ファティマ第三の預言

公開日: 世界の謎

ChildrensofFatima

1917年、ポルトガルにあるファティマという村に住む3人の少女(ルシア・フランシスコ・ヤシンタ)の前に、聖母マリアが6回に渉り出現し、最後の日には10万人の大観衆の前で奇跡を現出させ、更に『人類の未来に関わる3つの預言』が託された。これが「ファティマの預言」である。

まず一つ目の預言は、地獄は実在するというもの。聖母マリアは実際にそのビジョンを3人に見せ、それを見た彼女たちはあまりの光景に戦慄したと言われている。

そして2つ目の預言は、当時巻き起こっていた第一次世界大戦の終焉と第二次世界大戦の勃発である。

そして3つ目の預言はすぐには発表されなかった。

聖母マリアは「1960年になってから公開するように、それまでは秘密にしなさい」と、ルシアに厳命した。

それは『ファティマ第三の預言』とされ、ルシアを通じてバチカンに伝えられたが、1960年になっても公開されず、その預言を見た当時の法王『ヨハネ23世』が預言を閲覧したが、あまりの内容に絶句し、再び封印してしまった。

さらに、次期法王パウロ6世がその封印を解くも、あまりの内容に数日間意識を失ったという。

しかし、2000年5月に1960年以来40年間発表を先送りにしてきたファティマ第三の預言を正式に発表した。

その内容は、1981年に起きた法王暗殺未遂事件の事を示すものだった。でも、これは明らかな嘘とされている。

今までの預言に比べ規模が小さすぎる事や、40年もの長期間隠匿され60年代の教皇が絶句したり発表を見送った内容とはとても思えない。

更に「第三の預言」の内容を知っているルシアは、「それはほんの一部で、バチカンは嘘をついている」と司法省へ提訴するも、調停によって両者は和解し「バチカンは嘘をついている」旨の主張が否定されないまま、2005年に97歳で死去している。

バチカンの発表は虚偽、あるいは全文ではなく一部分に過ぎないのではないかとする主張においては、第三の預言は未だ本格的には未公開とされる。

関連記事

をのこ草子

「をのこ草子」という文書を知っていますか?江戸時代に書かれた読み物で、現代でいえば小説みたいなものなのですが、作者が不明で、成立年代もはっきりしません。書いてある内容が驚くほど現代…

バチカンの全ての情報を握る男が失踪

キリスト教カトリックの総本山バチカン市国。このバチカンは世界最高峰のセキュリティを誇るコンピューターシステムを持ち、その中にありとあらゆるバチカンに関するデータが保存されている…

ロズウェル事件

1947年7月8日、ロズウェル・デイリー・レコード紙の夕刊に、ニューメキシコ州ロズウェル北西120キロ程の所にあるJ・B・フォスター牧場に「空飛ぶ円盤」が墜落し、その残骸を軍が回収した…

頭蓋穿孔

トレパネーション。頭に穴をあけて脳を解放することで血流量を増やし、脳を活発化させて、日々の倦怠感から解放し、多幸感を得ようという医学界では認められていない施術。太古から…

フー・ファイター

フー・ファイターとは、連合国の兵士達の間で使用された、謎の発光体=未確認飛行物体(UFO)の総称である。第二次世界大戦中、戦闘が激しい地域を中心に、度々UFOが目撃されたらしい…

マリー・セレスト号事件

1872年11月5日、マリー・セレスト号という2本マストのアメリカ船が原料アルコールを積んで、ニューヨークからイタリアのジェノバに向けて出港した。この船に乗っていたのは、ベンジ…

グリゴリー・ラスプーチン

帝政ロシア末期の祈祷僧。シベリア、チュメニ州ポクロフスコエ村出身。奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物…

霊界への扉『スノーノイズ』

皆さんも、一度はテレビを点けたまま寝てしまい、気付くとテレビが砂嵐だった…という経験はないだろうか。この砂嵐、あまり気分の良いものではない。この砂嵐はテレビの受信信号が低下した…

史上最高の天才ノイマン

あまりの頭の良さに “火星人”、“悪魔の頭脳を持つ男” と呼ばれた。数学・物理学・工学・経済学・計算機科学・気象学・心理学・政治学など、あらゆる分野で天才的な才能を発揮。 …

首なし鶏マイク

首をはねられた後も18か月間生存していたことで知られるアメリカの雄鶏である。コロラド州フルータの農家、ロイド・オルセンの家で、1945年9月10日に夕食用として1羽の鶏が首をは…