引き出しの中

オフィス

自分が実際に体験した訳ではないのだけど、最近あったぞっとした話。

今年の3月、会社で人事の入れ替えがあったんだけど、ベテランのSさんが地方に異動になり、私のフロアには新人のT子が入ってきた。

ところがそのT子はあまり要領の良くない子で、机の上を物凄く散らかしては、書類が無いと言って騒いでいた。

見かねて処理済みの物からファイリングして引き出しに仕舞うように言ったのだけど、「引き出しを開けると、顔が見えるので開けたくないんです」と言う。

T子のデスクは元々Sさんが使っていた場所。

年度末の忙しさもあり、くだらないとあまり話も聞かなかった。直接の指導役ではなかったし、その後絡むことも無かった。

2週間ほど過ぎてから、T子に話しかけた。

机の上にはファイルが山積み、相変わらず引き出しは使っていないようだ。

冗談で「見られちゃやばいものでも入ってるんじゃないのー?」と引き出しを開けてみると、隣で物凄い叫び声がした。

T子はマジで怖がっていて、震えていた。

「腐ってきてる…」

T子はそう言って慌てて引き出しを閉め、ガムテープで目張りまでし始めた。

でも何も入っていないし、臭いもしない。精神状態が悪いのではないだろうかと心配になった。

結局、T子はすぐに辞めてしまった。

その後、Sさんが亡くなっていたと連絡が入った。

異動の後、程なくして体調を崩し、会社を休んでいたらしい。

数日は連絡が来ていたのだけど、そのうち電話も来なくなり、同僚が心配して何度か家に行ったらしいが応答無し。

上司が大家に言って、中に入って発見したのが4月の頭頃。

その時には、死後2週間前後ほど経っていたそうで、中は酷い臭いだったそうだ。

Sさんは湯船の中で亡くなっていて、発見した上司が暫く鬱っぽくなるほど凄まじい状態だったみたい。

T子が見たのは、Sさんだったのだろうか?

T子はもう居ないし、確かめようが無いのが残念だが…。

偶然にしては時期が重なり過ぎていて、ぞっとした。

関連記事

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。 まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。 どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

山(フリー写真)

禁断の地

これは俺の祖父の父(曽祖父)が体験した話だそうです。 大正時代の話です。大分昔ですね。曾爺ちゃんを仮に「正夫」としておきますね。 ※ 正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれ…

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。 田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。 当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

踏切(フリー素材)

留守電に残された声

偶にニュースで取り上げられる、『携帯電話に夢中で、踏切を気付かずに越えて電車に轢かれてしまう』という事故があるじゃないですか。 巻き込まれた本人もさる事ながら、電話の相手も大変で…

玄関(フリー写真)

住職さんへの相談

友達の母さんが運転中、前の車にぶつけてしまった。 保険屋を通しての賠償は勿論、直接相手の元へ出向いたりと誠心誠意、謝罪をした。 しかし、このぶつけてしまった相手というのがね…

海(フリー素材)

アシュラさん

今年の3月の終わり頃だったかな。 俺はいつものように更新を楽しみにしている洒落怖まとめサイトを見ていた。 その時、オカルト好きな俺の叔父さんが家に遊びに来ていて、一緒になっ…

呪いの連鎖(長編)

呪いって本当にあると思うだろうか。 俺は心霊現象とかの類は、まったく気に留める人間じゃない。だから、呪いなんか端から信じていない。呪いが存在するなら、俺自身この世にはもう居ないは…