無限ループする世界

無限ループ(フリー素材)

高校時代の同級生に「右目を見ると前世が判る」と言う女子が居た。

相手の瞳を見ていると、額の前辺りにその人の前世の映像が見えてくるらしい。

瞬きはして良いけど、目は逸らしては駄目。

その子曰く「前世と今の生き方や知り合い家族はリンクしていることが多く、また立場が逆転したり同じ事を繰り返す傾向がある」らしい。

例えば、前世の親子が今では逆に子と親みたいな。

俺は半信半疑だったけど、面白そうだったので見てもらった。

その子は結構美人で、見つめ合うのは気恥ずかしかったけど…。

どうやら俺の前世はインドの兵士で、部下を何人か引き連れて、町を流れる川の上流の堤防が敵に壊されないように見張る役目を負っていた。

ある時、故郷に帰ってから部下の一人の奥さんと恋仲になり、それが部下にばれて殺されたそうだ。

いつの時代かは判らないが、100年程前ではないかとのこと。

もっと具体的に人の名前や土地名を言われたと思うが失念した。

その話を聞いたのが高校時代。今は社会人。

俺は嫁が同期の一人と浮気しているのを知っている。

冷めた仲だし、殺人の意思は無い。

その内、証拠を掴んで離婚と同時に上に報告。同僚ごと社会的に抹殺してやるつもり。

人の魂は、無限ループする世界に在るらしい。

良いループを作るのも悪いループを断ち切るのも本人次第だってさ。

この投稿への返信

奥さんと同僚のことを恨んでいると、また生まれ変わっても同じことを繰り返してしまうんじゃないだろうか。

社会的に抹殺してやる…の下りがちょっと怖い。

何と言うか、必要以上の報復をする必要はないのではないかな?

勿論あまり憎むなとか、出来れば穏便になんて、浮気された側にとっては難しいと思うけどね。

ちょっと心配で書き込んでしまった。

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

蛇神様の奥宮(宮大工3)

お稲荷さま騒動から3年ほど経った晩秋の話。 宮大工の修行は厳しく、なかなか一人前まで続く者は居ない。 また、最近は元より、今から十年以上前の当時でも志願してくる若者は少なか…

京都(フリー写真)

かわらけのお狐さん

小学生の頃に学校の畑を掘ったら、土の中から陶器の狐が出てきた。 真っ白のかわらけで出来た狐のお面みたいなもので、他にも沢山出て来た。 七福神や打出の小槌などの縁起物もあっ…

すたかという駅

京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝過ごして、起きたらちょうどドアが閉まって長岡京を出発するところだった。 仕方がないので折り返そうと次の駅で他の数人と…

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

占い師

昔、姉夫婦と私と彼氏の4人で食事した帰りに『この悪魔!!!』って女性の叫び声が聞こえた。 声のする方向を見ると、路上で占いしてる女性が私に向かって指を差して『悪魔!!悪魔ああああ…

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。 時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。 大抵の場合、じっとしてい…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。 田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。 本命は猪なんだけど、…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。 トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。 そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

お寺

綺麗な飾りの下

父が友人の家に遊びに行くと言うので、私は一緒に付いて行きました。 私は小学二年生でした。父の友人というのはお寺の住職さんでした。 父達が話している間、退屈になった私は、人…