未来から来た男

公開日: 不思議な体験

wallpaper109_640_1136

俺が小学校低学年の時、25年くらい前かな。

当時住んでたとこの近くに公園があった。

ある日、友達と遊んでて帰りが遅くなったとき、公園のところを通ったとき、20歳くらいの人に話しかけられた。

「君、ちょっと聞きたいんだけど、ここはなんていうところなんだい?」って聞かれた。

勿論『なに、この人?』みたいに思ったけど、当時警戒心もなかった漏れは地名を教えてあげた。

それでその日は帰ったんだけど、それからも何回か公園で会って、話したりした。

その人が言うには、自分は未来から来たといってた。

なんでもその人は大学生だったらしいけど、ある日目覚めたらこの近くにいたらしい。

じゃあどうやって生活してるんだって話だが、小学生の頭じゃそこまで考えていなかった。

それで
「えー、嘘だよ。じゃあ証拠みせてよ」と言うと、
「これくらいしかないけど」
とタバコケースよりいくらか小さい機械を見せてくれた。

それは写真を撮ったり、歌を流したりできた。

確かラジオも聞けたはず。他にも、電話やメッセージを送ったりできると言っていた。

SFの世界から出てきたようなそれに、マジで興奮していたと思う。

俺はもっと未来の話を聞きたかったが、その日はもう遅かったのでそのまま別れた。

次の日、放課後すぐに公園に行ったがその人はいなかった。

結局それから2度と彼と会うことはなかった。結局彼はどこの誰か、その後どうなったのかわからない。

本当に未来から来たのか、今となっては知る術もない…。

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…

時空

時空トンネル

数年前、子供の頃に不思議だった出来事が繋がった話です。5才くらいの記憶で、その頃はよく畑仕事に兄と付いて行っていたんです。畑から数十メートル離れた場所に、大きな岩が何個…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。欠伸を噛み殺しながら、『そろそろ火の始末をして…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

夜の山と月(フリー写真)

夜の山は人を飲み込む

十代最後の思い出に、心霊スポットとして有名なトンネルがある山に行った時の話。俺と友人三人は金も車も無かったので、バスを乗り継いで現地に向かい、夜に歩いて帰宅するという、今考えた…

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

庭に咲く花(フリー写真)

光る玉

私の母は私を産む前に二度流産しており、三度目(私)の時も、何度か駄目になりかけていたそうです。妊娠4ヶ月頃の時も、やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、その時、庭で二人…