ぐにゃぐにゃおばさん

山道

大無間から光へ。これが一発で解る奴は山が好き。

でも、行った事のある奴は少し変態かな。このルートはそんな所だ。

これは2001年夏。その山行の終盤、加々森から光へ抜ける時の話。

加々森は陰欝なピークだ。見晴らしが利かず暗く寂しいから、留まるような場所じゃない。

友人と二人で来てみたものの、鹿の骨が散乱する暗い深南部の森にもいい加減飽きがきていた。

会社に休みを延長してもらって、明るい聖まで足を延ばそうかなあ…などと思いながら、殆ど加々森には立ち止まらず先へ進んだ。

起伏が連なり、殆ど消えかけた道をしばらく進んでいると、やがて急な下りに。先行した友人が舌打ちをして止まる。

「うわ、わりぃ。ルート間違えた」

地図を見ると、確かにこんなに下っていない。光岩へ右に行く所を直進してしまい、尾根をかなり下ってしまったようだった。

溜め息を吐いて戻ろうとしたが、ぬかるんだ急斜面がある。ずるずるに滑って、上るのは結構骨が折れそうだった。

「まあ、場所は大体この辺だから、少しトラバースして上りやすいとこから行こうや」

なんとなく萎えた気持ちのまま、しばらくトラバースすると急に開けた場所に出た。紫の原っぱだ。

窪地いっぱいに広がるミヤマトリカブト。素晴らしく綺麗だった。

こんな場所があったのかあ。見回せば、この窪地から上へ向かい小道が続いている。誰か知っていて来る人もいんのかなあ…?

取り敢えずルートに戻れそうだ。俺は少しほっとした。

その時、トリカブトの群落から派手な合羽のおばさんがスウッと出て来た。

「助かるわあ。道に迷ったんです。お兄ちゃん光まで連れてって」

友人が震えているのが不思議だった。

「まあ、ルートはこの上だと思うんです。この道悪いかもしれんけど」

俺たちも迷ってしまった事は棚に上げて、俺は自信満々だった。まあ、現在地も大体把握できていたからだと思う。

「じゃあ、行きますか?」

ところが、俺が先に行こうとした途端、友人が俺の腕を引っ掴んで、絞り出すような声で呻いた。

「俺たちは後から行くから、先に歩け」

おばさんは少しお辞儀をして、先に上る道を上がって行った。

しかし、遅い。たいした坂でもないのに、這いずるような格好で辛そうに歩く。

あまりに遅いペースに苛立ち、「先に行ってルート見てくるから、おばさん後からゆっくり来なよ」と言おうとした瞬間、友人が俺に呟いた。

「こいつに後から付いて来られるのは嫌だからな。絶対見える所がいい」

何となく気持ち悪くなってきた。このおばさんはどこに行くつもりだったんだ?

光より南から、こんな装備で来たはずがない。光から来たなら、こんな所には来ない。

おばさんは何だかぐにゃぐにゃと上っている。

「ねぇ。どっから来たんですか?」

俺の問いには一切答えず、おばさんは言った。

「前。代わらない?」

「代わらない!行けよ!」

友人が怒鳴る。

「前。代わらない?」

ぐにゃぐにゃのろのろ歩くおばさんの後をしばらく上った。4、5回同じ問答をしたと思う。

俺はいつの間にかすっかり怯えていた。

だが、ぐいっと急斜面を上ると突然本道に出た。

「ああ、良かった。戻ったあ」

と思った瞬間、「バキン!!」と音を立ててオバサンの首が直角に曲がったんだ。

それでスウッとさっきの道を下りて行った。

俺は怖いというより、驚いて硬直したまましばらく動けなかった。

その後、光小屋まで物凄いスピードで上ったよ。

そして友人はその晩言った。

「おまえ合羽のフードの中の顔見た? 目も鼻も口の中も、全部土がいっぱいに詰まってたぞ。

あんなのにぴったり後ろを付いて歩かれるのは、俺は絶対に嫌だね」

俺は山は好きだけど、あれから光より南は行ってないなあ。

関連記事

学校の校門(フリー背景素材)

ジェニー人形

昔、父親に愛人が居た。数年後、母にバレて別れる事になったのだが…。それが原因でその愛人さんは精神的に不安定になり、私や私の姉達の通学路に立って、おかしな言動をするように…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…

ビル(フリー写真)

鳴り続ける電話

先日、年末の追い込みで一人残業をしておりました。残業規制厳しい折、電灯は自分の席のみに限定され、結構広い事務室は私の席を残して後は全部真っ暗の状況。商店街の一角の会社と…

きらきらさん

差し障りがあるといけないので、時と場所は伏せて書きます。そこの施設内で、度々動物の惨殺死体が発見されるのです。そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。…

村

閉ざされた集落

もう20年以上前、少年時代の話である。俺は名は寅、友達は雄二に弘樹と仮名を付けておく。 ※ あれは小学校六年生の夏休み、俺達は近所の公園で毎日のように集まり遊んでいた。 …

気持ちの悪いスナック

7年くらい前にタクシーの運転手さんに聞いた話です。当時、六本木にある会社に勤めていましたが、結構夜遅くなることが多かったんですね。当然終電はなく、タクシーで帰ることにな…

山(フリー写真)

テンポポ様

俺の地元には奇妙な風習がある。その行事の行われる山は標高こそ200メートル程度と低いが、一本の腐った締め縄のようなものでお山をぐるりと囲んであった。女は勿論、例え男であ…

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。竹林になる前、明治・…

ハコマワシ(長編)

半年くらい前、怖い体験をした。心霊現象ではないが、かなり気持ち悪い体験だ。長くなると思うから適当に読み流してくれても構わない。中学生だった頃、俺のクラスに霊感少女がいた。家が神…

猿夢

私は、夢をみていました。昔から夢をみているとき「私は今夢をみているんだ」と自覚することがあり、この時もそうでした。なぜか私は一人薄暗い無人駅にいました。ずいぶん陰気臭い…