ホテルの開かずの間

ホテルの一室(フリー写真)

これは私の父が体験した話です。

父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。

父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じられませんでした。

布団に入ってどのくらい時間が過ぎたでしょうか。

どこからかシャワーのような音が聞こえ、更に父は息苦しさを感じて目を開きました。

自分の傍らに男の子が居ました。青白い色をしていたそうです。

更に父の頭の上から女が覗き込んでいました。

父が恐怖で凍り付いていると、その親子のような二人が話し始めました。

「ねぇ、この人気付いたみたいだよ」

「チッ…」

そう言うとスッと消えて行ったそうです。

隣室には同僚が寝ていたのですが、同僚もシャワーのような音を聞き、更に何者かに激しく部屋をノックされていたらしいです。

翌日、ホテルを出発する時に気付いた事がありました。

父が泊まった部屋と同僚が泊まった部屋。その間のスペースが、もう一つ部屋が無いとおかしいほど開いていました。

父は外から自分の泊まった部屋を見たそうです。その隣には不自然なスペースは無く、ちゃんと窓が付いていました。

つまりあの不自然なスペースには、ドアを塞がれた開かずの間があったようです…。

余談ですが、父は出張の度にそのような体験をするため出張嫌いです。

更に父があのホテルで見たものは、映画の『呪怨』に出て来る親子によく似ていると言っていました。

この体験がトラウマになったのか、父はその映画を観ようとはしません。

関連記事

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

禁忌の人喰い儀式

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人喰いの風習があったという土地だ。とは言っても、生贄だとか飢饉で仕方なくとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。鳥葬ならぬ…

フィルムノイズ(フリー素材)

白い影の正体

私は親族に、主に妻の家族に隠し事をしている。なぜ私だけが知り、なぜあの時、お義父さんが私だけに話したのか。それは10年以上経過した現在でも判らない。 ※ 妻の母親、…

肝試しから戻らない7人

この話は実際に新聞に載った話です。ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。でも本当…

人身事故

6月の中旬頃の話。当時俺はバイクを買ったばかりで、大学が終わるとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。その日も特にする事がなかったので、次の日が休み…

宿

『コ』の字の家

私の家は都市から少し離れた町にあり、日本家屋が立ち並ぶ場所にありました。近所の噂では、元女郎宿を改築した家らしいです(改築したとは言え、かなり古い家でしたが)。その家は…

幽霊ってさ、通り魔みたいに理不尽な存在だと思うんだ

霊ってどんなものかその時まで知らなかったけど、通り魔みたいに理不尽な存在だと思う。10年くらい前に日本全国をブラブラ旅歩いていたときの話。T県のとある海鮮料理を出すお店…

とある物件

今から8年くらい前のITバブルと呼ばれていた頃の話です。私が学校を卒業し、新卒でとある自称IT関係という会社Aに就職いたしました。当時私は就職活動を適当にしていたため、3月くら…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。辺りも薄暗くなってき…