裏の家のおじいさん

公開日: ほんのり怖い話

風鈴(フリー写真)

数年前の夏、高校生の時に体験した話です。

その日はとても蒸し暑かったのを覚えています。

夏休みになったばかりで、特にする事のなかった俺は、クーラーをガンガンにかけて昼寝をしていました。

ただ、起きてからまだ数時間しか経っていない事もあってか、半分起きているような感じだったと思います。

すると、突然体が全く動かなくなりました。

自分は霊体験をした事はなかったのですが、その当時、金縛りのような状態になる事が度々あったので、変な慣れがありました。

また昼間だったという事もあり、さほど怖いとは思いませんでした。

しかし金縛りが解けないまま暫くして、俺は異変を感じました。

その時クーラーを点けていたので布団をかけていたのですが、その布団が「ズルッ…ズルッ…」と、ゆっくりベットの下に落ちて行くんです。

ちゃんと布団が掛かっていなくて落ちるのなら、最初はゆっくりでも、そのうち布団の重みで一気にドサッっと落ちますよね?

でもそうじゃないんです。本当にゆっくりゆっくりと落ちて行くんです。

ベットの横で誰かが布団を持ち上げ、本当にゆっくりと引っ張っている。

そうとしか思えませんでした。『ヤバイ!』と思いました。

あまりの恐怖で目を開ける事も出来ない。しかも体も動かないまま。

ドサッと布団の落ちる音がしました。

その時、ベットのすぐ横に人の気配を感じました。

目を瞑っていても人の気配って何となく分かりますよね?

近くに誰かが立っていると感じました。その直後…。

「うぅ~…うぅ~…」

本当に驚きました。耳元で男の低い声がしたのです。

絶対に目は開けないと自分に言い聞かせ、ただじっとしていました。

どれくらい時間が経ったか覚えていませんが、金縛りは解け、人の気配はなくなりました。

そっと目を開け部屋を見渡しましたが、誰も居ません。

ベットから起き上がると、布団はベットの下に落ちていました。

クーラーを点けていたのに、汗でびっしょりだったのを覚えています。

俺は速攻で着替え、近所で飲食店を経営している両親の所へ向かいました。

さっき起こった事を話したかったのですが、どうせ信じてもらえないだろうと思い、飯だけ食べて店を出ました。

その後、地元の友達の家へ行き、友人に話をしました。

友人はあまり信じていませんでしたが、気を遣ってくれたのか、午前0時近くまでカラオケやボーリングなどに色々付き合ってくれました。

友人のお陰で大分気が晴れ、家に帰る頃には恐怖感はそこそこ薄れていました。

風呂に入り部屋に入ると、昼間の事がやはり気になりましたが、気にし過ぎても何なので寝る事にしました。

しかしなかなか寝付けず、ベットでごろごろしていました。

そうこうしている内に段々眠くなり、そろそろ寝られそうだなと思った時、昼間と同じように金縛りにかかりました。

「ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!」

物凄い音がしました。もう何が何だか解りませんでした。

「ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!」

音は止まりません。どうやら自分の寝ている足側の壁から音がします。

「ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!」

誰かが自分の部屋の壁を叩いている。そんな感じの音でした。

叫んで両親を呼ぼうと思いましたが、もちろん声は出ません。

人の気配はしませんでしたが、この時の恐怖は一生忘れないと思います。

気が付くと朝でした。どうやら知らない間に寝てしまっていたようです。

不思議と今さっき起きた事のように、記憶がはっきりとしていました。

1階に降り、両親に

「夜中、俺の部屋の壁叩いた?」

と聞くと、

「そんな事する訳ないでしょ。

そんな事より、裏の家のおじいさんが亡くなったのよ。後で挨拶に行くから準備しときなさい」

体中に鳥肌が立ちました。

俺は両親に、昨日の昼間からの出来事を全部話しました。

親父は、

「不思議な事もあるもんだな」

と言ったきり、黙ったままでした。

その様子がとても不自然だったので、

「何かあるの?」

と何度も聞きましたが、結局何も聞き出せませんでした。

しかし最近、友人と両親の4人で食事をしていた時、そんな事もあったなとこの話をしていると、母がこんな話をしてくれました。

この家には中学2年生の時に引っ越して来ました。

新築ではなく中古物件でした。自分達が越して来る前は、この家に4人の家族が住んでいたそうです。

その家族には仲の良い兄弟が居て、裏の家のおじいさんによく遊んでもらっていたそうです。

裏の家のおじいさんには孫が居なかったそうで、自分の孫のように可愛かったのでしょう。

でもその家族は引っ越す事になり、おじいさんも兄弟もとても辛かったみたいです。

その後、この家は1年ほど空き家だったそうで、自分達が引っ越して来る頃に、おじいさんは体を壊し入院していたそうなんです。

だから俺は、裏の家の人と話した事はありましたが、おじいさんに会った事はありませんでした。

母は、

「最後にその子達に会いたかったんじゃないの」

と言っていました。

自分もそう思いました。

あの時の恐怖は忘れられませんが、少し優しい気持ちになれました。

関連記事

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。すると小綺麗…

もっさん

うちの病院のカテーテル室(重症の心臓病患者の処置をする場所)には、もっさんと呼ばれるものが出る。もっさんは青い水玉模様のパジャマを着ており、姿はぼさぼさ頭の中年だったり、若い好…

みょうけん様

うちの地元に「○っちゃテレビ」というケーブルテレビの放送局があるんだが、たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。どこそこのお婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

教室の机(フリー写真)

教室に居る子

小学6年生の二学期の途中に地方へ引っ越した。転校をするのは初めてのことだった。不安に思っていた僕に最初に話し掛けてきたのは、T君というクラスのリーダー格らしき人で、色々…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

家(フリー写真)

バイバイ

4月の統一地方選挙で、某候補者のウグイス嬢をしました。その時、私はマイク担当ではなく、手振りに専念していました。手振りは、候補者を支持してくださる方が振っている手を漏ら…