住人の目

アパート(フリー写真)

一昨年まで住んでいたアパートの話。

引っ越しをしようと決め、物件探しをしている時、

「ちょっとした縁で安く出来るから」

と、そのアパートを不動産会社から紹介された。

部屋は1K、ロフト付き。日当たりも良し。

大き目の収納もあり、交通の便も良く、殆ど文句の無い物件。速攻でそこに決めた。

当時は猫を一匹飼っていたのだが、その許可を貰うのを忘れてしまい、

『ま、後で上手く誤魔化せばいいか~』

というぐらいの軽い気持ちで、猫も連れて来た。

アパートの住人たちへの挨拶も済ませ、近所のスーパーなどを見て回り、引っ越し当日は終了。

荷物も整理していない部屋で寝ようとした時、猫の異変に気が付いた。

玄関のドアの方を見て微動だにせず、ずっと低い声で唸っていた。普段はそんなことしないのに。

その時は『野良猫でもいるのかな?』としか思わなかったので、そのうち慣れるだろうと思い、早々に寝てしまった。

しかし次の日もその次の日も、毎日毎日、夕方頃になるとその行動を取るようになり、これはおかしいぞと思い、唸り続けている猫の近くに行った。

すると、何か玄関の外で人の気配がする。

お化けとかそういう雰囲気ではなく、明らかに人間の気配。

思い切ってドアを開けたかったが、怖くて出来ない。と言うか、そんな根性も無いし(泣)。

結局、物音を立てないように猫を抱えて部屋に戻り、襖を閉めて寝ることしか出来なかった。

それでも猫は、襖越しに玄関の方を見て唸っていたけど。

そんな毎日が続いたため満足に寝ることが出来ず、3ヶ月で部屋を引き払うことにした。

体重も10キロ落ち、医者にも

「相当ストレス溜まってるね」

と言われたので、元のアパートに出戻りする形になった。

それで、またアパートの住人に挨拶して回ることにしたのだが、こちらが

「短い間でしたがお世話になりました」

と挨拶すると、全員が決まって猫の話をするんだ。

「このアパート、猫とか禁止でしょ? 何で飼ってるの?」

「大家さんの許可を貰わないとダメだよ」

「大家さん、猫のことで怒ってるわよ」

一度も部屋から出していないのに。去勢したから大声で鳴いたことも一度も無かったのに。

不思議に思い、最後の一人にさり気なく聞いてみた。

「何で猫を飼ってたの知ってるんですか?」

そしたら、

「アパートのみんなで交代で見張ってたから」

と言われた。

どうやら毎日交代で(何と大家の指示らしかった)、俺が帰るとすぐにその日の当番が、ドアの前でずっと見張りをしていたそうだ。

ドアポストからの監視もしていたらしく、それで猫を見つけられたみたいだった。

猫を飼う許可を貰わない俺も確かに悪かったが、それならそうと一言言ってくれれば良いのにと反論したら、

「大家さんの指示だから…」

と言う。

その後の話を聞いてみたら、郵便物まで大家さんの指示でチェックされていたらしい。

流石に封筒を破ってまで確認しなかったらしいが、誰から来た郵便というのは逐一チェックしていたそうだ。

それを聞いて、もう一日とここに居たくないと思い、一週間後だった引っ越し予定日を無理やり繰り上げ、翌日引っ越しをした。

今ではもう笑い話でしかないが、当時は本当に洒落にならないくらい怖かった話。

何で大家さんがチェックしていたのか、不動産屋がどういう縁で安く出来たのかは、判らず仕舞いです。

と言うか、怖くて調べたくもなかった……。

今では何事も無く、ストーキングされることも無く、平穏無事な毎日。

やはり値段に見合わないお得なアパートは危険ですね。

関連記事

南京錠(フリー写真)

集団の闇

身元が特定されるかもしれないから詳しくは書けないけど、某長寿番組に『開かずの扉を開ける』という企画で出たことがある。当時住んでいたのは割と年代物の寮で、俺達の代で廃寮になること…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。放課後にそこでオヤツを食べた…

神様に取り合いをされている

自分は神様に取り合いをされているそうだ。親がインドだかチベットだかに行った時に、現地の神様に気に入られたとかで、加護を与える代わりに贄として子を取ると言う事にされていたらしい。…

井戸

蠱毒

心の整理が出来てきたので、書こうと思います。長文になります。 ※ 俺には二人の大切な友達がいました。小学校からの付き合いの友達で、社会人になってからもよく一緒に酒を飲みに行…

オノ

大学一回生の夏。私たちの間で心霊スポット巡りが流行っていた。その日も友人A(女)と、Aの彼氏Bとその友人C(男)と4人で、関西で心霊スポットとしてはかなり有名な、U病院という廃…

拾った青い石(長編)

6年前の冬、12月27日か28日だったか、その日の昼は仕事場の年末大掃除を終えて、粗大ゴミやら古雑誌なんかをゴミ置き場に出しに行った。その時、ふと目の端っこに何かが見えた。 …

山道のベンツ

友達と山にドライブに行った時、深夜でしかも霧がかっていたので、後続車もないしチンタラ走ってたんだ。俺たちは頂上付近の展望台を目指していた。すると、かなりのスピードで俺た…

旅館(フリー素材)

仮母女(かもめ)

若干の脚色はありますが、友人の兄の体験を本人目線で書いたものです。 ※ 今日は彼女の洋子と初めての一泊旅行。と言っても、家から電車で二時間ほどの県内北部にある温泉旅館だが…。 …

・・・からの電話

A、B、Cの三人が、卒業旅行で海辺にあるAの別荘に遊びに行った。別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然1本の電話が。Aが言うには、昼間、浜で地元の女の子と知り合い、…