台風の夜

B8421F3B15834F7B94CF99C85AC1FD07_LL

私が友人と4人でキャンプに出かけた時のことです。

ちょうど台風が日本に近づいている時でしたが、日本上陸はしないと天気予報は報じていたので、キャンプを強行したのでした。

しかし雨こそ降らなかったものの予想外の風の強さにテントを張ることもままならず、飛び込みで民宿に入ったのでした。

そこは旅館と言っても良いくらいの立派な建物で、急な客の私達を快く迎えてくれました。

通された部屋は小さな宴会場の隣で、

「普段は使わない部屋でして、多少隣がうるさいかもしれませんが」

と申し訳なさそうに女将さんに言われました。

「いえいえ、こちらこそ、無理をお願いしまして」

と私達は部屋に腰を落ち着けました。

部屋で食事を済ませてお酒をちびりちびりとやっていると、なるほど隣からボソボソと声が洩れてきました。

しかしいつまでも隣の宴会は盛り上がる様子はありませんでした。

私は気晴らしに廊下をぶらりと散歩して、隣の宴会場に電気が点いていないので驚きました。

ふすまをそっと開けると誰もいませんでした。

部屋に戻り『おかしいなあ』と思っていると、隣の宴会場からボソボソと人の声が聞こえてきます。

友人達も隣の宴会場を覗きましたがやはり誰もいませんでした。

「幽霊のいる部屋の隣だから空いていたのか」

酒に酔った私達は気が大きくなって特に怖いとは感じませんでした。

霊感が強いという友人が部屋の壁を叩いて、

「そちらは亡くなった方ですか?」

と言いました。

すると、「トン」と壁を叩く音がしたのです。

「線香でも上げましょうか?」すると、「トン」と音がしました。

「何本くらい必要でしょうか? そちらは人数は…?」

すると、

「どん!どん!どん!ばん!どん!どん!ばん!どん!どん!ばん!どん!どん!

ばん!どん!どん!ばん!どん!どん!どん!どん!ばん!どん!どん!」

と壁中から音がして、私達4人は腰を抜かしそのまま気を失ってしまいました。

翌朝目が覚めて、部屋を飛び出すと、女将さんが大量に線香を携えて宴会場に向かうところでした。

女将さんの話ではまだ先代の女将が現役だった頃、台風で多くの犠牲者が出て、宴会場を死体置き場にしたことがあったとのことでした。

それ以来、時々この時期に霊に敏感な人が泊まると彼らに遭遇するのだそうです。

関連記事

山道(フリー写真)

出会った時間

これは以前働いていた会社の人の体験談です。会社の仕事が一段落つき、何の話からか怖い体験の暴露大会になった時に聞いたSさんの話です。 ※ Sさんは、遠く離れた所に住む友人の家…

ビデオテープ(フリー画像)

走る男

とある休日、Aは余りにも暇だったので近所の古びたレンタルショップにビデオを借りに行った。するとそこはもう閉めるらしく、閉店セール中だった。店内には古いビデオをどれでも一…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

チクリ

大学に通うために上京してすぐのことです。高田馬場から徒歩15分ほどにある家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。6畳でトイレ、キッチン付きだったので、その当時と…

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。しかし一つだけ不思議な点があった。それは、何故かいつ…

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…

山(フリー写真)

山の物の怪

うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りだった。裕福だった両親からの何不自由ない援助のおかげで、燃費の悪い輸入物のバイクを暇さえあれば乗り回していたそうな。 ※ ある…

みさきとおばあちゃん

朝起きて家の前でタバコをふかしていると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。「○○ちゃん(私の名前)、頼みたい事があるんだけど……。ちょっと、みさき(Aさんの娘さん、小…

彼氏からのメール

若い女性があるマンションに一人で住んでいた。彼女には、交際して2年の彼氏がおり、いつかは結婚もあり得るくらい交際は順調だった。ある日の晩、彼氏からのメールを受信した。 …

お墓参りで使用する水桶(フリー写真)

お墓を広くすること

実家は山の中にある田舎なのだが、近所に見栄っ張りで有名な家族が居た。特におばあさんが見栄っ張りで、息子や孫の自慢話ばかりすることで、近所から嫌われていた。ある日、そのお…