焼かれた十円玉

thumb5

一昨年まで東京の三鷹に住んでたけど、アパートの部屋に朝4時頃になると必ず誰か来て、郵便受けにバーナーかなんかで焼いた10円を入れられた。

最初気付いた時は3枚。

たいして気にしなかったけど、夜中に外から子守歌みたいなが聞こえてきてカチャンて郵便受けから音がした。

次の日起きたら4枚目の焦げた10円。5枚目の時はおみくじに包まれて来た。6枚目は髪の毛4本くらいが縛ってあって、そろそろ俺も不気味に思ってきた。

それで怖いながらも誰がやってんのか見てやろうと思った。

それで早朝の暗い時間に覗き穴を覗いてたら、いきなり視界の下からヌウと能面みたいな女の顔が現れて、ゲラゲラ笑い出した。

俺、絶叫しちゃった。半分腰を抜かした有り様。

警察に電話だと思ってベッドの上の携帯まで床を這うように移動したら、後ろでガチャガチャ音がする。郵便受けに両手の指突っ込んで引っ張ってるわけ。郵便受けの開いた所からまたワケわかんない歌(山が割れて、天狗が来てみんなさらわれたみたいな歌)を絶叫された。

そこで騒ぎに気付いた仲のいい隣の人から携帯に電話がきて「どうした?」って聞かれて、一部始終を話したら隣の人が警察を呼んでくれる事になった。

警察が来るっていう安心感から強気になって「てめぇ、一体何なんだよ!」ってドア蹴ったら号泣しだして、ドアを何かでバシバシ殴ってくる。

いい加減、堪忍袋の緒が切れた俺がバット持って玄関の扉開けたら、泣き笑いの顔で血が出る程顔や腕をかきむしりながら「またいっしょだねぇ」って一言だけ呟いて逃げた。

追いかけなかった。

少しして警察がやってきたけど相手にされなかった。

次の日、郵便受けを覗いたら、切られた猫のしっぽが入れられてて吐いてしまった。それが最後。俺もそいつに全く覚えは無いし、隣の人も今までそんなこと無かったって言ってたし、一体何だったんだか。

あの眉毛の薄い、目の離れた歯並びの悪い顔思い出すと未だに震える。

版画(フリー素材)

ウヅガアさん

うちは田舎の農家で、母屋と倉、便所に囲まれるように庭がある。 その庭の隅の方に30センチくらいの高さの丸っこい石が置いてあり、正月に餅を供えたりする。父親はその石をウヅガアさんと…

皺のある手(フリー写真)

祖母の日記

私は大変なおばあちゃん子で、中学になってもよく祖母の家に遊びに行っていました。 父方の祖母なのですが、父親は私が幼い頃に不慮の事故で死去していました。 祖父を早くに亡くした…

星空(フリー写真)

霊感少女

もう随分前になるけれど、僕が体験した死ぬ程洒落にならない話。 当時大学生だった僕は恋をしました。相手はバイト先で知り合った子。 バイト仲間数人で遊びに行ったりして仲良くな…

井戸(フリー素材)

巣くうもの

何年か前にあった怖い話を投稿します。 当時の俺は地方大学の学生で、同じ科の連中とグループでよく遊んでいた。偶に混ざる奴もいて、男4~6人で女4人。 一人暮らしの奴の部屋に集…

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。 フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 Kのフリークライミングへの入れ…

行方不明になった友達(長編)

これはまだ解決してないというか、現在進行形の事件です。 プロの探偵さんに元々依頼してた事件なんですが、警察沙汰に発展するかもしれないし、しないかもしれないし、今はなんとも言えませ…

巨頭オ

男はふとある村の事を思い出した。 数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。 心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走…

赤ちゃん(フリー写真)

違和感

私の母方の祖母は、以前産婆をしていました。 以前と言ってもかなり昔で、今から50年前くらいになると思います。 「どんな子も小さい時は、まるで天使のようにかわいいもんだ」 …

エラーの原因

俺は当時リサイクル工場で働いていた。 仕事の内容は、ゴミを回収してきて、それを可燃・不燃・ビン・アルミ・スチール・ペットボトル・発砲スチロールと分別し、それぞれを出荷するというも…

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。 友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。 その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…