から聞いた話だという事です。 その…

繋ぎ目

中学生の頃の夏の話。 そろそろ夏休みという時期の朝、食事を終えてやっとこ登校しようと、玄関に向かったんだ。 スニーカーのつま先を土間でとんとんと調整しながら引き戸の玄関をガ…

キャンプ(フリー写真)

もし、旅かな?

学生だった頃、週末に一人キャンプに興じていた時期があった。 金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白味も何もないキャンプ。 友達のいない俺は、寂…