お見舞い

千羽鶴(フリー写真)

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。

その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。

ある日、Tという後輩が自習中、宿泊棟に忘れ物をしたので、こっそり取りに戻った時の事だ。

自習時間中は、宿泊棟の電気は基本的には点けてはいけないので、電気を点けずにTは宿泊棟に入って行った。

Tの部屋へ行くには、Jの部屋の前を通らなければならない。

Jはこの時、体を壊して入院をしており、寮には居なかった。

Tは自分の部屋へ行く途中、Jの部屋に人の気配を感じた。

人が居るはずのないJの部屋に気配があるのはおかしい。

そう思いながら、TはちらりとJの部屋に視線を送った。

すると、何とそこには、Jのベッドの上で帽子を被って正座をしている女の子が居た。

女の子が居るはずはなかった。ここは男子寮なのだから。

Tは慌てて逃げた、忘れ物も取らずに逃げた。

その後もJのベッドでは、帽子を被った女の子が何度か目撃された。

数日後、Jは退院して寮に戻って来た。

みんなは帽子を被った女の子のことをJに話した。お前の部屋には霊が居ると。

Jはそれほど驚くことなく、

「それは多分…」

と話し始めた。

Jの実家は開業医。

Jがまだ小学生の頃、風邪をこじらせて長期間、学校を休んでいたことがあった。

Jは自分の家の病院に入院し、数日が過ぎたある日、一人の女の子がその病院に担ぎ込まれて来た。

その女の子は交通事故に遭い、頭に深い傷を負っていた。

その病院は脳外科は専門外だったが、緊急ということで運ばれて来たという。

応急処置をして、専門の病院に移される間、ベッドが空いていなかったこともあって、Jの横のベッドにその女の子は運ばれて来た。

並んでベッドに横になる二人。

どれぐらいの時間が経っただろうか、Jは女の子の視線を感じた。

女の子の方を向くと、うつろな目でJをじっと見つめていたという。

Jは彼女が自分を見ていないことがすぐ分かった。

女の子の視線の先には、Jの為にクラスのみんなが織ってくれた千羽鶴があった。

Jは千羽鶴から一羽の鶴をむしり取ると、女の子のベッドに投げてやった。

女の子は特に表情を変えることはなく、うつろな目のままだったという。

暫くして、女の子は専門の病院に移されて行った。

そして、Jはその子が亡くなったことを後日知らされた。

「自分の部屋に来たのは、多分その女の子だろう」

と、Jは言った。

また入院してしまった自分を、応援しに来てくれたのだろうと…。

そして、帽子は傷を負った頭を隠すためだろうと。

その後、その女の子は二度と現れなかった。

この話を聞いて、お礼だったら寮ではなくJの入院している病院に行けば良いのに…と思ったりした。

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

冬景色(フリー写真)

おあしという神様

『おあし』という神様の話。父が若い頃、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情で暫く父の家から学校に通っていた。父の実家は当時…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

葛飾北斎(フリー浮世絵素材)

カゴカキ

昔から続く怪異。愛知県○○市。その昔、少なくとも200年以上前の話。岡崎城の城下町は、天下を二分するほど賑わっていたらしく、駕籠を担いで人を運ぶ『カゴカキ』と呼ばれる人…

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。おばあちゃん、四歳の…

ガラス窓(フリー写真)

ガラスに映る人

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。当時中学生だった…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…

犬と結婚した男

現在、インドには日本の人口の約10倍となる約12億人が暮らしている。ゆえに、それだけ人がいれば変わり者も多い。2012年に『犬と結婚した男がインドいる』とネット上で話題になった…