犬の気持ち

犬(フリー素材)

俺が生まれる前に親父が体験した話。

親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。

散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。

犬は決まって親父の左側を歩き、決して右側を歩く事はしなかったそうだ。

これは親父が躾けた訳じゃなく、いつの間にかそうなっていたらしい。

犬の左側に回り込んで犬が右側に来るようにしてみたらしいが、何故か左側に戻って来る。

それが可愛くて、犬はそれ以降ずっと親父の左側を歩いていた。

ところがある日、犬が右側に来た。

驚いたし違和感もあったので、何度か左側に来るようにしてみたが、やはり右側へ。

不思議に思ったけど散歩に出掛け、最初の路地を右へ曲がろうとした時、右から来た車に犬が撥ねられ即死。

親父は咄嗟に、俺の身代りになるために右側に来たのだと思ったそうだ。

口から血を流して死んでいる犬を、世間の目も憚らず、抱きかかえながら号泣したそうだ。

子供の頃に聞いた話だが、聞いた時は大泣きした覚えがある。

それ以降、我が家に犬が居なかった事は一度も無い。

何か守られていると言うか、優しくなれると言うか…。動物は不思議だよな。

関連記事

和室(フリー写真)

回転する位牌

昔ニュースになったので、知っている人は知っているかもしれません。一人暮らしのおばあさんが、マンションの一室で孤独死した。死因は、ノイローゼが昂じて、弱った心臓が耐え切…

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。何をするわ…

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

横断歩道(フリー写真)

守護

週末、飲み会で泥酔して帰った時の事。家の前には深夜でも交通量が多く、事故の多い国道があるのだけど…。普段は危ないから絶対に斜め横断なんてしないのに、酔った勢いでつい魔…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。不思議なのはその人の会話です。話題…

雨(フリー素材)

天候を操る力

小学生の頃だったか。梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の子の家に遊びに行った。その親友と一緒に。そこで三人でゲームなどをして遊んでいたら、あっという間に帰る…

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」と言われる事がある。霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。これは俺が実…

お葬式

数年前、深夜の0時頃に、その頃付き合ってたSから電話が掛かってきた。切羽詰まったような声と口調で、話の内容がいまいち理解出来ない。外にいるみたいなので、取り敢えず家まで…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。班…

家(フリー素材)

予兆

会社からの帰宅途中に新しい家があり、その家のベランダを見たら女性が体育座りをしている。それだけだったら変じゃないけどさ。よく見たら家族で体育座りをしているんだよね。 …