手首ラーメン事件

公開日: 都市伝説

B1273214696120

人間の手首から出汁を取ったラーメンが存在する。

この話には元ネタがある。1978年に起こった実在の事件が元になっている。いわゆる「暴力団・手首ラーメン事件」である。

ヤクザの抗争の末ある幹部が殺された。犯人は指紋を分からなくするため、幹部の死体をバラバラにし遺棄した。

警察は後に犯人を逮捕するが、両手首だけはどうしても見つからなかった。

そこで犯人を厳しく追及したところ、ついに犯人は手首を屋台ラーメンの出汁にして売っていたことを自供する。

そのことが知れ渡ると、犯人グループがラーメンを売っていた荒川区周辺の住民はパニックに陥った。

事態が大きくなると警察は「実際には売れなかった」と弁明した。

結局、ラーメンが売られていたかは不明である。

関連記事

進化するロボット

ロボット先進国と言えば、間違いなく日本だろう。医療、工業の分野では文句なしに突出している。しかし、軍事方面のロボット技術は間違いなくアメリカが世界を一歩リードしている。…

瀧廉太郎『憾(うらみ)』

瀧廉太郎(たき・れんたろう)という人物をご存知だろうか。日本に於いて最も早く日本語によるオリジナル唱歌を作った一人だ。「荒城の月」「箱根八里」「花」「お正月」「鳩ぽっぽ…

イツキのアトリエ

全国の公立図書館のうち、特定の図書館にだけ置いてあると言われている画集のタイトル。ただ、画集と言っても出版社から出された本ではなく、市販されているスケッチブックにそのまま描かれ…

かけてはいけない電話番号

皆さんはかけてはいけない電話番号というものをご存知だろうか。ここでは番号を掲載しないが、“かけてはいけない電話番号” で検索すると沢山結果が出てくるので、興味のある方は挑戦して…

夜の踏切(フリー写真)

逆テケテケ

もう十年程前、僕が住んでいる市の小学校で『逆テケテケ』というローカル都市伝説が流行ったことがあります。それはみんなが知っているテケテケとは全く違う話で、市内のどこかの踏切に雨の…

第二次世界大戦で使われた黒魔術

第二次世界大戦中の日本の味方と言えばドイツとイタリアであったが、日本とドイツは最後の最後まで同盟関係を維持し戦い切ったという。但し、日独が直接的に共同作戦を展開する事は地理的な…

オカムロさん

うちは母方の血筋が強い親戚は兄を含めて霊感が強いんだが、自分は父方の血が強いのかあまりない。それで霊感が無いもんだから、怖い話特集とかの雑誌を、枕元に置いて寝る前に読むとか平気…

田舎の風景(フリー素材)

おごめご様

おごめご様というのがいると、従妹から聞いた。何でも小学校に出るらしい。その小学校には俺も通ったんだが、旧館と新館に分かれている。その二つの棟を繋ぐ渡り廊下の側、植え込み…

余命が判る本

本や書物に関する都市伝説は様々あるが、今回はそんな書籍の中でも不気味なエピソードを紹介したい。我々は大量の書物を購入し、それを本棚にしまう。そんな事が続くと、いつの間にか沢山の…

霊界への扉『スノーノイズ』

皆さんも、一度はテレビを点けたまま寝てしまい、気付くとテレビが砂嵐だった…という経験はないだろうか。この砂嵐、あまり気分の良いものではない。この砂嵐はテレビの受信信号が低下した…