超能力者の苦悩

透視

友人はあるネトゲのギルドに属していたんだが、なかなか人気があり、そこそこの地位を得ていたらしい。

そんな友人はネトゲ内での友人達も多かったのだが、ひと際異彩を放つプレイヤーがいた(仮にAさんとしておく)。

Aさんは対人戦が極めて得意で、ただの熟練者という言葉で片付けられるものではなかったそうだ。

それ以外にも奇妙な発言をしたり急にログアウトしたりするので、『ちょっと電波な人なのかな…』なんて思っていた。

ただ、そういう事を除けば普通に話せる人だったので、そんなに気にしていなかったらしい。

ある日、ギルドのメンバー達でチャットしていた時の事。

Aさんがログインしてすぐ「Bさんおめでとう!」と発言した。

当然メンバーは何の事か解らず、Bさんも「何が?(汗)」と返したのだが、Aさんは「ごめん、何でもない(笑)。それよりアレなんだけどさ~」と自分で流してしまったそうだ。

その日、AさんがログアウトしてすぐBさんから個別チャットがきた。

B「○○さん、ちょっと相談したいことがあるんだけど…」

友人「どうしたの?」

B「今日、Aさんが俺に『おめでとう』って言ったの覚えてる?」

友人「あれでしょ、ログインしてすぐのやつ」

B「うん。…実はさ、俺、今日昇進を確約されたのね」

友人「すごいじゃん、おめでとう!なるほど、だからAさんもお祝いしたんだ」

B「でもこの事は、まだ誰にも話してないんだ。Aさんも知ってる訳が無いんだよ。どういうことなんだろう…」

仮にAさんがBさんの身近な人間だとしても、誰にも言っていない以上判るはずもなく、また、Bさんに昇進を伝えた上司も、ネトゲをやるタイプではないと言う。

Bさんは「ひょっとしてストーカーかも…」と怯えていたが、大した証拠も無しに迂闊なことは言えない。

「ただの偶然じゃないかな?」と宥めておいたが、友人にも心当たりがあったそうだ。

それは以前右手を骨折した時で、やはりAさんがログインしてすぐに「利き手が使えないと不便だよね。色々と(笑)』と言われたらしい。

それで理解した他メンバーが、「あんまり動かないのはそのせいか(笑)」「彼女に○いてもらえ!」と発言し、盛り上がった雰囲気の中でうやむやになってしまったが、友人はぞくりとしたものを感じた。

Aさんは電波な人ではなく、本当にそういう人なのではないか――

実害は無いが気味が悪い。

あれからBさんもログインしている時間が減り、Aさんがログインすると「すみません、ちょっと電話が…」なんて逃げるようになってしまった。

ギルドの雰囲気が微妙に変化していると感じた友人は、何とかしようとギルドマスターに事情を説明して、Aさんと個別に話し合うことにした。

友人「ぶっちゃけて聞きますけど、Aさん、超能力者なんですか?」

A「たぶんそういう括りに入っちゃうんだろうね。超能力(?)は自由に使えないけど」

友人「自由じゃないんですか?」

A「うん、時々勝手に使っちゃうんだよなあ。仲良くなったっていうか…気の合う人のことが、なんとなーく分かるんだ。なんて言ったら良いのかな…」

Aさん曰く、現実では相手の視界や思っていることが、ネトゲでは相手のキャラが変化して見えると言う。

友人の時はキャラの右手が黒く潰れており、Bさんの時はキャラが新しいスーツを着てきたらしい。

友人が「便利だね」と言うと、「便利だけどね、やっぱり分からないものは分からない方がいいんだよ。特に僕みたいに不器用だと、周りとの関係がこじれる」と言われた。

ちなみに対人戦でも、何となく相手の攻撃が読めたと言う。

それから少しして、Aさんはネトゲの引退を宣言した。

「Aさんに悪気は無いのは分かっていたが、それでもホッとしてしまった自分がイヤだった」と友人は言ったが、ギルドの雰囲気は以前のように戻りつつあった。

そして最終日、皆と挨拶を交わすAさんから個別チャットがきた。

Aさんの奇妙な発言をフォローし続けてくれた事への礼と、結局Bさんにも打ち明けたと話し出した。

それまでBさんには誤魔化していたのだが、本当の事を打ち明けると、逆にAさんのことを心配してくれたと言う。

「もっと早く言っておけば良かったな」とAさんは言い、最後に「○○さんの部屋に机あるでしょ。右の上から二段目の引き出しをよく探してごらん」の発言を最後に、ネトゲから居なくなった。

早速二段目の引き出しを漁ると、提出日が迫っていた、無くしたはずのレポートが発見された。

後で知った事だが、Bさんは最後にAさんとメアドを交換していた。

今では一緒に飲みに行く仲だと言う。

関連記事

軍人さん

また会いましたね

以前、アメリカに住んでいた私の友人が体験した話です。 彼女は数年間、アメリカの企業で働いていたのですが、その会社はかなり大きなオフィス街のビルに入っていました。 そのビル…

ウサギ

ウサギの墓

小学校の頃、自分は飼育委員をしていた。 学校には鶏とウサギと亀がいて、それらの餌やりや小屋の掃除、死体の始末をするのが仕事だった。 繁殖期になるとウサギは沢山子供を産み、九…

夜の住宅街

山に棲む蛇

20年前、山を切り開いた地に出来た新興住宅地に引っ越した。 その住宅地に引っ越して来たのは私の家が一番最初で、周りにはまだ家は一軒もなく、夜は道路の街灯だけで真っ暗だった。 …

夜道(フリー写真)

不可解な車の傷

飲み会で後輩から変な話を聞いた。 車の話をしていたのだが、最近、車に不可解な傷がついたとか。 バイト帰りの深夜、他に走る車もない道路で信号待ちをしていたところ、突如後ろか…

郵便受け

『Y』

ある日、私の一人暮らしのアパートの郵便受けに『Y』という名前が汚く鉛筆で書かれていた。 私の苗字のイニシャルは『Y』ではない。 不思議に思ったが、いちいち私の部屋の3階か…

隙間見た?

子供の頃に姉が、 「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。 人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。 今はもう剥げてきて…

習字道具(フリー写真)

カナエちゃん

友人のカナエちゃんの話です。 彼女は、小学校時代に習字教室に通っていました。 そこは子供の居ない老夫婦が二人でやられていた教室で、近所の小学生が多く通っていました。 …

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。 中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。 夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。 俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。 また、兄弟子たちも…