不可解な車の傷

夜道(フリー写真)

飲み会で後輩から変な話を聞いた。

車の話をしていたのだが、最近、車に不可解な傷がついたとか。

バイト帰りの深夜、他に走る車もない道路で信号待ちをしていたところ、突如後ろからゴツンと衝撃がきた。

買ったばかりの車を傷つけられた後輩は怒り心頭。すぐに車外に出たが、驚いた。

追突して来たはずの後続車はおらず、真っ直ぐ続く道路には自分と自分の車だけだった。

しかし追突されたのは確からしく、後部がべっこりとへこんでいた。

後輩は怖くなってすぐに立ち去った。

二日後、やはりバイト帰りの深夜、同じ道路を走っていると例の信号に差し掛かった。

あの夜と同じで他に走る車はない。

何となく怖くなり、さっさと走り抜けたかったが、信号は赤に変わった。

後輩はやむなく減速したがその時、前方にゴツンと衝撃を感じた。

今度は間違いなかった。前には何もない。

後輩はそのまま赤信号を無視して目一杯飛ばして家に帰った。

帰宅後に確認すると、何かに衝突された跡が確かにあった。

二回とも見えていなくてはおかしいはずのヘッドライトやテールランプには、全く気付かなかったらしい。

車は現在修理中。

板金屋は、

「フロントもバックも当たった車は同じ塗装じゃないですか? どういうシチュエーションですか!?」

と驚いていたそうだ。

修理が終わっても、そのまま乗り続けるかどうかちょっと迷っているとか。

今は代車を使っているが、

「かなりの遠回りをしてでも、あの信号付近は二度と通りたくない」

と話していた。

この話のせいで飲み会が凍りついた。

恐怖のスイカ蹴り

俺の爺ちゃんの終戦直後の体験談。 終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。 当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯…

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。 じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。 「若いの、女はまだ出来んのか?」 「うるさ…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。 私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。 ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。 中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。 学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

次元の歪み

先に断っておきます。 この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。 あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。 もし今から私が話す話を…

アカエ様

俺が小学校低学年の頃の話。と言っても、もう30年以上前になるけどな。 東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。 海辺の生き物を探し…

黒い物体

黒い穴

もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。 当時、友人Aが中古の安い軽自動車を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ行っていた。 その時に起きた不気味な出…

隙間見た?

子供の頃に姉が、 「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。 人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。 今はもう剥げてきて…

縁側(フリー写真)

田舎にワープ

自分でも今だに信じられない話。俺が小学二年生の夏の話。 弟と兄弟喧嘩をした時、両親は理由も聞かず、長男だからという理由で俺だけを叱った。 正座させられた俺に、両親の後ろに回…