焼いてくれ

fire-flame-fire-etc

俺が昔、火葬場でバイトしていた時の話。

ある日の朝に斎場(火葬場)の玄関を掃除してたら、黒い SUV車が入ってきて、成金な感じで時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが車から出てきて、死体を焼いてくれって言うんだよね。

通常は死体なんか直接運んでくる前に業者とか親族から連絡があって、こっちも届出人の保険証とか死亡届書を持ってくるようにとか、時間も指定してお願いするんだけど、そのおやじは斎場長にもう話が通ってるからすぐ焼いてくれってかなり高圧的言ってくるんだよ。

なので取り敢えずそのおっさんに待ってもらって、斎場長に話しに行ったら変事一つで焼いてやれっていうもんだから、仕方がなくすぐ準備してオーブン(火葬炉)開けたんだよ。

死体は 30才くらいの男で、なんかまだ死んだばっかというか、普通の死体よりも顔もピンク色してたんだけどね。

死体は普通焼く前にもう一回確認するんだけど、外傷とかは別になくてきれいなもんだった。

それで棺桶を閉めて炉に入れて焼き始めて大体 20分くらいしてからなんだけど、オーブンの中からもの凄い音がすんだよね。「ドカンドカン」って。

その時もう俺は目の前真っ暗になった。『もしかして生きてたんじゃねーの?』って…。

でも、もう20分もしたら桶なんか全部焼けてるくらいだし、例え生きていたとしても今さら開けて助けるのは無理だと思い無視してしまった。というか手足が震えてどうすることもできなかった。

通常1時間くらいもあれば死体なんて全部灰になっちまうんだけど、めちゃめちゃ怖くて30分くらいずっとオーブン開けられなかった。

例の成金おやじみたいのはもういなくなってた。俺はどうしても怖いから斎場長を呼びに行って、オーブン開けるのに立ち会ってくれってお願いた。

焼いてる途中で中で音がしたことも全部説明した。

結局、斎場長が開けたんだけど、炉を開けるときになんか焼肉みたいな匂いがぷ~んと漂って来た。

そして斎場長がトレイを引っ張り出したら、その男はなぜか半生に焼けただれていて、体もうつぶせになっているように見えた。

その瞬間、俺は訳が分からなくなり気が遠くなって倒れたんだけどね。

でも、いま冷静に考えてみると、きっとその男まだ生きていたんだな…。

きっと焼かれる熱さでオーブン中で棺桶をめちゃくちゃにぶっ壊しながら暴れていたんだと思う。

恐らくそれで中のバーナーが壊れて体が完全に焼けず半生だったんだな。

俺は倒れてから一度もその火葬場には行ってないから正確な事情は良く分からない。

でも、その後で斎場長が俺に会いに来てなぜか 1000万くれた。

他言無用だとか、そういうことは一切口にせず、ただ 1000万くれたんだよね…。今はその金で暮らしているわけだが。

トラウマになって今でも夢にでてくる。しんどいわ。

関連記事

事件事故

父親が道警勤務で、事件事故は親父の出動の方がニュース速報よりも早い。だから事件事故は「親父の仕事」のイメージが強かったりする。 でも、豊浜トンネルの崩落のときはちょっと違った。 …

ふたりの父親

4~5歳くらいまで、父親が2人いた。 それも、浮気とかじゃなくて、同じ父親が2人。 意味が分からないと思うけど、顔形は全く同じなのに目つきだけが異様な感じがする、とにかくこ…

千寿江(長編)

もう色々済んだから、書かせてくれ。かなり長い。 父親には妹がいたらしい。俺にとっては叔母に当たるが、叔母は生まれて数ヶ月で突然死んだ。原因は不明。 待望の娘が死んでしまい、…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。 私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。 当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

カーテンの上から

10年以上前の話ですが…。 大阪の某公園で、足を骨折して入院した時の出来事です。 その病院は夜21時に消灯する所で、取り敢えずベッドに横になっていた訳ですが、少し経ってから…

公衆トイレ(フリー写真)

順番待ち

この間、東京に用事があって行ったんだよ。 片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、朝9時頃に新宿駅に着いた。 その途中にトイレ休憩もあったんだけど、眠くてずっと寝てい…

ど田舎の小学校

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。 引っ越す前までは気ままに過ごせていたんだけど、引っ越してからはよそ者ということも含めて周囲から浮いてしまい、アウェイな生…

ばりばり

先日酷く怖い夢を見た。 私は学校にいた。中学校だ。もう随分前に卒業した。これが夢だとすぐに気づいたのは、あまりにも校内がしーんと静まり返っていたからだ。 何より今の自分に中…

裏S区(長編)

九州のある地域の話。 仮だが、S区という地域の山を越えた地域の、裏S区って呼ばれている地域の話。 現在では裏とは言わずに「新S区」と呼ばれているが、じいちゃんとばあちゃんは…

鎌爺

小学生の頃、田舎に住んでいた時の話。 その村には鎌爺という有名な爺さんがいた。その爺さんは身内の人が面倒を見ているらしいが痴呆症らしく、いつも同じ道端に座っていてボーとしている人…