焼いてくれ

fire-flame-fire-etc

俺が昔、火葬場でバイトしていた時の話。

ある日の朝に斎場(火葬場)の玄関を掃除してたら、黒い SUV車が入ってきて、成金な感じで時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが車から出てきて、死体を焼いてくれって言うんだよね。

通常は死体なんか直接運んでくる前に業者とか親族から連絡があって、こっちも届出人の保険証とか死亡届書を持ってくるようにとか、時間も指定してお願いするんだけど、そのおやじは斎場長にもう話が通ってるからすぐ焼いてくれってかなり高圧的言ってくるんだよ。

なので取り敢えずそのおっさんに待ってもらって、斎場長に話しに行ったら変事一つで焼いてやれっていうもんだから、仕方がなくすぐ準備してオーブン(火葬炉)開けたんだよ。

死体は 30才くらいの男で、なんかまだ死んだばっかというか、普通の死体よりも顔もピンク色してたんだけどね。

死体は普通焼く前にもう一回確認するんだけど、外傷とかは別になくてきれいなもんだった。

それで棺桶を閉めて炉に入れて焼き始めて大体 20分くらいしてからなんだけど、オーブンの中からもの凄い音がすんだよね。「ドカンドカン」って。

その時もう俺は目の前真っ暗になった。『もしかして生きてたんじゃねーの?』って…。

でも、もう20分もしたら桶なんか全部焼けてるくらいだし、例え生きていたとしても今さら開けて助けるのは無理だと思い無視してしまった。というか手足が震えてどうすることもできなかった。

通常1時間くらいもあれば死体なんて全部灰になっちまうんだけど、めちゃめちゃ怖くて30分くらいずっとオーブン開けられなかった。

例の成金おやじみたいのはもういなくなってた。俺はどうしても怖いから斎場長を呼びに行って、オーブン開けるのに立ち会ってくれってお願いた。

焼いてる途中で中で音がしたことも全部説明した。

結局、斎場長が開けたんだけど、炉を開けるときになんか焼肉みたいな匂いがぷ~んと漂って来た。

そして斎場長がトレイを引っ張り出したら、その男はなぜか半生に焼けただれていて、体もうつぶせになっているように見えた。

その瞬間、俺は訳が分からなくなり気が遠くなって倒れたんだけどね。

でも、いま冷静に考えてみると、きっとその男まだ生きていたんだな…。

きっと焼かれる熱さでオーブン中で棺桶をめちゃくちゃにぶっ壊しながら暴れていたんだと思う。

恐らくそれで中のバーナーが壊れて体が完全に焼けず半生だったんだな。

俺は倒れてから一度もその火葬場には行ってないから正確な事情は良く分からない。

でも、その後で斎場長が俺に会いに来てなぜか 1000万くれた。

他言無用だとか、そういうことは一切口にせず、ただ 1000万くれたんだよね…。今はその金で暮らしているわけだが。

トラウマになって今でも夢にでてくる。しんどいわ。

旅館(フリー写真)

旅館での恐怖体験

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

コッケさん

私の田舎ではコケシの事をコッケさんと言って、コケシという呼び方をすると大人に相当怒られました。中学生に上がりたての頃、半端なエロ本知識で「電動こけし」という単語を知ったクラスの…

ストーカー

俺が友達の女の子の家に泊まりに行った時の事。彼女は前からストーカー被害に遭っていると言っていたんだけど、まあ正直特別可愛い子という訳じゃないし、男からすればストーカーどころか痴…

病院(フリー背景素材)

宿直のバイト

数年前、大学生だった俺は、先輩の紹介で小さな診療所で宿直のバイトをしていた。業務は見廻り一回と電話番。後は何をしても自由という、夢のようなバイトだった。診療所は三階建て…

割れたスイカ

あれは10年くらい前の暑い夏の日でした。俺は仕事で車を運転していて、それまで順調に流れていたのに急に渋滞し始めた。『くそー、なんだよ…』渋滞しているけど、ゆっく…

くる!

ウチの叔母さんはちょっと頭おかしい人でね。まあ、一言で言うと「時々昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。2年くらい前から「離婚…

踊り狂う血まみれの女

すっげー昔のガチ話な。俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。生まれる前だったんで人から聞いた話。場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学…

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

一軒家(フリー素材)

呪いの部屋

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。またこれの続きの話が新しく舞い込んで来ました。 ※ 以下はこれまでの状況説明になりま…