未来のお店

セブンイレブン

俺が6歳の頃の話。当時の俺は悪戯好きで、よく親に怒られていた。

怒られたら泣きながら「こんな家出てってやるー」と言って家出し、夕御飯には帰って来るということがよくあった。

その日もこっ酷く怒られて、もう家になんか帰るもんかと思った俺は、夜遅くまで色々な所をウロウロしていた。月がとても大きく、そしてとても真っ赤な色をしていたのを憶えている。

家出して暫く経つと、寂しくなってきたしお腹も空いたからそろそろ帰ろうかなと思い、家の方に向かって歩いていたんだけど、いつも更地だった場所に見覚えのない店があった。

その店はレンガ造りのような感じで、中がとても明るく、赤と緑の看板が出ていた。でも、お店の中には誰も居なかった。俺はなんだか怖くなって大急ぎで帰った。

家に帰って家族に「あの更地にお店があったんだ!」と話しても、「何言ってるんだお前?」みたいな反応しか返って来なかった。

次の日にその更地へ行ってみたんだけど、やはりお店は無かった。

その後、親父の転勤で他の土地に引っ越した。引っ越して十数年経ってから、仕事の都合で昔我が家があった場所の近くまで行くことがあった。

仕事もそこそこに切り上げて、この辺も懐かしいなあと思いながら歩いていた時、小腹が空いたのでセブンイレブンに寄ったんだ。

昔はコンビニなんて無かったなとか思いながら肉まんを食べていると、ハッと思い出した。

そのセブンイレブンが出来た場所は例のお店を見た更地で、俺があの夜に見たお店はこのセブンイレブンだったんだと。

あの時の俺はタイムスリップでもしていたんだろうか…?

関連記事

ドッペルゲンガー

弟のドッペルゲンガーを2回見た。1回目は自分が3歳の時。 実家は庭を挟んで本宅と離れがあるんだが、庭の本宅寄りの場所で遊んでて、そこから家の中が見る事が出来た。 居間で母が…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

江戸時代にタイムスリップ

思い出すと身の毛もよだつが、話さずにはいられないので書いてみる。平成20年の6月24日、外回りの仕事で顧客名簿を片手にH市内を走り回ってた。この日は梅雨独特のジメジメし…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。親方に呼ばれ、 …

死に際に現れる黒い人

最近ネットで読んだのですが、人間が死にそうになっている時、それを助けたりする謎の人物が現れるそうです。それは死んだ兄弟や親類であったり、声だけであったりするそうですが、正しい逃…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。「若いの、女はまだ出来んのか?」「うるさ…

Qualeは物質に干渉する

僕は東京の杉並区に住んでいます。今は恥ずかしながらフリーターです。昨日は友人四人と駅近くの居酒屋で飲み、ほろ酔いで自宅まで帰っていました。駅から自宅までは歩いて10分ほどです。…

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。大抵の場合、じっとしてい…

かくれんぼ

かくれんぼの夢

これは四つ下の弟の話。当時、弟は小4、俺は中2、兄貴は高1だった。兄貴は寮に入っていたから、家に帰って来ることは殆ど無かった。俺は陸上部に入っていて、毎朝ランニングをし…