不可解な車の傷

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

夜道(フリー写真)

飲み会で後輩から変な話を聞いた。

車の話をしていたのだが、最近、車に不可解な傷がついたとか。

バイト帰りの深夜、他に走る車もない道路で信号待ちをしていたところ、突如後ろからゴツンと衝撃がきた。

買ったばかりの車を傷つけられた後輩は怒り心頭。すぐに車外に出たが、驚いた。

追突して来たはずの後続車はおらず、真っ直ぐ続く道路には自分と自分の車だけだった。

しかし追突されたのは確からしく、後部がべっこりとへこんでいた。

後輩は怖くなってすぐに立ち去った。

二日後、やはりバイト帰りの深夜、同じ道路を走っていると例の信号に差し掛かった。

あの夜と同じで他に走る車はない。

何となく怖くなり、さっさと走り抜けたかったが、信号は赤に変わった。

後輩はやむなく減速したがその時、前方にゴツンと衝撃を感じた。

今度は間違いなかった。前には何もない。

後輩はそのまま赤信号を無視して目一杯飛ばして家に帰った。

帰宅後に確認すると、何かに衝突された跡が確かにあった。

二回とも見えていなくてはおかしいはずのヘッドライトやテールランプには、全く気付かなかったらしい。

車は現在修理中。

板金屋は、

「フロントもバックも当たった車は同じ塗装じゃないですか? どういうシチュエーションですか!?」

と驚いていたそうだ。

修理が終わっても、そのまま乗り続けるかどうかちょっと迷っているとか。

今は代車を使っているが、

「かなりの遠回りをしてでも、あの信号付近は二度と通りたくない」

と話していた。

この話のせいで飲み会が凍りついた。

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。 小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。 何をするわ…

ウサギ

ウサギの墓

小学校の頃、自分は飼育委員をしていた。 学校には鶏とウサギと亀がいて、それらの餌やりや小屋の掃除、死体の始末をするのが仕事だった。 繁殖期になるとウサギは沢山子供を産み、九…

もっさん

うちの病院のカテーテル室(重症の心臓病患者の処置をする場所)には、もっさんと呼ばれるものが出る。 もっさんは青い水玉模様のパジャマを着ており、姿はぼさぼさ頭の中年だったり、若い好…

水の中の女

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。 当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。 薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。 私はその頃奇怪な体…

雨(フリー写真)

黒い傘

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。 高校2年生の夏休みの時の話。 友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来…

田舎の風景(フリー写真)

大きな馬

昭和50年前後の事です。 うちの祖父母が住んでいた家は、東京近郊の古い農家の家でした。農業は本職ではなく、借家でした。 敷地を円形に包むように1メートル程の高さの土が盛ら…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。 その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。 でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

担任が連れてきた女の子

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。 女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。 俺と母親が「…

田舎の風景(フリー写真)

指切り地蔵様

俺の実家の近所に『指切り地蔵様』と呼ばれている地蔵がある。 指の部分がちょうど指切りできるように変に曲がっているから『指切り地蔵様』。 小さな頃、その地蔵様と指切りをした…

胎内の記憶

5才くらいの頃の体験なんだけど、白装束かローブのようなものを着た、髭もじゃの外国人のおじさんの家によく遊びに行っていた。 それが夢なのか実際に行っていたのかはよく分からない。 …