ペガサス計画

公開日: 世界の謎

mercury-05

CIA(中央情報局)とDARPA(国防高等研究計画局)が中心となったアメリカの極秘の時空トラベルプロジェクト「ペガサス計画」をご存知だろうか?

タイムトラベル技術を応用して月や火星にテレポーテーションするという計画だ。

既に火星には秘密基地が建設され、実験要員として選ばれたのは若き日のオバマ大統領。

そのオバマ大統領は二度も火星にテレポートを体験済みというセンセーショナルな告発がされた。

告発者は、著名な環境生態学者のアンドリュー・バシアゴ氏と、34代大統領アイゼンハワー氏の孫娘、ローラ・マグダリーン・アイゼンハワー氏だった。

その告発内容は、

「現役大統領バラク・オバマは、20歳前後の学生時代、DARPA(国防高等研究計画局)と CIAの極秘タイムトラベル/テレポーテーション計画、“プロジェクト・ペガサス” の実験要員に密かに選抜され、火星上に建設されたアメリカの秘密基地に二度以上テレポートした。

同プロジェクトに関わった複数の元要員が国家陰謀の内部告発者として名乗り出て、『火星で若き日のオバマに会い、話も交わした』と証言している」

というものだった。

バシアゴは火星へ三度行ったと告発している。オバマ大統領は、当時機密漏えい防止の為、バリー・ソエテロと名乗っており、米国政府を代表して火星に行ったというのである。

当時若干19歳の青年だったオバマ大統領は、1981年から1983年の間に二度も火星を訪問し、火星人との交渉に当たる「親善大使」という役割を担わされていたという。

オバマ大統領が火星で何をしたかについての詳細は明確になってはいないが、特別任務ということで相当危険なものだったのではないかと推測される。

火星人との交渉の中で、「領土の主権を要求すること」と、そして「宇宙の脅威から地球を守るための防衛体制の確立」を望んでいたのだそうである。

オバマ大統領は、火星人から何か交渉で勝ち得たのであろうか。もしかしたら、何らかの約束をしているのかもしれない。その約束を果たすために大統領になったのではないだろうか…。

天使(フリー画像)

犯行監視カメラに映った天使

ジャカルタの街の犯行監視カメラに撮影された映像。インドネシアでは新­聞やニュースにも掲載され人々を驚かせた。天使は、旧約聖書と新約聖書に基づいている。­御使いは…

九尾の狐

日本には狐の怪談が沢山残っている。その中で最も有名なのは「九尾の狐」ではないだろうか。「九尾の狐」で有名なのは「白面金毛九尾の狐」三国随一の大妖怪と言われる程の実力。古…

サン・ジェルマン伯爵

宝石を散りばめた衣装をまとい、丸薬とパンと麦しか口にせず、ギリシア語、ラテン語、サンスクリット語、アラビア語、中国語に加えて仏・独・英・伊・葡・西の各国語を話したといわれる。身なりに気…

仮面の男

仮面の男は、フランスで実際に1703年までバスティーユ牢獄に収監されていた、ベールで顔を覆った囚人。その正体については諸説諸々。囚人は1669年に、ルイ14世の大臣からピネローロ監獄の…

イエスの雛形

エジプトのホルス 紀元前3000年 処女懐妊、12月25日生まれ。 厩で誕生、誕生を知らせる東方の星。救世主の誕生として3人の王がかけつけて祝った。12歳で天才児として教育…

27クラブ

古代イスラエルの王ソロモンは、悪魔を召喚して望みを叶えさせたと言われています。彼が呼び出した悪魔は全部で72。その中の27番目の悪魔はロノウェという名で、心理操作の仕方や身振り…

バチカンの全ての情報を握る男が失踪

キリスト教カトリックの総本山バチカン市国。このバチカンは世界最高峰のセキュリティを誇るコンピューターシステムを持ち、その中にありとあらゆるバチカンに関するデータが保存されている…

バグダット電池

現在のイラク、バグダッドで製造されたとされる土器の壺である。電池であるという意見と、そうではないとする意見が存在するが、もしこれが電池として使われたのであれば、電池が発明された…

カブレラ・ストーン

南米ペルーの内科医ハビエル・カブレラが所有する、15000点以上にわたる彫刻石のコレクション。石の中には恐竜と人間が共存するかのような絵もあり、オーパーツと言われた。 別名『…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…