レッカーの仕事

高速道路(フリー写真)

私は運送の仕事をしていまして、主に牽引の仕事を回されます。

交代制で日勤と夜勤を月毎にやるのですが、夜勤の時は大体仕事が決まります。

故障、もしくは事故で自走出来ない車のレッカーですね。

うちの社長は警察にコネがあるのか知りませんが、結構な頻度で警察がらみのレッカー要請が来ます。

日勤は警察以外の仕事や路駐、故障がメインですが、夜勤は大抵事故車両です。

さて、つい先日ですが、かなりの事故で自走出来ない車のレッカー要請がありました。

内容を話すと身バレしそうなので詳しくは話せませんが、まあ死亡事故です。

フロントは見事にペチャンコ。シートは血だらけ。見た瞬間に『うへぇぇ』という感じでした。

しかも運ぶよう指示された場所が意外で、死体検案所の裏の倉庫でした…。普通は鑑識の倉庫かスクラップ場なのですが。

変に思ったので確認したら、担当のお巡りさんが「下半身が千切れていて、ここじゃ撮れないから」と。

『帰っていいですか?』という感じでしたが、仕事ですから仕方が無い。

ところが、これがあまりに酷い潰れ方なので、クレーンが掛かる場所が無いんですよ。

変な所に掛けると、掛けた所が折れたりパーツが外れて途中で落としたりします。

それで少し持ち上げて探したら助手席の下に穴が空いていたので、割れたフロントガラスからワイヤーを通してガッチリ固定しました。

後ろは無事そうだったので、地面に付けたまま自走させることにしました。

下のアスファルト、血の海でしたよ。

作業中にその千切れた下半身が見えなかったのが幸いでしたね。

そんなこんなで出発したのですが、走り出して10分くらい経った頃でしょうか。

何か後ろが騒がしいんですよ。

騒がしいと言っても声がするなどではなく、何かが暴れている感じです。

車も揺れて振動が伝わって来るんですよね。

とても嫌な予感はしましたが、一応次の信号待ちで確認しようと思い、信号が赤になった瞬間に降りてみました(緊急に停車させる時は会社に連絡して許可を取らないといけないので面倒だから)。

周りを見ても特に異常無し…と思った時、ドンドンというかゴンゴンというか、事故車の中から音がしました。

『何かパーツが外れたかな?』と思い覗いたのですが、よく分かりません。

それで下に頭を突っ込んで見たら、千切れた下半身の足がバタバタ動いていました。

びっくりして頭をぶつけるし、青になって後続車両にクラクションを鳴らされるし、もうパニックですよ。

取り敢えず震えながらも運転席に戻り走り出したものの、相変わらずゴンゴン音が聞こえてきます。

『死後硬直?』とも思いましたが、いくら何でもあんなにバタバタ動かないでしょう。

走ったり泳いだりしているような動きですよ。痛くてもがいているのか…。

指定された倉庫に着く頃には音は止みましたが、幻覚や夢ではないのは確かです。

出て来た解体業者や鑑識の人に引き渡して書類にサインを貰う時、サインしてくれた鑑識の人にさっきのことを話してみたら、

「偶にある。あまり気にしない方がいいよ」

とサラッと言われました。

レッカーの仕事では他にも幾つかこのような怖い話を体験しています。

あまり恐くはないかもしれませんが、本人的には洒落怖な出来事でした。

祖父の箱

旅先で聞いた話。伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。ただし、箱を開ける…

奇声を発するおっさん

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してく…

脳(フリー素材)

脳の限界

俺は大学時代に心理学を専攻していて、その時のゼミの先生の話なんだけど、この話に幽霊などその類は一切出てこない。先生からその話を聞いた日は、ゼミの後に飲み会を開くことになっていて…

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。たまに立ち…

巨頭オ

男はふとある村の事を思い出した。数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走…

泉の広場の赤い服の女

3年近く前、泉の広場のところで、変な女がうろついていた。通勤の帰りによく見かけた。30前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。 …

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。その日は遊べる友達が居なかったので…

イーッパイおばさん

うちのコンビニに週3回、毎朝5時過ぎにやってくる初老のおばさんがいる。週3回全て俺が入ってる日、決まって俺が店内で一人で作業している時に来る。雨の日でもズブ濡れになりな…

くる!

ウチの叔母さんはちょっと頭おかしい人でね。まあ、一言で言うと「時々昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。2年くらい前から「離婚…

ハカソヤ(長編)

ほんの数年前に知った私の母の故郷の習慣の話です。うちの集落にはハカソヤという女限定の変な習慣があります。ハカソヤにも色々あって、大きく分けてお祝いの言葉に使う場合と、お…