一途な思い

love-hate-being-james-thomas

僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。彼女の家庭にはお父さんがいなかった。

お母さんは僕の目から見てもとても若かったのを覚えている。違うクラスになったけど僕と彼女は仲良くなった。

彼女はあまり明るいほうではなく、女子の友達も少なかった。本ばかり読んで親しい友人のいなかった僕と彼女はお互いの家に遊びに行くほど仲良くなった。

そのうち彼女は愚痴を言うようになった。母親がすぐ殴ること。同じクラスの女子が意地悪をすること。

好きな男の子ができたけどその子は他の女子にも人気があること。最初は僕のほうがよく喋っていたけれど、この頃からは一方的に彼女が話し僕が聴くようになっていた。

ある日を境に、彼女は学校に来なくなった。好きだった男子の取り巻きたちにいじめられていたのが理由だ。

彼女は僕に会うたびに自分をいじめた女子が憎いといった。そのいじめを見て見ぬふりをしていたクラスの皆も憎いといった。

そして現実味のない復讐やクラスメイトの悪口を延々と話し続けた。僕はただ黙って相槌を打っていた。

中学に入ってから彼女の素行が荒れ始めた。夜遅くまで帰って来ないようになり、これ見よがしにタバコを吸い始めた。

家庭環境も悪化し、深夜にいきなり親子喧嘩が始まったりもした。一度は警察が彼女を迎えにやってきた。

この頃から近所と折り合いが悪くなり、中傷ビラや落書きなどの悪質な嫌がらせが彼女の家に行われた。

一度は郵便受けに刻んだ猫が入っていた。僕も母に彼女と付き合うのをやめるよう言われた。

僕が高校を出た時、彼女は部屋に引き篭もるようになった。僕も彼女の姿を見ることがめっきり減った。

めっきりふけこんだ彼女のお母さんに話を聞くと、昼は絶対に出てこない。ご飯は部屋の前に置いて行く。深夜になるとトイレに行く時だけ出てくる。

そんな生活を送っているようだ。僕は久しぶりに彼女に会いに行った。

彼女は僕に会うのを拒絶した。扉越しに帰れと怒鳴った。何を話しても黙っていた。

一度なんかはドアが開いたと思ったら味噌汁をかけられた。ちらりと見えた彼女はげっそりと青白くやつれていた。

絞った雑巾のようだった。僕は毎日彼女に会いに行った。親と喧嘩した。やっとできた友達と疎遠になった。それでも毎日彼女の部屋まで会いに行った。

そのうち彼女は扉越しに話をするようになった。

悪い仲間と付き合っていたこと、万引きが癖になって警察に捕まったこと、恋人ができたと思ったら避妊に失敗して子供ができた途端に逃げられたこと、助けて欲しくて相談した母親が半狂乱になって殴られたこと、子供をおろしたこと、死のうと思ったこと、手首を切ったこと…。

昔と同じ様に彼女が一方的に喋り続け、僕は相槌を打つ。意見を求められた時はなるべく無難な意見を言う。

そのうち彼女は部屋を出た。アルバイトも始めた。だんだん性格も明るくなり始めた。彼女のお母さんから泣きながらお礼を言われた。

ある日、彼女は近所の団地から飛び降りた。下が植え込みだったこととたいした高さじゃなかったために一命は取り留めたが、脊髄が傷ついたために今後の人生は車椅子のお世話になるそうだ。

ベッドに横になった彼女は泣きながら謝った。親や僕に迷惑をかけていたのがすごく申し訳なかったから飛び降りたんだそうだ。

泣いている彼女を慰めた。寝転んだまま泣いている人を慰めるのは難しいと思った。慰めながら彼女にプロポーズした。結婚を前提に付き合ってくれるように頼んだ。

彼女は全身の水分を絞りつくすようにして泣きながら「本気? 私でいいの? 本当にいいの?」と何度も聞き返した。訊かれる度に頷き返した。

君のことがずっと好きだった。

顔を歪めてクラスメイトの悪口を言っていた時も、悪い友達と付き合って荒れていた時も、一方的に愚痴を喋り続けていた時も、君が泣きながらお母さんが自分を殴ることを告白した時も、引き篭もって別人のように痩せた時も、小学生の頃に君が好きな男子の名前をその取り巻きたちに教えた時も、君の家のポストに入れる猫を刻んでいた時も、足の感覚を失い白いベッドに飲み込まれそうに小さく横たわっている今もずっと君が好きだ。

これで完璧に君は僕だけの「彼女」だ。

僕たち今度結婚します。

関連記事

村の風景(フリー素材)

朽縄(くちなー)様

田舎に住む祖父は、左手小指の第一関節の骨がありません。 つまむとグニャリと潰れて、どの角度にも自由に曲がります。 小さい頃はそれが不思議で、「キャー!じいちゃんすごい!なん…

リアル(長編)

俺の経験から言わせてもらう。何かに取り憑かれたりしたら、マジで洒落にならないことになると最初に言っておく。 もう一つ。一度や二度、お祓いをすれば何とかなるってことはまずない。長い…

廃屋

廃屋での恐怖体験

小4の時の話。 多分みんな経験があると思うけれど、小さい頃って廃屋があると聞いただけで冒険心が疼いて仕方ないと思うんだ。 俺自身もあの日は家からそう遠くない場所に、まだ探検…

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。 十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。 暫くは私のアルバム…

蛇

ナール・ナーシュ

これは現在進行中の話。一応自己責任系に入るかもしれないので、読む方はその点ご了承の上でお願いします。 7~8年前、自分はパワーストーンに嵌っていて、色々集めていました。 集…

旅館(フリー素材)

仮母女(かもめ)

若干の脚色はありますが、友人の兄の体験を本人目線で書いたものです。 ※ 今日は彼女の洋子と初めての一泊旅行。と言っても、家から電車で二時間ほどの県内北部にある温泉旅館だが…。 …

口

笑い女

先週の金曜、会社の先輩の大村という男が死んだ。 もちろん直接現場を見た訳ではないけど、マンションの自室で、自分の両耳にボールペンを突き刺して死んでいたらしい。 大村自身の手…

東京五輪

ナレーションの声

小学5年生の頃、アメリカでワールドカップが開催された。 だからという訳ではないけど、幼馴染のNとよく近所の公園でサッカーをしていた。 ある日、「たまには別の公園でやろう」と…

富士川(フリー写真)

お下がり

俺の家は昔とても貧乏で、欲しい物なんか何一つ買ってもらえなかった。 着ている服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。 そんな俺でも、義務教育だけはちゃん…

村

祟り神

中学生の頃に祖父から聞いた話。 俺の地元の山には神主も居ない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。 大半…