進化するロボット

公開日: 都市伝説

art-sundragon83-bitva-ruiny

ロボット先進国と言えば、間違いなく日本だろう。医療、工業の分野では文句なしに突出している。

しかし、軍事方面のロボット技術は間違いなくアメリカが世界を一歩リードしている。

無人飛行機などは良い例だ。指令さえ与えれば、敵国上空に自分で判断し飛んで行く能力を備えている。

そのアメリカでは近年、人工知能に関する研究も盛んで、人のニューロンをモデルとした人工知能の開発を進めているらしい。

これはあくまで噂だが、2008年には実際にイラク戦線で、人工知能搭載の自走式ロボットに機銃を装備させ投入したらしい。

しかし戦果は散々で、なぜかアメリカ兵ばかりを攻撃してしまうという事から、すぐに廃止されてしまった。

あまりに多い誤射に、兵隊の間では「人工知能に捕らえた敵兵の脳の一部を組み込んだため、アメリカ兵を見るとすぐに発砲してしまう」という、皮肉めいたブラックジョークまで流れていたそうだ。

人面犬

9月頃、旅行で東北のある県に行った。ついでに遠い親戚に顔を出す事になった。 結構な田舎で従姉妹夫婦と子供、旦那の両親が同居してて俺は初見で挨拶したりしてた。 お父さんが熱帯…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。 歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。 1993年より体操のお兄さんと…

第二次世界大戦で使われた黒魔術

第二次世界大戦中の日本の味方と言えばドイツとイタリアであったが、日本とドイツは最後の最後まで同盟関係を維持し戦い切ったという。 但し、日独が直接的に共同作戦を展開する事は地理的な…

日暮里駅の階段23段目

友人と怪談話をしていて、その友人が知人から 「日暮里駅の改札を出て右手に行くとある階段を登る時に、23段目辺りで振り返って見たら面白いものが見える」 って聞いたという話が出…

ハイド君

今でも不思議で訳が解らないんだけど、俺の幼馴染が遭遇した話を書きます。幼馴染は女なので、名前は仮にA子とします。 もう5年前になるけど、A子は当時23歳だった。そこそこ美人なんだ…

余命が判る本

本や書物に関する都市伝説は様々あるが、今回はそんな書籍の中でも不気味なエピソードを紹介したい。 我々は大量の書物を購入し、それを本棚にしまう。そんな事が続くと、いつの間にか沢山の…

人形(フリー素材)

メリーさんの電話

とある家族が引越しをすることになったのだが、その際に女の子が「メリー」と呼び大事にしていた人形を誤って捨ててしまった。 とても悲しんだ女の子を哀れに思った両親は 「新しい人…

手首ラーメン事件

人間の手首から出汁を取ったラーメンが存在する。 この話には元ネタがある。1978年に起こった実在の事件が元になっている。いわゆる「暴力団・手首ラーメン事件」である。 ヤクザ…

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。 光や顔が写り込んでいるもの。 体の一部が消えているもの。 体が変色しているもの…。 これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

だっふんだの意味

有名コメディアンが用いるギャグ「だっふんだ」について、こんな話をご存じだろうか。 コメディアンの人気バラエティー番組『だ○じょうぶだぁ』が放送されていた頃、子供達はよく彼の真似を…