魚の夢

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

魚(フリー画像)

俺は婆ちゃん子で、いつも婆ちゃんと寝ていたんだが、怖い夢を見て起きたことがあった。多分5歳くらいの時だったと思う。

夢の内容は、『ボロボロの廃屋のような建物が三軒くらいあって、その手前に堀があり、そこに信じられないほど大きな魚が泳いでいる』というもの。

最初は笑って宥めてくれていた婆ちゃんだったが、『魚』と言った途端に顔色が変わった。

そして、夜中なのにどこかに電話をかけていた。

両親も起きて来て出掛ける準備をしている。

俺も眠いながら着替えをさせられて、父ちゃんの運転する車で出掛けた。

着いた先はひい婆ちゃんの家(婆ちゃんの実家)だった。

婆ちゃんが呼び鈴を押すと親戚が出て来て、婆ちゃんが「魚で解ったから来た」というようなことを言っていた。

ひい婆ちゃんの部屋に行くと、ひい婆ちゃんが亡くなっていた。

目も口もかっと開いて、『ああ、死んでるんだな』と直感的に解った。

ひい婆ちゃんの家は、亡くなったひい婆ちゃんとその親戚のおばさんの二人暮らしだったから、うちの両親や婆ちゃんが色々と葬式の手配をした。

婆ちゃんが教えてくれた。

「オラが魚の夢を見ると、必ず親戚が死ぬんだ。でも今回は見なかった。でもお前が代わりに魚を見た」

だからどうしろということは無く、俺も何となく『そうか、そういうものなのか』と思った。

婆ちゃんと別に寝るようになってからは、婆ちゃんは単独で魚の夢を見ていたようだ。

俺も遠くの大学に進学して、実家を出てしまった。

久しぶりに親が電話をかけてきて、婆ちゃんの様子が変だから帰って来いと言う。

入院でもしたのかと言うと、そういう訳ではなくボケた訳でもないと言う。

でも気になるので帰省した。

婆ちゃんの部屋はもぬけの殻だった。

大切にしていた着物も趣味の書道道具も何も無く、ただ布団しかなかった。

親によると、急に片付け始めて、箪笥なども全部庭で燃やしてしまったと言う。

「婆ちゃん、何かあったのか」

孫になら話してくれるかと思い聞いてみた。

婆ちゃんは言った。

「魚を見た。でもあれは、本当は魚ではねがった。堀でもねえ、壊れた家でもねえ」

そして、婆ちゃんは黙ってしまった。

婆ちゃんはその日の夜、心不全で亡くなった。

その晩、俺は単独で魚の夢を見た。

廃屋には、前は判らなかったが、沢山の人が居て苦しんでいるようだった。

堀は、堀と言うより深い溝で、赤色か緑色をした嫌な色の液体で満たされていた。

魚の背びれが見える。大きな魚が浮き上がって来る。人の顔ほどもあるウロコが見える。

いや、あれは人の顔だ。

魚が地鳴りを立てて跳ねた。魚は魚ではなく、死人が魚の形に集まったものだった。

婆ちゃんやひい婆ちゃんの顔があったかは分からない。

でも何故か、『俺も死んだらあの魚になるんだな』と思った。

俺も身辺整理を始めようかと思う。

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

灯篭流し(フリー写真)

灯籠流し

小学生の頃、よくH瀬村と言う山奥にある村に遊びに行っていました。毎年夏になると、写真好きの父に連れられて村を訪れ、村外れにある川で泳ぐのを楽しみにしていました。私が小…

住宅(フリー写真)

苦労かけるな

夜に2階の自室で、一人で本を読んでいた時のこと。実家は建てた場所が悪かったのか、ラップ現象が絶えなかった。自分は単に家鳴りだと思っていたのだが、その日はポスターから音が…

和室

死守り

俺のじじいは柔道五段、がっしりした体格で、土と汗の臭いのするでかい背中。日に焼けた顔。俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。素直じゃなくて憎まれ口ばか…

憑依

小学校6年の社会の授業の時、突然担任(女・20代・かなり美人)の声色が低くドスの聞いた感じに変わり、目つきもどこか虚空を見ているような感じになり、戦時中の国民学校とかで先生が生徒に訓示して…

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…

優しい抽象模様(フリー素材)

ともだち

最近、何故か思い出した。子供の頃の妙な「ともだち」。当時の自分は両親共働きで鍵っ子だった。とは言っても託児所のような所で遊んで帰るので、家に一人で居るのは一時間程度。そ…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。すると突…