置いていかないで

3

友達(A)から聞いた話。

Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。

その教習所で、地元の女の子2人組、C子とD子と仲良くなった。

教習所に通っている間、いつも4人で遊んで仲良くやっていたが、AとBには地元に付き合っている彼女がいた。

C子とD子とはその場限りの遊びのつもりだったので、免許が取れた後はすっかり会わなくなった。

何度か電話がかかってきたが、居留守を使ったりして話す事すら無かった。

それから暫くして、Aの夢の中にC子が出てきた。C子はうつむいて、

「もっと沢山遊びたかったのにねー…せっかく仲良くなれたのにねー…」

と呟きながら消えていった。

AはC子に何かあったのかなと思い、C子に電話してみたが繋がらない。

D子にも電話しましたが、こっちも繋がらない。

連絡が取れないなら仕方ないと、あまり気に留めていなかった。

それかまた暫くして、D子から電話がかかってきた。D子は沈んだ声で言った。

『C子死んじゃった…』

なんでも、2人で歩道を歩いていたら、そこに居眠り運転のトラックが突っ込んできて、C子は即死、D子も意識不明の重態に。

幸いD子は順調に回復し退院となったが、退院してすぐC子が亡くなった事を聞かされ、なぜ自分だけが助かってしまったのかと、半ばノイローゼ気味になっていた。

Aはこの事をBにも話さなきゃなーと思っていた矢先、別の友人からBがバイクで事故ったと聞かされた。

前の車を追いこそうと反対車線に出たところ、対向車と正面衝突。Aは急いで病院に行ったが、Bは意識不明のまま1週間後に亡くなった。

AはBが死んだ事をD子に話すべきか迷ったが、4人のうち2人が死んでしまい、少し心細かったせいもあり、D子に電話してみた。

しかし、またしてもD子の電話が繋がらなかった。不安になったAは、D子の実家に電話をかけたところ、D子は行方不明となっていた。

ちょうどC子の事で電話をかけてきたすぐ後から。

この時からAは少しおかしくなってしまった。なぜ自分だけが今生きているのだろう。皆に申し訳ない。そんな思いに毎日押しつぶされそうになっていた。

その後。何日間かの記憶はもうろうとして、はっきりと思い出せなかった。その何日間かの出来事を母親が教えてくれた。

Aはすっかり生気をなくし、食事もろくに取らず部屋の篭りっきりだった。

ある日、Aが部屋から出てきて、

「かーちゃん。友達が来てるから、お菓子持ってきてよ」

と言いながら、ジュースとグラスを4つ持って部屋に戻っていった。

母親は『いつの間に来たんだろう』と思いながらも、お菓子を持ってAの部屋に。

部屋のドアを開けると、誰もいないテーブルにジュースの入ったグラスが4つ。

窓の方に目をやると、Aが窓から身を乗り出し、今にも飛び降りそうになっていた。Aの住んでいるマンションは8階で、落ちたら即死である。

母親は慌ててAをつかみ、部屋に戻そうとした。

Aは「みんな待ってくれ!俺を置いて行かないでくれ!」と叫びながら、宙に手を伸ばしていた。

なんとか部屋に引き戻したものの、同じ事が何日も続いた。

さすがの母親もこれにはまいり、人づてで結構有名な霊能師を紹介してもらい、御祓いをする事になった。

霊能師によると、

「成仏しきれない霊に、もう少しであの世に連れて行かれるところだった」と。

それからAは正気を取り戻し、現在に至る。

しかし、この話の最後にAは言った。

「D子は未だに行方不明だけど、もう死んでるよ。だって、時々3人で来るから…」

関連記事

飛び降り

大学時代の経験を一つ。神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。俺は窓からその光景を見ていたので、驚…

プール事故

俺の母が女子高に在籍していた当時の、水泳授業中の話。授業が始まり、一番最初の生徒が飛び込んだところ、中央近くでぷかりと仰向けで浮かんできた。驚いた教員がすぐさま飛び込み…

嫌がらせ

心霊とは関係ありませんが、かなり恐かった話です。彼の元カノに嫌がらせをされていました。着歴が毎日100件を越えるほどで、警察にも相談に行きましたが、相手にされませんでし…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。すると田んぼの中に、…

廃病院

廃病院での心霊体験

まだ俺が大学に居た頃だから、もう2、3年前になると思う。田舎を出て県外の大学に通っていた俺に、実家から「婆ちゃんが倒れた」と電話があった。昔から色々と面倒を見てくれてい…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

なんで逃げちゃったの

これは数年前に友人(仮にAとします)から聞いた話です。その当時Aは高校2年生。そしてそれは夏休みの出来事だった。夜22時頃にAの携帯が突然鳴った。Aの近所に住む中学校か…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…