カラーひよこ

公開日: 都市伝説

20120107130052ebc

小さい頃に縁日でカラーひよこを買ったことのある方も多いのではないだろうか。

カラーひよことは、用途のないオスのひよこに、赤・青・緑・ピンクなどカラフルな着色を施したもので、縁日で1羽500円程で売られていた。

ところが、最近では殆どその様子を見かけることは無くなってしまった。

縁日でひよこを見なくなった訳…。

それは、とある動物保護団体が、ひよこに無理矢理着色し販売するのは可哀想だと抗議したためだ。

ひよこは着色過程で熱風乾燥をするため早く死ぬ。小さいながらも、大切な命を縮めてしまうのは人間のエゴだというのがその団体の主張だった。

その動物保護団体のおかけで、日本でカラーひよこを見かけることは殆ど無くなったのだ。

では今現在、用途のないオスひよこはどうなっているのか。

実は用途のないオスひよこは、その殆どが生後間もなく処分されるようになってしまっているらしい。

ケンムン

奄美大島には、昔からカッパに似たけむくじゃらの妖怪・ケンムンがいると言い伝えられております。子供のような小さな背丈で、体は毛むくじゃら、山羊の臭いをもち、頭には皿がありよく山や…

海外の降霊術 メアリーワースの忠告

日本で降霊術と言えばコックリさんがメジャーであるが、海外ではメアリーワースと呼ばれている霊を召喚するという方法がある。これはアメリカの子供達の間で一時期大ブームとなったという。…

呪われた路線

都心と多摩地区を結び、JRのドル箱といわれている中央線。疾走してくる電車への飛び込み自殺の多発路線としても知られている。例えば、1995年4月から11月までの8ヶ月間に…

鳥山明ロード

漫画家の鳥山明が、不便な地元愛知県から東京へと引越しを考えると言ったところ、鳥山の莫大な税収が入らなくなる事を恐れた地元行政側が、鳥山邸の前から当時の名古屋空港の場所までの直通道路を急…

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。光や顔が写り込んでいるもの。体の一部が消えているもの。体が変色しているもの…。これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…

残されていたもの

かつて、地方のとある旅館に泊まった家族の娘が、トイレで惨殺されるという事件があった。事件現場は凄惨を極めた。全身は滅多刺しにされ、顔は個人の判別もできないほどに破壊され…

余命が判る本

本や書物に関する都市伝説は様々あるが、今回はそんな書籍の中でも不気味なエピソードを紹介したい。我々は大量の書物を購入し、それを本棚にしまう。そんな事が続くと、いつの間にか沢山の…

サザエさん都市伝説の真相

サザエさんの有名な都市伝説と言えば「サザエさんの最終回」ではないだろうか。商店街の福引きでハワイ旅行を当てたサザエさん一家だが、飛行機に乗って向かったところ事故で海に墜落。 …

犬の呪い

オチのない思い出話。昭和45年、小学5年の頃、ある呪いの方法が少年誌に書いてあった。犬を首輪で繋いで、その口が届かぬところに餌を置き、そのままにしておく。犬は空…