焼かれた十円玉

thumb5

一昨年まで東京の三鷹に住んでたけど、アパートの部屋に朝4時頃になると必ず誰か来て、郵便受けにバーナーかなんかで焼いた10円を入れられた。

最初気付いた時は3枚。

たいして気にしなかったけど、夜中に外から子守歌みたいなが聞こえてきてカチャンて郵便受けから音がした。

次の日起きたら4枚目の焦げた10円。5枚目の時はおみくじに包まれて来た。6枚目は髪の毛4本くらいが縛ってあって、そろそろ俺も不気味に思ってきた。

それで怖いながらも誰がやってんのか見てやろうと思った。

それで早朝の暗い時間に覗き穴を覗いてたら、いきなり視界の下からヌウと能面みたいな女の顔が現れて、ゲラゲラ笑い出した。

俺、絶叫しちゃった。半分腰を抜かした有り様。

警察に電話だと思ってベッドの上の携帯まで床を這うように移動したら、後ろでガチャガチャ音がする。郵便受けに両手の指突っ込んで引っ張ってるわけ。郵便受けの開いた所からまたワケわかんない歌(山が割れて、天狗が来てみんなさらわれたみたいな歌)を絶叫された。

そこで騒ぎに気付いた仲のいい隣の人から携帯に電話がきて「どうした?」って聞かれて、一部始終を話したら隣の人が警察を呼んでくれる事になった。

警察が来るっていう安心感から強気になって「てめぇ、一体何なんだよ!」ってドア蹴ったら号泣しだして、ドアを何かでバシバシ殴ってくる。

いい加減、堪忍袋の緒が切れた俺がバット持って玄関の扉開けたら、泣き笑いの顔で血が出る程顔や腕をかきむしりながら「またいっしょだねぇ」って一言だけ呟いて逃げた。

追いかけなかった。

少しして警察がやってきたけど相手にされなかった。

次の日、郵便受けを覗いたら、切られた猫のしっぽが入れられてて吐いてしまった。それが最後。俺もそいつに全く覚えは無いし、隣の人も今までそんなこと無かったって言ってたし、一体何だったんだか。

あの眉毛の薄い、目の離れた歯並びの悪い顔思い出すと未だに震える。

ツーリング

ツーリング

その昔、10歳くらい年上の従兄に聞いた話。従兄が学生だった頃、バイク仲間数人とツーリングに出かけたらしい。当時はヘルメットの着用が義務付けられていなかったので、まともに…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

脳(フリー素材)

脳の限界

俺は大学時代に心理学を専攻していて、その時のゼミの先生の話なんだけど、この話に幽霊などその類は一切出てこない。先生からその話を聞いた日は、ゼミの後に飲み会を開くことになっていて…

携帯電話

迷惑電話

ある日、知らない番号から電話が掛かってきて、おばさんの声で「鈴木さん?」と聞かれた。でも自分は田中(仮名)なので、「いいえ違います」と答えたら「じゃあ誰?」と言われた。…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…

井戸

蠱毒

心の整理が出来てきたので、書こうと思います。長文になります。 ※ 俺には二人の大切な友達がいました。小学校からの付き合いの友達で、社会人になってからもよく一緒に酒を飲みに行…

女の勘

結婚して4年目の頃の話。会社に可愛い事務の女の子が入ってきた。さすがに浮気する気はなかったけど、その子のことは気になっていた。ある日、飲み会にその子も来ることに…

駅のホーム

勘違い

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混…

山

ヤマノタミ

俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。これは父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父。以下曽祖父)。 ※ 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあって、かなり厳…

神秘的な山道

おまつり

俺の生まれ育った村は、田舎の中でも超田舎。もう随分前に市町村統合でただの一地区に成り下がってしまった。これは、まだその故郷が○○村だった時の話。俺が小学6年生の夏のことだった。…