不可解な車の傷

夜道(フリー写真)

飲み会で後輩から変な話を聞いた。

車の話をしていたのだが、最近、車に不可解な傷がついたとか。

バイト帰りの深夜、他に走る車もない道路で信号待ちをしていたところ、突如後ろからゴツンと衝撃がきた。

買ったばかりの車を傷つけられた後輩は怒り心頭。すぐに車外に出たが、驚いた。

追突して来たはずの後続車はおらず、真っ直ぐ続く道路には自分と自分の車だけだった。

しかし追突されたのは確からしく、後部がべっこりとへこんでいた。

後輩は怖くなってすぐに立ち去った。

二日後、やはりバイト帰りの深夜、同じ道路を走っていると例の信号に差し掛かった。

あの夜と同じで他に走る車はない。

何となく怖くなり、さっさと走り抜けたかったが、信号は赤に変わった。

後輩はやむなく減速したがその時、前方にゴツンと衝撃を感じた。

今度は間違いなかった。前には何もない。

後輩はそのまま赤信号を無視して目一杯飛ばして家に帰った。

帰宅後に確認すると、何かに衝突された跡が確かにあった。

二回とも見えていなくてはおかしいはずのヘッドライトやテールランプには、全く気付かなかったらしい。

車は現在修理中。

板金屋は、

「フロントもバックも当たった車は同じ塗装じゃないですか? どういうシチュエーションですか!?」

と驚いていたそうだ。

修理が終わっても、そのまま乗り続けるかどうかちょっと迷っているとか。

今は代車を使っているが、

「かなりの遠回りをしてでも、あの信号付近は二度と通りたくない」

と話していた。

この話のせいで飲み会が凍りついた。

赤ちゃん(フリー写真)

大宮さんが来よる

今、四国の田舎に帰って来ています。姉夫婦が1歳の娘を連れて来ているのだけど、夜が蒸し暑くてなかなか寝付いてくれなくて、祖父母、父母、姉夫婦、俺、そしてその赤ちゃんの8人で、居…

山遊び

子供の頃の話。大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。小学校が休みの日…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

怪談ドライブ

もう十数年前、大学生だった私は、部活の夏合宿に出かけ、その帰り、大学の合宿施設の近くに実家のある先輩に誘われて、地元の花火大会を見学していた。花火大会の後、会場近くの河原で買い…

謎の駅と老人の地図

俺は5年前、大学1年の時に重い精神病を患った。最初は何となくやる気が起きないことから始まったんだが、そのうち大学の構内とか、人込みの中とかで、俺の悪口が聞こえるようになったんだ…

俺神様

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、…

世にも珍しいポジティブな神隠し

日本のみならず世界の各所で起きる「神隠し」。超自然的なものから人為的なものまで様々なものがあるが、基本的にネガティブなものである。しかし、とある地方では世にも珍しいポジ…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

夜の峠(フリー写真)

標識

9年前の12月23日に、東京から沼津までバイクで出掛けた。夜の帰り道、1号から熱海方面に適当に下りようとする。夜中の2時頃に前のブルーバードが曲がった南方向に行く細い…