赤い鞠

公開日: 怖い話

空き家

これは私が小学生の頃の話です。

家の近所に一軒の空き家がありました。

その家は昔旅館を経営していた様子で、山奥の長い一本道を上って行くと突然現れるその家は、小学生が誰しも憧れる『秘密の隠れ家』にはもってこいの場所でした。

私は一部の友人達と共に学校が終わるとそこに集まり、夕飯時になるまで色々な事をして遊んでいました。

そんなある日、その空き家に『出る』という話がどこからともなく湧き上がりました。

「そこの旅館の持ち主が首を吊って自殺した」「誰も居ないはずの家の窓から和服を着た女が外を眺めていた」などの噂です。

私達は仲間はずれにされた誰かがそんな噂を流しているのだろうと、気にもせず隠れ家を愛用していました。

しかし噂は他のクラスの生徒にも広まり、その子たちが秘密の隠れ家を見に来るようになりました。

隠れ家に思い入れの深かった私たちは、他の生徒と縄張り争いの喧嘩をよくしていました。

ある日、隠れ家に居ると、他のクラスの生徒達が空き家に石を投げて来てガラスを割り始めました。

「何だ? あいつら?」

私たちも必死になってエアガンを撃ったり、部屋の物を投げつけたりして応戦しました。

「パリン、パリン」とガラスの割れる音が空き家に響きます。

私は転がっていた竹細工の赤い鞠を手に取りました。

中に鈴が入っているようで、「チリーン」と音がします。

鞠を投げつけようとした瞬間、相手が驚いた顔をしています。

そんな事は気にせずに鞠を投げつけました。

狙いがそれて地面に落ちた鞠が転がり、「チリーン」と音を立てた瞬間…。

「ガシャーン!」という音と共に、家中のガラスというガラスが全て割れてしまいました。

私たちも相手もびっくりして、空き家から逃げ出しました。

一気に山の麓まで下ると、さっきまで喧嘩していた相手も同じ恐怖を体験した身として何故か好感が持てます。

私が息も絶え絶え喧嘩相手に話しかけました。

私「さっきびっくりしたよな。ガラスが一気に割れるなんて…」

相手「え…?」

相手の仲間「やばいって。そいつと話すな!」

私「何だよ。お前」

相手の仲間「だってお前の後ろに女が居たぞ」

どうやら私が赤い鞠を投げる瞬間、背後に女が立っていたそうで、赤い鞠を投げるのを止めるように、私にしがみつこうとしていたらしいです。

私は怯えながらも平気な振りをしていました。

そしてその場は解散となりましたが、友達の一人が「空き家に忘れ物をした」と言います。

忘れ物自体は大した物ではなく、さっきの事もあり、私は行きたくありませんでした。

しかし、怯えている姿を見せたくもないので、一緒に付いて行く事にしました。

空き家に向かう道のりで、私は赤い鞠について話していました。

「だから、『チリーン』て鞠が音を立てた瞬間、窓が割れたんだよ」

辺りは薄暗くなって来ました。

空き家が見えて来たその時です。

「チリーン」

鈴の音がします。

皆で顔を見合わせます。

さっきの鞠が転がっているのかと、辺りを見回しました。

赤い鞠は確かにありました。

誰かに踏みつけられグシャグシャに潰れて…。

「チリリーン」

また鈴の音がします。

皆、顔色が変わり始めました。

「鞠の鈴だけ取れてどこかで鳴ってるんだよ」

誰かが呟きます。

「チリーン」

音は空き家の方から聞こえます。

「チリリーン」

音が近付いて来ているような気がします。

坂道ですので『取れた鈴が転がって来ているのかな』と思っていると、

「チリリリン」「チリリリン」「チリリリン」

一箇所ではなく複数の箇所から、私たちを囲むように鈴の音が鳴り始めました。

「ぎゃー!!!」

皆一斉に逃げ出しました。

その後、誰も空き家に近付こうとはしなくなり、間もなくその家は小学生が溜まるというので取り壊されました。

抽象画

神谷のおばさん

俺が中学生の時、『神谷のおばさん』という有名人がいた。 同級生神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、近所はもちろん同じ中学の奴まで、殆ど神谷のおばさんを知っているほど有名…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。 泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。 出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

蛍光灯チャチャチャ

ある日の夜、蛍光灯を点けたまま寝ようとしたんだ。 ただ、電気代を考えて片方だけ残してね。 そしたらさ、いつもの癖で全部消しちゃったんだよ。 チャ(蛍光灯Aオフ) チ…

教授のメモ

ある大学の教授が突然、姿をくらませた。 教授と同じ研究室の助手は、最初は旅行にでも行ったのだろうと考えたが、大学側に問い合わせても教授の行方は判らないと言う。 助手はどうし…

少女

霊感を持つ女

霊感がある知人の話。彼女曰く、霊感というのは遺伝的なものらしい。 彼女の母方の家系では、稀に霊感を持つ女が生まれるのだと言う。 彼女が子供の頃の事、母方の祖父の初盆で本家に…

手(フリー写真)

死者の夢

俺の友人Aは、小さい頃から長い休みになると毎回父方の田舎に一人で帰省していた。 Aが中学2年生の時、数日前から体調を崩して寝込んでいた爺ちゃんが、Aと叔母さん(A父の姉)にこん…

死者と会う方法

日本で2003年に『黄泉がえり』という映画が放映された。これは死者が蘇るというタイトル通りの話ではあるのだが、イギリスには実際に死んだ者と会える方法があるという都市伝説が存在する。 …

ドルイド信仰

ドルイドとは、ケルト人社会における祭司のこと。「Daru-vid: オーク(ブナ科の植物)の賢者」の意味。 ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。 ドルイ…

山道(フリー写真)

出られなくなる山道

車好きの友人(Aとします)から聞いた話です。 G県のある山中に、夜間は通行禁止にされている山道があるそうです。 夜間通行禁止の理由として、 『明かりが全く無い上に見通…