カラーひよこ

公開日: 都市伝説

20120107130052ebc

小さい頃に縁日でカラーひよこを買ったことのある方も多いのではないだろうか。

カラーひよことは、用途のないオスのひよこに、赤・青・緑・ピンクなどカラフルな着色を施したもので、縁日で1羽500円程で売られていた。

ところが、最近では殆どその様子を見かけることは無くなってしまった。

縁日でひよこを見なくなった訳…。

それは、とある動物保護団体が、ひよこに無理矢理着色し販売するのは可哀想だと抗議したためだ。

ひよこは着色過程で熱風乾燥をするため早く死ぬ。小さいながらも、大切な命を縮めてしまうのは人間のエゴだというのがその団体の主張だった。

その動物保護団体のおかけで、日本でカラーひよこを見かけることは殆ど無くなったのだ。

では今現在、用途のないオスひよこはどうなっているのか。

実は用途のないオスひよこは、その殆どが生後間もなく処分されるようになってしまっているらしい。

関連記事

死刑執行

A受刑者は、大量殺人を犯し、死刑が確定していた。それから数年。今日は、A受刑者の死刑執行日である。目隠しをしたA受刑者は、絞殺台に立たされる。「ガゴン!…

水戸黄門が一話完結の理由

日本時代劇の代名詞と言っても過言ではない水戸黄門。水戸黄門と言えば毎回一話完結が当たり前のように思えるが、昔はたまに前編・後編と分かれて放送することもあった。しかし、シ…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。1993年より体操のお兄さんと…

余命が判る本

本や書物に関する都市伝説は様々あるが、今回はそんな書籍の中でも不気味なエピソードを紹介したい。我々は大量の書物を購入し、それを本棚にしまう。そんな事が続くと、いつの間にか沢山の…

イツキのアトリエ

全国の公立図書館のうち、特定の図書館にだけ置いてあると言われている画集のタイトル。ただ、画集と言っても出版社から出された本ではなく、市販されているスケッチブックにそのまま描かれ…

捕まった口裂け女

1979年6月21日午前3時頃、「兵庫県姫路市野里の路上に、腰まで垂れる長い髪で、真っ赤な口が耳元まで裂け、白い長襦袢をまとって出刃包丁を持った女がいる」と姫路署にタクシー運転手から1…

アインシュタイン 生物絶滅の予言

人類史上最高の天才物理学者と言えばアルバート・アインシュタインである。彼の導き出した相対性理論をはじめとする人類の発展に有益な研究成果は、現在の多くの科学者の指針となっている。…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …

第二次世界大戦で使われた黒魔術

第二次世界大戦中の日本の味方と言えばドイツとイタリアであったが、日本とドイツは最後の最後まで同盟関係を維持し戦い切ったという。但し、日独が直接的に共同作戦を展開する事は地理的な…

消えたドナルド

マクドナルドのCMによく登場していた、真っ赤な髪に白塗りフェイスの道化師『ドナルド=マクドナルド』。最近CMであまり見かけないなと不思議に思っている人も多いのではないだろうか。…