不可解な事件

公開日: 未解決事件

トラック

ある探偵事務所のYさんから聞いた、行方不明者に関する未解決事件の話です。

行方不明の男性は長距離トラックの運転手でした。

ある日、その男性はトラックで青森の方の高速を走り、あるドライブインで休憩を取ったそうです。

そのドライブインは昔からやっていて、元は何かの倉庫を改造した長距離トラック専用の休憩所があり、運転手はその倉庫にトラックごと入り、トラックの中で仮眠を取るそうです。

前以てその倉庫を管理しているドライブインのおばちゃんに「何時何分に起こしてくれ」と告げておくと、おばちゃんがお茶のサービスと共に起こしてくれる仕組みになっています。

しかし、その男性はおばちゃんが起こしに行く前に、倉庫のトラックの中から忽然と姿を消しました。居なくなったのです。

倉庫はいくつかあったのですが、一つだけ使っていない倉庫がありました。普段はその倉庫のシャッターは降りています。

その男性が居なくなったのを発見したのは、やはりその倉庫で仮眠を取っていたトラック運転手でした。

いつもならシャッターが降りている倉庫が、今日はシャッターが開いていて、しかも中にトラックが入っていることを不審に思い、その運転手は気になっておばちゃんに報告しに行き、事件が発覚しました。

おばちゃんの話によると、どういう理由なのだかよく知らないが、昔からあの倉庫だけは使うなと言われていた。それが何故なのかはよく解らないという。

倉庫のシャッターは鍵が掛かっていて開く訳がないし、その男性がやって来る前も確かに閉まっていたとおばちゃんは主張します。

でも、実際はその倉庫は開いていて、その男性は行方不明。

夜中の高速道路のドライブインです。車が無いのにどこかへ行ける訳もありません。

Yさんは元刑事のコネクションも利用して、その男性の行方を追いました。

Yさんの敏腕ぶりが功を奏して、その男性は10日後に見つかりました。意外な場所で…。

場所はなんと瀬戸内海。人一人乗れば精一杯な突起した岩山の上でした。漁に出ていた海女さんが発見してくれたそうです。

地元の警察に、身元不明者として警察の死体置き場に安置されていました。

ここからはもうYさんの介入できる範囲の話ではありません。

なぜなら対象者(業界ではマルタイと言います)が遺体で発見されたのですから、ここからは警察の範疇になります。

しかし、なぜそんな所で見つかったのか?

アシもないのに?

最後に目撃されたのが青森。

遺体で発見されたのが瀬戸内海。

興味を持ったYさんは、元刑事というコネクションを最大限に利用し、遺体の発見状況の情報を手に入れたそうです。

それによると、遺体は死後2日ないし3日は経っていたそうです。

しかも遺体はまるで臨月が近い妊婦のように腹がポコンと膨れていたそうです。

そして体には無数の引っ掻き傷が。

最初にお腹が膨れ上がっている遺体を見た検視官は溺死と見て、お腹の中には水が溜まっていて膨れているのだと思ったそうです。

しかし、遺体を解剖してみたところ…驚くべきことが判りました。

遺体の胃には全く水は入っていませんでした。

それどころか、胃から食道、口の中にまで、アワビ、サザエ、ウニ、その他貝類と海の幸が殆ど消化されないままぎっしり詰まっていたそうです。本当にぎっしり…。

そしてもう一つ不可解なのは、遺体の体に無数に付いた引っ掻き傷。

明らかに人間…及び、何か爪のある動物に付けられた傷らしいのですが、その傷が何かおかしい。

人間ならば皮膚を引っ掻く時は1~5本の爪跡が残ります。

同じ方向で同じように傷を付けようと思えば、それ以上の爪跡はどうしても不自然になるのです。

ところが、遺体に付いていた傷跡は1~5本の爪跡も確かにあったのですが、それ以上、つまり6~8本の自然に付けられたであろう爪跡が残っていたそうです。

例えば人間であった場合、5本以上の爪跡を皮膚に付けようとして、片方の指にもう片方の指を足して付けると、どうしてもその付け足した部分が不自然な跡として残るはずです。

ところが、その爪跡は何とも自然。

解剖医は「これは…指が6本、ないしは7、8本の動物に引っ掻かれたと想定するのが自然なのだが…。

そんな動物は果たして存在するのかどうか…動物学者に聞いてみないと私には分からない」と言ってサジを投げたそうな。

Yさんから聞いたその不可解な事件の調査表は今でもあります。

ただし、地元警察はこれは無かったこととして、事件そのものを抹消してしまったそうです。

警察データにはただ『溺死』として残っているはず。

関連記事

長岡京殺人事件

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦2人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見…

松川事件

松川事件

松川事件は、1949年(昭和24年)に福島県の日本国有鉄道(国鉄)東北本線で起きた列車往来妨害事件。 「下山事件」「三鷹事件」と並び、第二次世界大戦後の「国鉄三大ミステリー事件」…

悪魔の詩訳者殺人事件

1991年7月11日、筑波大学助教授の五十嵐一が大学のエレベーターホールで刺殺され、翌日7月12日に発見された。 現場からO型の血痕(被害者の血液型ではないため、犯人の血液型とさ…

交通事故で亡くなった家族

警官をしている友人が数年前に体験した話。 そいつは高速道路交通警察隊に勤めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。 内容を聞くと、一週間前にあった東北自…

青ゲット(毛布)男殺人事件

事件のあらまし 明治39年2月11日の午後9時頃のことである。 吹雪の中をO町にある「橋田時助商店」に一人の男が訪れ、同店の番頭高木昭一(当時30歳)に面会を求めてきた。 …

三鷹事件

三鷹事件は、1949年(昭和24年)7月15日に日本・東京都北多摩郡三鷹町(現・三鷹市)と、武蔵野市にまたがる日本国有鉄道中央本線三鷹駅構内で起きた無人列車暴走事件。 同時期に起…

下山事件

下山事件(しもやまじけん)とは、日本が連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪、翌日未明に死体となって発見された事件。 事件発生…

熊取町若者七人連続怪死事件

1992年6月から7月にかけて、大阪府熊取町で17歳から22歳の若者が連続して自殺、変死するということがあった。 1週間ごとに、それも決まって水曜日か木曜日に自殺するというミステ…

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

1988年(昭和63年)3月18日、愛知県名古屋市中川区のアパートに会社員(当時31歳)の男性が帰宅。 室内で、妻である臨月の妊婦(当時27歳)が殺され、赤ちゃんが泣き叫んでいる…

西安義行さん失踪事件

1987年3月15日、兵庫県丹波市の自宅から、西安さんは高校時代の友人Sさんとドライブに出かけた。2人は京都・舞鶴へ向かった。 Sさんは運転免許を取りたてだったので、西安さんが運…