おっぺけ様

田舎の風景(フリー写真)

これは友人の実家へ泊まりに行った時、友人(Aとします)のお爺さんから聞いた話です。

友人の実家は山奥の集落にあり、小さい頃から夏休みになると一緒に泊まりに行って、山遊びや川遊びを楽しんでいました。

前年と同じように川でカジカ突きをして帰る途中の事です。

急に一緒に居た友人の弟(小学生、以後Bとします)が

「ぎゃーっ!」

と声を上げました。

振り返ると一瞬、顔の左目の辺りがぐにゃーっと変形しているように見えました。

『えっ?』と思った時にはその歪みは消えていたのですが、その後Bは気を失ってしまいました。

焦った私とAは、Bを代わる代わるおんぶして、急ぎBの実家に戻りました。

お爺ちゃんに事の顛末を話すと、お爺ちゃんは思い詰めたような表情で

「おっぺけ様だ…」

と呟き、

「お前らはちょっと待っとれ」

と言ってBを車に乗せ、近くのお寺に連れて行きました。

私とAは家に残され、訳も解らずお爺ちゃんの帰りを待っていました。

二時間ほどでお爺ちゃんは戻って来たのですが、Bは一緒ではありませんでした。

お爺ちゃんは、

「Bは暫く寺に預かってもらう事になった」

と言い、おっぺけ様について教えてくれました。

おっぺけ様とは、地元に古くから伝わる妖怪のようなもの(実際何なのかはよく分からない)だそうです。

村で代々、各世代に一人、おっぺけ様に取り憑かれる者が出るのだとか。

姿形は人間のようなカエルのような感じで、アニメ好きのお爺ちゃんに言わせると『千と千尋の神隠し』に出てくる番台蛙によく似ているそうです。

お爺ちゃんが若い頃に山で一度だけ見たことがあるらしいのですが、見た瞬間に悪寒が走り汗が吹き出して、一目でヤバいモノだと分かったそうです。

その時は気付かれる前に一目散に逃げ帰り、事無きを得たらしいのですが、

「目が合っていたら取り憑かれてたかもしれん」

と言っていました。

そしておっぺけ様に取り憑かれると顔がおっぺけ様そっくりになり、発狂したようになった後、山に走って行ったきり行方不明になってしまうそうです。

その翌日、玄関先に白い皿が家族の人数分置かれており、それを生涯使い続けなければならないとか。

その皿を使っている限りはその家族は災厄から守られ安泰に暮らせるので、昔は敢えて子供を一人山に置き去りにし、おっぺけ様に差し出していた時代もあったようです。

流石に今はそんな生贄のような事はしていないようですが、おっぺけ様自体は変わらず山に居て、世代に一人取り憑かれる者が出るそうです。

そんな理由から、Aの実家のある村では男子が二人以上になるように子作りをするそうです。

一人っ子の長男がおっぺけ様に憑かれてしまったら、跡取りが居なくなってしまうからです。

そう言われてみれば、Aのお父さんも姉三人含めた五人姉弟の末っ子でした。

Aのお父さんの代におっぺけ様に取り憑かれたのは隣の家(と言っても田舎なのですごく離れているのですが)の娘さんでした。

その時は娘さんが山に駆け込む前に取り押さえたそうなのですが、怖くなった父親が蔵に閉じ込めたのだそうです。

翌日、やはり玄関先に白いお皿が置いてあり、やけを起こした父親がその皿を叩き割ってしまいました。

その結果、まず父親が農作業の最中に突然倒れ、そのまま亡くなってしまいました。

続いて母親が精神に異常を来して入院。

続いて長男がバイク事故で亡くなってしまったそうです。

おっぺけ様の話を聞き終わった私とAは、恐ろしいのとBが心配なのとでまともに眠れるはずもなく、泣きながら夜を明かしました。

翌日になってもBは寺から帰って来ず、私とAだけ先にBの実家を後にしました。

戻った後、Aは元気が無くなり顔色もすぐれない感じで、二ヶ月くらい経った頃に転校して行きました。

Bは寺から戻って実家の方に居たようで、あれ以来、姿を見る事はありませんでした。

おっぺけ様のようになってしまったのかどうかは、とても気まずくて聞けませんでした。

それ以来、Aとは疎遠になり、連絡を取っていません。

Aの家に実際に白い皿が置かれていたのか、それを使っているのかは今も判らないままです。

関連記事

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。 一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。 ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

イタチの仕業

祖母の葬式の晩の事。 田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。 裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園…

夕日(フリー写真)

歳を取らない巫女様

昔住んでいた村に、十代の巫女さんが居た。 若者の何人かはその人のお世話をしなければならず、俺もその一人だった。 その巫女さんは死者の魂が見えたり、来世が見えたりするらしかっ…

山(フリー写真)

双子山

ある北国の山間。鄙びた温泉宿で、僕は穴を掘っていた。 脇の木製のベンチに腰を掛けて、夕闇に浮かぶ整然と美しく並んだ双子山を眺めた。 「今日の作業は終わりか。日没まで間も無い…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。 専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。 発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

蜘蛛の巣(フリー画像)

クモ様

我が家は東北の片田舎にある古い一軒家。 うちでは昔からクモを大事にする習慣があり、家には沢山のクモが住み着いてクモの巣だらけ。 殺すなどもっての外で、大掃除の時もクモの巣を…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。 その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。 すると田んぼの中に、…

月(フリー素材)

死神さん

子供の頃、友人がそのまた友人から聞いた話。 ある姉妹が、とある実験をしてみようということになった。 その実験というのが、夜中の午前2時に、寝ている人を真ん中にして二人左右に…