おっぺけ様

田舎の風景(フリー写真)

これは友人の実家へ泊まりに行った時、友人(Aとします)のお爺さんから聞いた話です。

友人の実家は山奥の集落にあり、小さい頃から夏休みになると一緒に泊まりに行って、山遊びや川遊びを楽しんでいました。

前年と同じように川でカジカ突きをして帰る途中の事です。

急に一緒に居た友人の弟(小学生、以後Bとします)が

「ぎゃーっ!」

と声を上げました。

振り返ると一瞬、顔の左目の辺りがぐにゃーっと変形しているように見えました。

『えっ?』と思った時にはその歪みは消えていたのですが、その後Bは気を失ってしまいました。

焦った私とAは、Bを代わる代わるおんぶして、急ぎBの実家に戻りました。

お爺ちゃんに事の顛末を話すと、お爺ちゃんは思い詰めたような表情で

「おっぺけ様だ…」

と呟き、

「お前らはちょっと待っとれ」

と言ってBを車に乗せ、近くのお寺に連れて行きました。

私とAは家に残され、訳も解らずお爺ちゃんの帰りを待っていました。

二時間ほどでお爺ちゃんは戻って来たのですが、Bは一緒ではありませんでした。

お爺ちゃんは、

「Bは暫く寺に預かってもらう事になった」

と言い、おっぺけ様について教えてくれました。

おっぺけ様とは、地元に古くから伝わる妖怪のようなもの(実際何なのかはよく分からない)だそうです。

村で代々、各世代に一人、おっぺけ様に取り憑かれる者が出るのだとか。

姿形は人間のようなカエルのような感じで、アニメ好きのお爺ちゃんに言わせると『千と千尋の神隠し』に出てくる番台蛙によく似ているそうです。

お爺ちゃんが若い頃に山で一度だけ見たことがあるらしいのですが、見た瞬間に悪寒が走り汗が吹き出して、一目でヤバいモノだと分かったそうです。

その時は気付かれる前に一目散に逃げ帰り、事無きを得たらしいのですが、

「目が合っていたら取り憑かれてたかもしれん」

と言っていました。

そしておっぺけ様に取り憑かれると顔がおっぺけ様そっくりになり、発狂したようになった後、山に走って行ったきり行方不明になってしまうそうです。

その翌日、玄関先に白い皿が家族の人数分置かれており、それを生涯使い続けなければならないとか。

その皿を使っている限りはその家族は災厄から守られ安泰に暮らせるので、昔は敢えて子供を一人山に置き去りにし、おっぺけ様に差し出していた時代もあったようです。

流石に今はそんな生贄のような事はしていないようですが、おっぺけ様自体は変わらず山に居て、世代に一人取り憑かれる者が出るそうです。

そんな理由から、Aの実家のある村では男子が二人以上になるように子作りをするそうです。

一人っ子の長男がおっぺけ様に憑かれてしまったら、跡取りが居なくなってしまうからです。

そう言われてみれば、Aのお父さんも姉三人含めた五人姉弟の末っ子でした。

Aのお父さんの代におっぺけ様に取り憑かれたのは隣の家(と言っても田舎なのですごく離れているのですが)の娘さんでした。

その時は娘さんが山に駆け込む前に取り押さえたそうなのですが、怖くなった父親が蔵に閉じ込めたのだそうです。

翌日、やはり玄関先に白いお皿が置いてあり、やけを起こした父親がその皿を叩き割ってしまいました。

その結果、まず父親が農作業の最中に突然倒れ、そのまま亡くなってしまいました。

続いて母親が精神に異常を来して入院。

続いて長男がバイク事故で亡くなってしまったそうです。

おっぺけ様の話を聞き終わった私とAは、恐ろしいのとBが心配なのとでまともに眠れるはずもなく、泣きながら夜を明かしました。

翌日になってもBは寺から帰って来ず、私とAだけ先にBの実家を後にしました。

戻った後、Aは元気が無くなり顔色もすぐれない感じで、二ヶ月くらい経った頃に転校して行きました。

Bは寺から戻って実家の方に居たようで、あれ以来、姿を見る事はありませんでした。

おっぺけ様のようになってしまったのかどうかは、とても気まずくて聞けませんでした。

それ以来、Aとは疎遠になり、連絡を取っていません。

Aの家に実際に白い皿が置かれていたのか、それを使っているのかは今も判らないままです。

稲穂と夕日(フリー写真)

眠り稲を起こすな

祖父がまだ子供の頃の話。 その頃の祖父は、毎年夏休みになると、祖父の兄と祖父の祖父母が暮らす田園豊かな山麓の村に両親と行っていたのだという。 その年も祖父は農村へ行き、遊び…

かんかんだら(長編)

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。 俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。 幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。 疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。 俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。 友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。 今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

夕日(フリー写真)

ドウドウ

小学校低学年の頃、友人Kと何回か『ドウドウ』という遊びをした。 どのような遊びかと言うと、夕方17時~18時くらい、家に帰るくらいの時間になると、俺かKのどちらかが 「ドー…

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。 小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。 「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

くねくね

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時のことである。 年に一度、お盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。やっぱり都会とは空気が違…

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。 老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…