裏の家のおじいさん

公開日: ほんのり怖い話

風鈴(フリー写真)

数年前の夏、高校生の時に体験した話です。

その日はとても蒸し暑かったのを覚えています。

夏休みになったばかりで、特にする事のなかった俺は、クーラーをガンガンにかけて昼寝をしていました。

ただ、起きてからまだ数時間しか経っていない事もあってか、半分起きているような感じだったと思います。

すると、突然体が全く動かなくなりました。

自分は霊体験をした事はなかったのですが、その当時、金縛りのような状態になる事が度々あったので、変な慣れがありました。

また昼間だったという事もあり、さほど怖いとは思いませんでした。

しかし金縛りが解けないまま暫くして、俺は異変を感じました。

その時クーラーを点けていたので布団をかけていたのですが、その布団が「ズルッ…ズルッ…」と、ゆっくりベットの下に落ちて行くんです。

ちゃんと布団が掛かっていなくて落ちるのなら、最初はゆっくりでも、そのうち布団の重みで一気にドサッっと落ちますよね?

でもそうじゃないんです。本当にゆっくりゆっくりと落ちて行くんです。

ベットの横で誰かが布団を持ち上げ、本当にゆっくりと引っ張っている。

そうとしか思えませんでした。『ヤバイ!』と思いました。

あまりの恐怖で目を開ける事も出来ない。しかも体も動かないまま。

ドサッと布団の落ちる音がしました。

その時、ベットのすぐ横に人の気配を感じました。

目を瞑っていても人の気配って何となく分かりますよね?

近くに誰かが立っていると感じました。その直後…。

「うぅ~…うぅ~…」

本当に驚きました。耳元で男の低い声がしたのです。

絶対に目は開けないと自分に言い聞かせ、ただじっとしていました。

どれくらい時間が経ったか覚えていませんが、金縛りは解け、人の気配はなくなりました。

そっと目を開け部屋を見渡しましたが、誰も居ません。

ベットから起き上がると、布団はベットの下に落ちていました。

クーラーを点けていたのに、汗でびっしょりだったのを覚えています。

俺は速攻で着替え、近所で飲食店を経営している両親の所へ向かいました。

さっき起こった事を話したかったのですが、どうせ信じてもらえないだろうと思い、飯だけ食べて店を出ました。

その後、地元の友達の家へ行き、友人に話をしました。

友人はあまり信じていませんでしたが、気を遣ってくれたのか、午前0時近くまでカラオケやボーリングなどに色々付き合ってくれました。

友人のお陰で大分気が晴れ、家に帰る頃には恐怖感はそこそこ薄れていました。

風呂に入り部屋に入ると、昼間の事がやはり気になりましたが、気にし過ぎても何なので寝る事にしました。

しかしなかなか寝付けず、ベットでごろごろしていました。

そうこうしている内に段々眠くなり、そろそろ寝られそうだなと思った時、昼間と同じように金縛りにかかりました。

「ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!」

物凄い音がしました。もう何が何だか解りませんでした。

「ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!」

音は止まりません。どうやら自分の寝ている足側の壁から音がします。

「ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!」

誰かが自分の部屋の壁を叩いている。そんな感じの音でした。

叫んで両親を呼ぼうと思いましたが、もちろん声は出ません。

人の気配はしませんでしたが、この時の恐怖は一生忘れないと思います。

気が付くと朝でした。どうやら知らない間に寝てしまっていたようです。

不思議と今さっき起きた事のように、記憶がはっきりとしていました。

1階に降り、両親に

「夜中、俺の部屋の壁叩いた?」

と聞くと、

「そんな事する訳ないでしょ。

そんな事より、裏の家のおじいさんが亡くなったのよ。後で挨拶に行くから準備しときなさい」

体中に鳥肌が立ちました。

俺は両親に、昨日の昼間からの出来事を全部話しました。

親父は、

「不思議な事もあるもんだな」

と言ったきり、黙ったままでした。

その様子がとても不自然だったので、

「何かあるの?」

と何度も聞きましたが、結局何も聞き出せませんでした。

しかし最近、友人と両親の4人で食事をしていた時、そんな事もあったなとこの話をしていると、母がこんな話をしてくれました。

この家には中学2年生の時に引っ越して来ました。

新築ではなく中古物件でした。自分達が越して来る前は、この家に4人の家族が住んでいたそうです。

その家族には仲の良い兄弟が居て、裏の家のおじいさんによく遊んでもらっていたそうです。

裏の家のおじいさんには孫が居なかったそうで、自分の孫のように可愛かったのでしょう。

でもその家族は引っ越す事になり、おじいさんも兄弟もとても辛かったみたいです。

その後、この家は1年ほど空き家だったそうで、自分達が引っ越して来る頃に、おじいさんは体を壊し入院していたそうなんです。

だから俺は、裏の家の人と話した事はありましたが、おじいさんに会った事はありませんでした。

母は、

「最後にその子達に会いたかったんじゃないの」

と言っていました。

自分もそう思いました。

あの時の恐怖は忘れられませんが、少し優しい気持ちになれました。

関連記事

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。母に言ったら、「じいちゃん帰って来たんだね」と言われた。 ※ それから10年。10年も経ってから、「実…

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

男の戦い(宮大工12)

十年程前、親方の親友でやはり宮大工の棟梁であるKさんが病気で倒れてしまった時の事。親方とおかみさんは急遽お見舞いに行き、俺は親方の代理で現場を取り仕切った。三日程して親…

黒い物体

黒い物体

半年程前、海外旅行の帰りの飛行機で体験した話。機内が消灯された後も、俺は時差があるので起きていようと思い、座席に備え付けのディスプレイで映画を観ていた。 ※ 3時間くらい経…

天使(フリー素材)

お告げ

私は全く覚えていないのだが、時々お告げじみた事をするらしい。最初は学生の頃。提出するレポートが完成間近の時にワープロがクラッシュ。残り三日程でもう一度書き上げな…

田舎の風景(フリー素材)

おごめご様

おごめご様というのがいると、従妹から聞いた。何でも小学校に出るらしい。その小学校には俺も通ったんだが、旧館と新館に分かれている。その二つの棟を繋ぐ渡り廊下の側、植え込み…

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。何をするわ…

満月(フリー画像)

天狗

35年前くらいの事かな。俺がまだ7歳の時の話。俺は兄貴と2階の同じ部屋に寝ていて、親は一階で寝ていた。その頃は夜21時頃には就寝していたんだけど、その日は何だか凄く静か…

森(フリー写真)

色彩の失われた世界

俺がまだ子供の頃、家の近所には深い森があった。森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、畦道の脇にはクヌギやクリの木に混ざって、卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。 …