超能力者の苦悩

透視

友人はあるネトゲのギルドに属していたんだが、なかなか人気があり、そこそこの地位を得ていたらしい。

そんな友人はネトゲ内での友人達も多かったのだが、ひと際異彩を放つプレイヤーがいた(仮にAさんとしておく)。

Aさんは対人戦が極めて得意で、ただの熟練者という言葉で片付けられるものではなかったそうだ。

それ以外にも奇妙な発言をしたり急にログアウトしたりするので、『ちょっと電波な人なのかな…』なんて思っていた。

ただ、そういう事を除けば普通に話せる人だったので、そんなに気にしていなかったらしい。

ある日、ギルドのメンバー達でチャットしていた時の事。

Aさんがログインしてすぐ「Bさんおめでとう!」と発言した。

当然メンバーは何の事か解らず、Bさんも「何が?(汗)」と返したのだが、Aさんは「ごめん、何でもない(笑)。それよりアレなんだけどさ~」と自分で流してしまったそうだ。

その日、AさんがログアウトしてすぐBさんから個別チャットがきた。

B「○○さん、ちょっと相談したいことがあるんだけど…」

友人「どうしたの?」

B「今日、Aさんが俺に『おめでとう』って言ったの覚えてる?」

友人「あれでしょ、ログインしてすぐのやつ」

B「うん。…実はさ、俺、今日昇進を確約されたのね」

友人「すごいじゃん、おめでとう!なるほど、だからAさんもお祝いしたんだ」

B「でもこの事は、まだ誰にも話してないんだ。Aさんも知ってる訳が無いんだよ。どういうことなんだろう…」

仮にAさんがBさんの身近な人間だとしても、誰にも言っていない以上判るはずもなく、また、Bさんに昇進を伝えた上司も、ネトゲをやるタイプではないと言う。

Bさんは「ひょっとしてストーカーかも…」と怯えていたが、大した証拠も無しに迂闊なことは言えない。

「ただの偶然じゃないかな?」と宥めておいたが、友人にも心当たりがあったそうだ。

それは以前右手を骨折した時で、やはりAさんがログインしてすぐに「利き手が使えないと不便だよね。色々と(笑)』と言われたらしい。

それで理解した他メンバーが、「あんまり動かないのはそのせいか(笑)」「彼女に○いてもらえ!」と発言し、盛り上がった雰囲気の中でうやむやになってしまったが、友人はぞくりとしたものを感じた。

Aさんは電波な人ではなく、本当にそういう人なのではないか――

実害は無いが気味が悪い。

あれからBさんもログインしている時間が減り、Aさんがログインすると「すみません、ちょっと電話が…」なんて逃げるようになってしまった。

ギルドの雰囲気が微妙に変化していると感じた友人は、何とかしようとギルドマスターに事情を説明して、Aさんと個別に話し合うことにした。

友人「ぶっちゃけて聞きますけど、Aさん、超能力者なんですか?」

A「たぶんそういう括りに入っちゃうんだろうね。超能力(?)は自由に使えないけど」

友人「自由じゃないんですか?」

A「うん、時々勝手に使っちゃうんだよなあ。仲良くなったっていうか…気の合う人のことが、なんとなーく分かるんだ。なんて言ったら良いのかな…」

Aさん曰く、現実では相手の視界や思っていることが、ネトゲでは相手のキャラが変化して見えると言う。

友人の時はキャラの右手が黒く潰れており、Bさんの時はキャラが新しいスーツを着てきたらしい。

友人が「便利だね」と言うと、「便利だけどね、やっぱり分からないものは分からない方がいいんだよ。特に僕みたいに不器用だと、周りとの関係がこじれる」と言われた。

ちなみに対人戦でも、何となく相手の攻撃が読めたと言う。

それから少しして、Aさんはネトゲの引退を宣言した。

「Aさんに悪気は無いのは分かっていたが、それでもホッとしてしまった自分がイヤだった」と友人は言ったが、ギルドの雰囲気は以前のように戻りつつあった。

そして最終日、皆と挨拶を交わすAさんから個別チャットがきた。

Aさんの奇妙な発言をフォローし続けてくれた事への礼と、結局Bさんにも打ち明けたと話し出した。

それまでBさんには誤魔化していたのだが、本当の事を打ち明けると、逆にAさんのことを心配してくれたと言う。

「もっと早く言っておけば良かったな」とAさんは言い、最後に「○○さんの部屋に机あるでしょ。右の上から二段目の引き出しをよく探してごらん」の発言を最後に、ネトゲから居なくなった。

早速二段目の引き出しを漁ると、提出日が迫っていた、無くしたはずのレポートが発見された。

後で知った事だが、Bさんは最後にAさんとメアドを交換していた。

今では一緒に飲みに行く仲だと言う。

油絵の具(フリー素材)

風景画の中の女性

心霊写真の話はよく聞くけど、風景画に霊が入り込む事もあるのだろうか。 定年退職後の祖父の趣味は油絵だった。 描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと…

黒い物体

黒い物体

半年程前、海外旅行の帰りの飛行機で体験した話。 機内が消灯された後も、俺は時差があるので起きていようと思い、座席に備え付けのディスプレイで映画を観ていた。 ※ 3時間くらい経…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。 トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。 そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

抽象画(フリー素材)

同じ夢を見る

小学校3年生の頃、夢の中でこれは夢だと気が付いた。 何度か経験していたので、自分の場合は首に力を入れるイメージをすると夢から覚められると知っていた。 しかしその時は何となく…

イタズラ好きな何か

子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。 見えなかったから何かの正体は最後までわからなかったけど、イタズラ好きなやつだった。 例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、よく…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。 トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。 テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。 コンサル部の部長は時々ワープするらしい。 打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。 知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。 それが今から数えて7年前くらいかなと思う。 引っ越して…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。 二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに 「あなたに膜のようなものが掛かって見…

夕日(フリー写真)

歳を取らない巫女様

昔住んでいた村に、十代の巫女さんが居た。 若者の何人かはその人のお世話をしなければならず、俺もその一人だった。 その巫女さんは死者の魂が見えたり、来世が見えたりするらしかっ…