引き出しの中

オフィス

自分が実際に体験した訳ではないのだけど、最近あったぞっとした話。

今年の3月、会社で人事の入れ替えがあったんだけど、ベテランのSさんが地方に異動になり、私のフロアには新人のT子が入ってきた。

ところがそのT子はあまり要領の良くない子で、机の上を物凄く散らかしては、書類が無いと言って騒いでいた。

見かねて処理済みの物からファイリングして引き出しに仕舞うように言ったのだけど、「引き出しを開けると、顔が見えるので開けたくないんです」と言う。

T子のデスクは元々Sさんが使っていた場所。

年度末の忙しさもあり、くだらないとあまり話も聞かなかった。直接の指導役ではなかったし、その後絡むことも無かった。

2週間ほど過ぎてから、T子に話しかけた。

机の上にはファイルが山積み、相変わらず引き出しは使っていないようだ。

冗談で「見られちゃやばいものでも入ってるんじゃないのー?」と引き出しを開けてみると、隣で物凄い叫び声がした。

T子はマジで怖がっていて、震えていた。

「腐ってきてる…」

T子はそう言って慌てて引き出しを閉め、ガムテープで目張りまでし始めた。

でも何も入っていないし、臭いもしない。精神状態が悪いのではないだろうかと心配になった。

結局、T子はすぐに辞めてしまった。

その後、Sさんが亡くなっていたと連絡が入った。

異動の後、程なくして体調を崩し、会社を休んでいたらしい。

数日は連絡が来ていたのだけど、そのうち電話も来なくなり、同僚が心配して何度か家に行ったらしいが応答無し。

上司が大家に言って、中に入って発見したのが4月の頭頃。

その時には、死後2週間前後ほど経っていたそうで、中は酷い臭いだったそうだ。

Sさんは湯船の中で亡くなっていて、発見した上司が暫く鬱っぽくなるほど凄まじい状態だったみたい。

T子が見たのは、Sさんだったのだろうか?

T子はもう居ないし、確かめようが無いのが残念だが…。

偶然にしては時期が重なり過ぎていて、ぞっとした。

関連記事

村

閉ざされた集落

もう20年以上前、少年時代の話である。俺は名は寅、友達は雄二に弘樹と仮名を付けておく。 ※ あれは小学校六年生の夏休み、俺達は近所の公園で毎日のように集まり遊んでいた。 …

高速道路(フリー写真)

レッカーの仕事

私は運送の仕事をしていまして、主に牽引の仕事を回されます。交代制で日勤と夜勤を月毎にやるのですが、夜勤の時は大体仕事が決まります。故障、もしくは事故で自走出来ない車のレ…

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

かごめかごめ

この話は、実際に友人が遭遇した話で、彼もその場所はついに教えてくれませんでした。実際に人が2人死に、彼も警察にしつこく尋問されたそうです。これは私が大学時代にその友人か…

夜空の月(フリー写真)

砂利を踏む足音

学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮だった。周りは住宅地で、古くからあるお宅と、ベッドタウン化による新興…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。何とい…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

イエンガミ

先日亡くなった友人(暗子)が実は生きていて、暗子を助けようとしていた友人(陽子)が行方不明になった…という出来事がありました。心霊系の話ではないし、かなり長くなります。そして最…

登山(フリー写真)

伸びた手

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。…

廃工場(フリー素材)

溶接

大学一回生の冬。俺は自分の部屋で英語の課題を片付けていた。その頃はまだそれなりに授業も出ていたし、単位も何とか取ろうと頑張っていた。ショボショボする目で辞書の細い字を指…