焼かれた十円玉

thumb5

一昨年まで東京の三鷹に住んでたけど、アパートの部屋に朝4時頃になると必ず誰か来て、郵便受けにバーナーかなんかで焼いた10円を入れられた。

最初気付いた時は3枚。

たいして気にしなかったけど、夜中に外から子守歌みたいなが聞こえてきてカチャンて郵便受けから音がした。

次の日起きたら4枚目の焦げた10円。5枚目の時はおみくじに包まれて来た。6枚目は髪の毛4本くらいが縛ってあって、そろそろ俺も不気味に思ってきた。

それで怖いながらも誰がやってんのか見てやろうと思った。

それで早朝の暗い時間に覗き穴を覗いてたら、いきなり視界の下からヌウと能面みたいな女の顔が現れて、ゲラゲラ笑い出した。

俺、絶叫しちゃった。半分腰を抜かした有り様。

警察に電話だと思ってベッドの上の携帯まで床を這うように移動したら、後ろでガチャガチャ音がする。郵便受けに両手の指突っ込んで引っ張ってるわけ。郵便受けの開いた所からまたワケわかんない歌(山が割れて、天狗が来てみんなさらわれたみたいな歌)を絶叫された。

そこで騒ぎに気付いた仲のいい隣の人から携帯に電話がきて「どうした?」って聞かれて、一部始終を話したら隣の人が警察を呼んでくれる事になった。

警察が来るっていう安心感から強気になって「てめぇ、一体何なんだよ!」ってドア蹴ったら号泣しだして、ドアを何かでバシバシ殴ってくる。

いい加減、堪忍袋の緒が切れた俺がバット持って玄関の扉開けたら、泣き笑いの顔で血が出る程顔や腕をかきむしりながら「またいっしょだねぇ」って一言だけ呟いて逃げた。

追いかけなかった。

少しして警察がやってきたけど相手にされなかった。

次の日、郵便受けを覗いたら、切られた猫のしっぽが入れられてて吐いてしまった。それが最後。俺もそいつに全く覚えは無いし、隣の人も今までそんなこと無かったって言ってたし、一体何だったんだか。

あの眉毛の薄い、目の離れた歯並びの悪い顔思い出すと未だに震える。

関連記事

猿(フリー素材)

えんべさん

帰省した時、祖母に『コトリバコ』のような呪わしい因習話は無いかと聞いたところ、残念ながら無かったんだけど、伯父さんがそれ系の話を知っていたので書きます。 ※ 1980年代、伯父さん…

病院への道

数年前に務めていた病院が東北の田舎の山間にあったんだけど、ほんの少し一緒に働いてたおじさんに聞いた話。「大分昔の事だよー」と前置きしてから話してくれた。世間でいうお盆休…

ヒサルキ

保育園で保母さんをやっている友達に聞いた話。その子が通っている保育園はお寺が管理しているところで、すぐ近くにお墓があったりする。お墓に子供が入って、悪戯をしないように周…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。呼び名の通り常に裁ちバサ…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

火柱

人型焼き

ある夏の日の話をしようと思う。その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。俺には少々オカルト趣味があり、変な話や不思議な物等が大好物だった。この日も、…

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』その一心だけで走った。途中でカメラ屋に寄り現像を依…

木造アパート(フリー写真)

猿ジイ

私が小学生の頃に体験した話。当時は通学路の途中に、子供達から『猿ジイ』と呼ばれている変なお爺さんが住んでいた。年中寝間着姿で、登校中の小学生の後ろをブツブツ言いながら、…

早死一族

うちの爺さんの親父だか爺さんだか、つまり俺の曾祖父さんだか、ちょっとはっきりしないんだけど、その辺りの人が体験したという話。自分が子供の頃、爺さんから聞いた話。もう爺さんも死ん…

目

あの目(長編)

夏休みの少し前くらいの出来事。俺と友人のA、Bが、夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行こうと話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」と声をかけてきた…