小さな祠と石

公開日: 心霊ちょっと良い話

山間の田んぼ(フリー写真)

うちの兄は10年ほど前に亡くなりました。

亡くなる前々日、いつもは帰ってすぐ部屋に入ってしまう兄が、珍しく私にPCの使い方を教えてくれました。

その事を思い出すと、今でも涙が出てきます。

その翌日、兄は会社を無断欠席し、家にも帰らず、翌々日に遠い地方のホテルで遺書もないまま自殺をしてしまいました。

当たり前かもしれませんが、その話はあまり人にはしていなかったんですよ。

特にネット繋がりの友人とかだと、兄がいる事すら話していませんでした。

その後、暫くしてあるイベントのために私は友人と某県に出掛けました。

イベントは楽しく終了し、ネット仲間で飲み会をする事にしていましたので、時間までゲームセンターで時間を潰していました。

その時に、友人(私の兄の事も知っている)が不意に、

「そう言えば、そのうち私もお兄さんにお線香あげにいかなきゃ」

とポツリと呟いたのです。

突然の台詞に『何言ってんだ?』と思ったのですが、

「ありがと」

と返しておきました。

すると、同じく飲み会に参加するグループの一人の女の人が突然、

「すいません、そのお兄さんってもしかして黒髪短髪で、ここにこう言う風にほくろのある人?」

と言ってきたのです。

彼女とは面識がなかったのですが、確かに兄は黒髪短髪、その女性が示した所に特徴的なほくろがありました。

驚いて頷くと、

「今、お友達さんがお兄さんにって言ったら、あなたの後ろにどっかの風景が映って、その男の人があなたの頭を撫でてたの」

と言われました。

彼女はちょっとばかり霊感があり、占いをしている方だそうで。

兄が何か告げたいようなので見てあげると言われました。

半信半疑でお願いすると、

「あなたのお兄さんは、あなたのお父さんの血の人が運んだ水を守るために、お父さんの田舎にいて土地を守っている。

そこは(以下、とある所から見た風景)な所で、小さな祠と石がある。その石にお兄さんはずっと座っている」

と言われました。

私はその風景がなぜかふわりと頭に浮かびましたが、そんな場所も祠も心当たりがなかったので、取り敢えず心に留めるだけで、本気では信じていませんでした。

それから、私は彼女に会う事もなく1年ほど経ちました。

ある時、久しぶりに父親の田舎(本家が住んでいる。うちは分家)に行く事になり、何となく両親より一日早く一人でそこを訪れました。

その時、何となく本家のばーちゃん(祖母の姉)に、

「ここら辺に水に関係のある祠とかってあるの?」

と聞くと、ばーちゃんはちょっと驚いた顔をして、

「そんなのあんたに話したっけ?」

と言いました。

そして連れて行かれたのは、本家の家から10分ほど歩いた杉山に続く林道。

その途中の獣道みたいな坂をちょっと登った所に、小さな祠がありました。

そして、その脇に60センチ角の白い石が。

ばーちゃん曰く、その祠は祖母とばーちゃんの父親(私の曾祖父)がこの集落が水不足だった時に、ある水が綺麗とされる山から、龍神を勧請するために持って来た石が祀ってあるとの事。

そして、この白い石はいつのまにかここにあったとの事。

この祠のお陰か、近所の井戸はもう濁っているのに、うちの井戸だけは何故か水が綺麗で、普通に飲める事を聞きました。

そして、

「ちょっと前まで井戸が枯れかかったんだけど、あんたのお兄ちゃんが亡くなった四十九日が過ぎたら、また水が出るようになった」

と言うのです。

私はそれを聞きながらも半信半疑。偶然だろうと思っていたのですが。

祠から林道に降りようと振り向いた途端に目に飛び込んだ景色は、あの時彼女に聞いたままの景色だったのです。

山の間に広がる田んぼ、(砂利で)白い道、被さるような緑に赤い実(桑が植わっていました)。

彼女の言葉が頭の中に蘇り、私は思わずその場で泣き伏してしまいました。

ばーちゃんはいきなり泣き出した私にびっくりしましたが、訳を話すと、

「おにぃは山神か龍神の使いになったんだねえ」

と泣きながら笑いました。

翌日、一日遅れでやって来た両親にもその事を話すと、

「もっと早く教えろ」

と少し怒られましたが、そのまま偶然遊びに来ていた親戚の土木屋さんに頼んで祠の周辺を整備し、坂には階段を作ってもらいました。

亡くなった兄に関する話しはこれのみで、誰の夢枕にも立ってはくれませんが、まあ元気でやっているのでしょう。そう思う事にしています。

因みに祠を整備して以来、田舎に行く時は必ず晴天です。

関連記事

古民家(フリー写真)

祖父母の人生

私のおじいちゃんとおばあちゃんの話。この間、おばあちゃんの家に泊まった時にしてくれた話です。 ※ おばあちゃんは生まれつき目が悪かったんだけど、戦時中は9人居る兄弟の為に働…

金魚(フリー写真)

二匹の金魚

小学2年生の頃、学校から帰って来たら、飼っていた黒い金魚と赤い金魚が死んでいた。家の中には誰も居らず、心おきなく号泣していたら、遠方に住んでいる叔父二人が突然うちにやって来た…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。その店は10階建てのビルの地下にあった。地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

夫婦の手(フリー写真)

あの世とこの世

若くして亡くなった夫は、美術的な才能のある人でした。でも息子は小学生の頃から図画の授業は全然ダメ。その点は父親に似なかったんですね。顔も似ていません。性格はよ…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

お茶(フリー写真)

寂しがりなじいちゃん

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…