ちょっとだけ異空間に行った話

a-hole-different-dimension

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。

就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。

降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌さんに起こされて終点で降りたら真昼だった。

終点の駅は真っ白なドーム型に天窓が付いた近代的なホーム。

駅の名前は複雑で、中国語のような 「譬娜譌爬…」という文字の羅列になっていた。

周りには灰色の影のような人達が多勢居た。

上手く言えないけど、全然知っている世界ではなかった。

取り敢えず外に出ないで逆方向に乗れば良いはず…と考え、何とか逆側の地下鉄に乗ろうとした。

しかしホーム両脇の表示は、逆方向も見知らぬ漢字の駅名になっていた。

外に出てバスを乗り継いだら帰れるかも…とも考えたけど勇気が出ず、エスカレーターを降りたら駅の事務室があるかも……と思いエスカレーターを降りた。

するとまだ駅構内のはずなのに外に立っていた……。

真冬なのに太陽が明るくて、空の色はミカン色。

パニックになってリクルートスーツのまま走った。

走りながら携帯で自宅に電話を掛けたら、

「この番号は間違っています」

と言われた。

とにかく目の前に見えたバスの停留所横に座り、鞄の中のメープル味のカロリーメイトをもぐもぐ食べた。

就活が上手く行かないのと恐怖で涙が出てきて、下を向いて泣いていた。

一時間ほど経った頃だと思う。

知らないおばさんが「大丈夫?」と声を掛けてくれた。

泣きながら「うぢに帰れないんでず……」と言うと、「角を曲がって地下鉄にまた乗って!走って!」と背中を叩かれた。

その時、何故か雑誌を渡された。

そのまま闇雲に走って、乗車券も買わずに改札をぶっちぎり、乗って来たのとは違う地下鉄に飛び乗った。

地下鉄は長いトンネルをずっと走っていた。一時間くらいずっと立ちっぱなしでお祈りしていた。

ラジオのノイズのような音に混ざって、知らないデタラメな言葉のアナウンスが聞こえてきてまた泣いた。

「喉渇いた」と独り言を言ったら、ラジオのチューニングが合ったかのように、急に「次は仲町台ー」とアナウンスが聞こえた。

降りたらそこは仲町台駅だった。普通に日が暮れていた。

おばさんに渡された雑誌はまだ持っているが、それは20年ほど前に普通に売られてた「オリーブ」という雑誌だったので、異空間の証拠にはならないのが残念。

関連記事

時空(フリー画像)

祖母のタイムスリップ体験

祖母が体験した不思議な話。 まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出掛けたんだそうな。 所々にバラック小屋が建っているだけの道を歩いていた時、急に辺りの様子が…

幸福の妖精

リクルートスーツを見る季節になると、毎年思い出すお話。 俺は就職活動してた。バブル崩壊後の冷や水ぶっかけられた氷河期世代あたりだと思ってくれ。俺は理系で一応研究職希望だったけど、…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。 その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。 すると田んぼの中に、…

田舎(フリー写真)

魚のおっちゃん

曾祖母さんから聞いた話。 曾祖母さんが子供の頃、実家近くの山に変なやつが居た。 目がギョロッと大きく、眉も睫も髪も無い。 太っているのだがブヨブヨしている訳でもなく、…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

イタチの仕業

祖母の葬式の晩の事。 田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。 裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。 山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。 そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。 親方に呼ばれ、 …

怪談ドライブ

もう十数年前、大学生だった私は、部活の夏合宿に出かけ、その帰り、大学の合宿施設の近くに実家のある先輩に誘われて、地元の花火大会を見学していた。 花火大会の後、会場近くの河原で買い…

ショートカット

小学校の頃の体験です。 私が通っていた校舎は4階建てでした。 校舎の両端にそれぞれ階段があって、東階段と西階段と呼ばれていました。 東階段部分の校舎は3階までしかなく…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。 私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。 ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…