ホテルの開かずの間

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

ホテルの一室(フリー写真)

これは私の父が体験した話です。

父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。

父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じられませんでした。

布団に入ってどのくらい時間が過ぎたでしょうか。

どこからかシャワーのような音が聞こえ、更に父は息苦しさを感じて目を開きました。

自分の傍らに男の子が居ました。青白い色をしていたそうです。

更に父の頭の上から女が覗き込んでいました。

父が恐怖で凍り付いていると、その親子のような二人が話し始めました。

「ねぇ、この人気付いたみたいだよ」

「チッ…」

そう言うとスッと消えて行ったそうです。

隣室には同僚が寝ていたのですが、同僚もシャワーのような音を聞き、更に何者かに激しく部屋をノックされていたらしいです。

翌日、ホテルを出発する時に気付いた事がありました。

父が泊まった部屋と同僚が泊まった部屋。その間のスペースが、もう一つ部屋が無いとおかしいほど開いていました。

父は外から自分の泊まった部屋を見たそうです。その隣には不自然なスペースは無く、ちゃんと窓が付いていました。

つまりあの不自然なスペースには、ドアを塞がれた開かずの間があったようです…。

余談ですが、父は出張の度にそのような体験をするため出張嫌いです。

更に父があのホテルで見たものは、映画の『呪怨』に出て来る親子によく似ていると言っていました。

この体験がトラウマになったのか、父はその映画を観ようとはしません。

廃墟(フリー写真)

廃ホテルでの心霊体験

高校生の頃、十数人でサバイバルゲームをやった時の話。 場所はよくある荒れ果てたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、幽霊が出るという噂からヤンキーすらあまり来ない…

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。 その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。 蒼い宵闇が降りてくる。境界線…

老婆の顔

これは私が中学生の頃の話です。 朝練のために朝早く登校した私の友達が、運悪く学校の近くの川で自殺したおばあさんを見つけてしまったのです。 その日はもちろん大騒ぎになり、友達…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。 その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。 疲れていたのですぐ寝入るこ…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。 田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。 本命は猪なんだけど、…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

麻雀(フリー写真)

曰く付きの大学寮

今から8年前の5月のお話。 当時は大学の寮に住んでいたのだけど、その寮は凄かった。 古戦場の近くで、その関係のお寺が近所にあり、更に寮の隣の竹林には首塚があった。 俺…

白い人影

高校生の時に某飲食チェーンでバイトしてたんだけど、その時の社員さんに聞いた話。 その社員さん(Aさん)は、中学生の時に親戚の叔父さんが経営する倉庫で、夏休みを利用してバイトするこ…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。 電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。 電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。 地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。 その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…