ちょっとだけ異空間に行った話

a-hole-different-dimension

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。

就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。

降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌さんに起こされて終点で降りたら真昼だった。

終点の駅は真っ白なドーム型に天窓が付いた近代的なホーム。

駅の名前は複雑で、中国語のような 「譬娜譌爬…」という文字の羅列になっていた。

周りには灰色の影のような人達が多勢居た。

上手く言えないけど、全然知っている世界ではなかった。

取り敢えず外に出ないで逆方向に乗れば良いはず…と考え、何とか逆側の地下鉄に乗ろうとした。

しかしホーム両脇の表示は、逆方向も見知らぬ漢字の駅名になっていた。

外に出てバスを乗り継いだら帰れるかも…とも考えたけど勇気が出ず、エスカレーターを降りたら駅の事務室があるかも……と思いエスカレーターを降りた。

するとまだ駅構内のはずなのに外に立っていた……。

真冬なのに太陽が明るくて、空の色はミカン色。

パニックになってリクルートスーツのまま走った。

走りながら携帯で自宅に電話を掛けたら、

「この番号は間違っています」

と言われた。

とにかく目の前に見えたバスの停留所横に座り、鞄の中のメープル味のカロリーメイトをもぐもぐ食べた。

就活が上手く行かないのと恐怖で涙が出てきて、下を向いて泣いていた。

一時間ほど経った頃だと思う。

知らないおばさんが「大丈夫?」と声を掛けてくれた。

泣きながら「うぢに帰れないんでず……」と言うと、「角を曲がって地下鉄にまた乗って!走って!」と背中を叩かれた。

その時、何故か雑誌を渡された。

そのまま闇雲に走って、乗車券も買わずに改札をぶっちぎり、乗って来たのとは違う地下鉄に飛び乗った。

地下鉄は長いトンネルをずっと走っていた。一時間くらいずっと立ちっぱなしでお祈りしていた。

ラジオのノイズのような音に混ざって、知らないデタラメな言葉のアナウンスが聞こえてきてまた泣いた。

「喉渇いた」と独り言を言ったら、ラジオのチューニングが合ったかのように、急に「次は仲町台ー」とアナウンスが聞こえた。

降りたらそこは仲町台駅だった。普通に日が暮れていた。

おばさんに渡された雑誌はまだ持っているが、それは20年ほど前に普通に売られてた「オリーブ」という雑誌だったので、異空間の証拠にはならないのが残念。

関連記事

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。それが今から数えて7年前くらいかなと思う。引っ越して…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

居間のブラウン管テレビ(フリー写真)

神様の訪問

小さい時は親が共働きで、一人で留守番をする事がよくあった。特に小学校の夏休みなど、日中は大体一人で家に居た。小学4年生の夏休みの事だ。トイレに行って居間へ戻った…

人形(フリー写真)

アンティークドールの夢

中学校に入学した時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰った。古いドールだったけど、しっかり手入れされていて、汚いという印象は受けなかった。それどころか、銀色の髪…

ビル(フリー写真)

何も無い空間

俺が建設業の見習いをしていた2、3年前の体験です。その年の夏は滅茶苦茶暑くて、その日は特に忙しかった。現場は既設ビル内。何とか定時までに終わらせなければならず、上の人に…

チクリ

大学に通うために上京してすぐのことです。高田馬場から徒歩15分ほどにある家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。6畳でトイレ、キッチン付きだったので、その当時と…

山の神様

俺が体験した不思議な話。母方の実家は山奥の大きな家なんだが、今その家には祖父母と叔父叔母と従兄弟(40近いおっさん)が住んでいる。うちからは少し遠いこともあって、なかな…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。辺りも薄暗くなってき…