未来から来た男

公開日: 不思議な体験

wallpaper109_640_1136

俺が小学校低学年の時、25年くらい前かな。

当時住んでたとこの近くに公園があった。

ある日、友達と遊んでて帰りが遅くなったとき、公園のところを通ったとき、20歳くらいの人に話しかけられた。

「君、ちょっと聞きたいんだけど、ここはなんていうところなんだい?」って聞かれた。

勿論『なに、この人?』みたいに思ったけど、当時警戒心もなかった漏れは地名を教えてあげた。

それでその日は帰ったんだけど、それからも何回か公園で会って、話したりした。

その人が言うには、自分は未来から来たといってた。

なんでもその人は大学生だったらしいけど、ある日目覚めたらこの近くにいたらしい。

じゃあどうやって生活してるんだって話だが、小学生の頭じゃそこまで考えていなかった。

それで
「えー、嘘だよ。じゃあ証拠みせてよ」と言うと、
「これくらいしかないけど」
とタバコケースよりいくらか小さい機械を見せてくれた。

それは写真を撮ったり、歌を流したりできた。

確かラジオも聞けたはず。他にも、電話やメッセージを送ったりできると言っていた。

SFの世界から出てきたようなそれに、マジで興奮していたと思う。

俺はもっと未来の話を聞きたかったが、その日はもう遅かったのでそのまま別れた。

次の日、放課後すぐに公園に行ったがその人はいなかった。

結局それから2度と彼と会うことはなかった。結局彼はどこの誰か、その後どうなったのかわからない。

本当に未来から来たのか、今となっては知る術もない…。

関連記事

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

石段の向こう

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。母が婚前に英語の教師をした影響…

歯型

これは今から13年前に起きた出来事です。今でもあれが何だったのか解りません。早く忘れられれば良いと願っています。当時、私は上京してきたばかりで、右も左も分からない状態で…

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。ふと一枚の写真が目についた…

天国(フリー画像)

人生のやり直し

俺は一度死んだことがある。これだけだと訳が解らないと思うので詳細を説明する。 ※ 小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。運動会や遠足もあったし、毎日普通に生活していた。…

宇宙(フリー画像)

宇宙人の魂

俺が小学4年生くらいの頃に体験した不思議な話。夏休みに家族4人(父、母、俺、妹)で、富士山近くのサファリパークみたいな所へ遊びに行きました(場所ははっきりと覚えていません)。 …

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。俺は『下の階の人のと…

手伝うよ

私が通学する駅は自殺の多い駅だ。そのせいか、電車の急停止が多い。急停止が多いあまり、学校や会社に遅れても「電車が」「自殺があって」と言えば遅刻扱いにならず、受験は余った…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …